最近のトラックバック

« このごろのこと | トップページ | 垂れる桜 »

2012年12月17日 (月)

2012衆院選

◆投票率が戦後最低だったという。その理由について、評論家らは「政党が多過ぎて、どこにも決められなかった」「信用できる政党が無かった」と分析しているが、マスコミの情勢報道も影響しているはずなのに、誰も指摘しない。マスコミからギャラを貰って生活している立場で、そこに触れたくないのは分からなくもないけど。

◆さすがにあの人は残るだろうと思ったら落選し、またその逆もあり、驚きの多い結果だった。

◆民主党をぶっ壊したのは小沢・鳩山・菅だとしみじみ思う。仮に野田首相が3年前からトップにいたら、もっと現実的なマニフェストを作り、大震災と原発事故にも冷静に対応し、今回の選挙で負けるにしてもここまで議席を減らすことはなかったような気がしている。

◆そのぶっ壊し組の1人は、女性候補を刺客として送り込み、子育て支援の名の下に金券をばらまくとアピールするという、3年前と同じ手法を使い、案の定大敗した。日本未来の党に未来はあるのか?

◆日本維新の会が一時は「100議席獲れるかも」と言われたほどの勢いを保てなかったのは、太陽の党と組んでからブレが目立ち、「彼らに任せたら民主党の二の舞に・・・」と敬遠されたのだろうと私は見ている。

◆維新の会が民主党の失政のあおりを受けた分、みんなの党が伸びたのではなかろうか。

◆社民党は2議席か。党首が内閣・与党をこき下ろす以外に見せ場の無い政党と化しているから、このまま衰退していってもおかしくはないだろう。

« このごろのこと | トップページ | 垂れる桜 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ