最近のトラックバック

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

奇跡は起きていた。

テレビで桑名正博さん(26日死去)の御堂筋葬送パレードを見た。

復活はならなかったが、数時間と宣告された余命を104日まで延ばした旨の息子さんの話を聞き、確かにそれも大きな奇跡だと気付かされた。

桑名正博さんのご冥福をお祈りします。


(余談)
私は「セクシャルバイオレットNo.1」よりも「哀愁トゥナイト」が好きだ。

2012年10月25日 (木)

或る仮説

右下の歯の調子が悪くなり、治療しなければと思っていたら、続いて右耳がおかしくなった。中耳炎の再発を疑っている。

先日歯科へ行き、虫歯の治療を受けた後、こんな仮説が頭に浮かんだ。

虫歯と中耳炎には因果関係が存在するのではないか?中耳炎が子供に多いのも、大人よりも未治療の虫歯が多いためではないか?

そこで、“中耳炎 虫歯”でグーグル検索してみた。虫歯を治したら中耳炎も軽くなったという体験記がある一方、両者に因果関係は無いとの記述もあった。

耳鼻咽喉科には来週行くつもりでいる。笑われる覚悟で医師に問うてみるか。

2012年10月24日 (水)

まあ、そういうこともあるでしょうよ。

録画した「リンカーン」(TBS)を観たら「先程の番組の中でお見苦しい所がありました・・・」というテロップが何度も出るので、“先程の番組”である「火曜曲!」で性器か吐しゃ物でも丸見えになったのかと推測したのだが、正解は映像が乱れるトラブルだった。

生放送じゃなかったのか。ならば話は簡単だ。次回再放送すれば済むことだ。

被害妄想

ここが価格の上限と判断して売った株が、その後伸び始めた。

私が買った途端に価格が下がり、売った途端に価格が上がる。落ち込むあまり呪われているんじゃないかとすら思ってしまうのを、それは違う、私と同じ価格で売買する人は他にもいたと言い聞かせる。

被害妄想もいい加減にしよう。だいたい、自分に株式市場を操作する力などあるはずがない。

2012年10月23日 (火)

思い出づくり

田中慶秋法務大臣が辞任した。

短期間だったけど、大臣の椅子に座ることができて良かったですね。

2012年10月22日 (月)

死角を作ったのは私達なのかもしれない。

駅に貼られた指名手配犯ポスターの「おい、小池!」というコピーが目を引き、あの顔を記憶していた。そういう人は多いだろう。今日の新聞のテレビ欄にもこのコピーが並んでいる。

にもかかわらず、小池俊一容疑者は逃げ切った。偽名で暮らしていた岡山で19日に死亡し、その後の検死でも正体がバレなかった。葬儀会社が不審を抱いて警察に連絡しなければ、警察(特に徳島県警)はこの世にいない犯人を捜し続けるところだった。

彼は何を思い過ごしてきたのだろう。いつ捕まるかと怯えたり、殺めた2人と遺族に申し訳ないと反省することはあったのだろうか?

2012年10月21日 (日)

パソコン遠隔操作事件に思うこと

パソコンを遠隔操作された人たちが殺害予告メール等を送信した容疑で逮捕された事件で、マスコミもネットユーザーも鬼の首を取ったように警察・検察を批判しているが、彼らは皆遠隔操作ウイルスの存在を知っていたのだろうか?IPアドレスさえ分かれば送信元を確定できて、そのパソコンの所有者がどんなに容疑を否認しようと絶対クロだと思い込んでいたのは私だけだろうか?(来客や空き巣がキーボードを叩いた場合は別だが。)

警察・検察を批判するなとは言わない。ただ、批判する前に、自分は冤罪の共犯者になっていなかったかと振り返る必要がある。冤罪は警察・検察とマスコミと報道の受け手である我々との共犯なのだ。

また、最も憎むべきは警察・検察に恥をかかせたいがために無実の人を巻き込んだ真犯人である。

2012年10月20日 (土)

週明けがヤマ?

先週、価格が上昇している株を買ったら、そこから3円くらい上がったところで下り坂、それも急坂に入ってしまった。

初の元本割れ。

しかし、昨日になって上昇の兆候が表れた。月曜(22日)にもっと上がってくれと祈る週末である。

2012年10月19日 (金)

田中法務大臣辞任へ

今月1日に初入閣したばかりの田中法務大臣が、外国人からの献金や暴力団関係者との交際があったことの責任を取り、辞任する意向を固めた。

献金の主が外国人だと昨年分かったのに返還せず、暴力団関係者との交際についても民主党内で数年前に情報を掴んでいたというから、辞任は当然であり、首相の任命責任も問われる。

こんな大臣が拉致問題担当を兼務していた。民主党はごく一部の議員を除き、拉致問題を軽視しているようだ。

2012年10月18日 (木)

偶然か方針変更か?

吹奏楽経験者以外の皆さんにはどうでもいい話。

吹奏楽コンクール全国大会の審査員は木管楽器・金管楽器・打楽器それぞれのプロ奏者、指揮者、作曲家で構成されてきたが、今年の全国大会には作曲家が入っていない。

審査を依頼した作曲家がことごとくNGでたまたまそうなったのかもしれないが、私は好ましく思っている。出場団体が自作の曲を演奏した場合、審査が甘くなったり、逆に「こんな表現は期待していなかった」と厳しくなる可能性を排除しきれるか、ずっと疑問視していたからである。「あの団体が金賞を獲れたのは(上の大会に行けたのは)審査員の曲を選んだからだ」という噂を耳にすると尚更だ。噂でも“疑惑の判定”みたいなケチをつけられては、その団体も心外だろう。

来年以降も地方大会を含め、作曲家と編曲家を審査員から外すか、全団体の曲目が固まった後で審査員を決めるべきと考える。

2012年10月17日 (水)

買い替える。

フライパンの中央がくぼみ、加工が剥がれてザラザラになっても使ってきたが、先週土曜日に冷凍餃子を焼いたら皮がくっ付き、ヘラを差し込んでも取れず、結局皮が切れて具が露わになったものを食べる羽目になり、フライパンの買い替えを決意した。

そして、今日購入し、早速豚の生姜焼きを作ってみた。一緒に入れた野菜も焦げずこびりつかず、こんなに快適な調理は何年振りだろうと喜びに浸るのだった。

今はホットケーキを焼きたい衝動に駆られている。前回は真っ黒になったが、今度はきっと成功する。

2012年10月16日 (火)

今朝新聞を読んで知ったこと

◆山田吾一さんが13日に亡くなった。子供の頃から拝見してきた役者さんが去っていくのは避けられないと分かっていても寂しい。ご冥福をお祈りします。


◆インターネットを通じてイスラム武装勢力を批判したことに対する報復で銃撃され、意識不明となっているパキスタンの少女がイギリスの病院に搬送された。私はパキスタンの医療の技術や設備に疑問を抱いていたので、回復に向かって大きく前進したと思う。

2012年10月15日 (月)

見落としていた記事

実家と同じ新聞を購読しているのだが、実家滞在中はラ・テ欄以外ほぼ紙をめくっただけの日があり、昨夜、古紙回収の準備がてら読み直したところ、JOCがロンドンオリンピックとパラリンピックのメダリスト凱旋パレードを東北の被災地で計画しているという記事(9月23日付け)を見つけた。

これは絶対開催してほしい。また、遠方に避難しているなど現地へ行けない被災者のために、テレビの全国生中継もやってほしい。

問題はメダリストが何人集まるか、だな。

2012年10月14日 (日)

最近見た夢シリーズ

コンサートホールの最上階に何故かチケット無しで入ると、アコースティックギターを抱えたマキはらノリゆきがたった一人で舞台に現れ、歌い始めた。
(彼が作詞作曲した設定だが、実際は夢を見ている私が即興で作ったもの。)

客席の2割か2割5分程度しか埋まっていないのは不況とPR不足のせいらしい。それをカバーするように聴衆が懸命に声援を送っている。

私は今すぐ入場料を支払いに行こうかと思ったが、公演途中で抜け出すのもなんだから終演後に払おうと決めたところで物語は終わった。


※歌手本人やその作品についての論評ではないので、彼のファンが誤ってアクセスしないよう表記を変えています。

2012年10月13日 (土)

私も見られている?

パソコンを何者かに遠隔操作される問題は、毎日のようにインターネットにアクセスする私にとって他人事ではない。

遠隔操作ウイルスの感染ルートは「メールの添付ファイル(を開く)」、「ソフトウェア(をダウンロードする)」、「ホームページ(を閲覧する)」の3つらしい。

身元の怪しい又は不明な添付ファイルやソフトには手をつけないが、無名の個人が開設したホームページやブログを時々見るので、今まで以上に気をつけなければなるまい。


・・・といったことを考える中、今日また不思議な現象が起きた。

ある企業のホームページの商品情報を閲覧した後日、その企業とは無関係と思われる有名人のブログにその商品の広告が載っているのである。

私のアクセス履歴がプロバイダーであるニフティ以外の組織に見られているのか?

今のところ被害は無いけど、怖いなあ。

2012年10月12日 (金)

民主党も民主党だけど、

年内に衆議院選挙を行わないなら特例公債法案を通さないという自民党もどうかと思う。

それで国民生活に支障を来たした場合、おそらく民主党と自民党は責任転嫁しあうのだろう。

2012年10月11日 (木)

そんなに選挙に負けたいの?

いわゆる東日本大震災から1年7か月の今日、復興予算が被災地・被災者に(殆ど)無関係の事業に「復興につながる」とこじつけて支出されている問題について審議する国会の小委員会が、民主党委員の欠席のため流会となった。

民主党は委員会の筆頭理事が決まっていないから出席できなかったと説明しているようだが、その気になればすぐ決められただろうに。

支持率が欲しくないのかねえ。

2012年10月10日 (水)

そりゃないぜ、テレビ朝日さんよ。

今夜スタートの「相棒(シーズン11)」は2時間スペシャルと公式サイトに書いてあったから、実家のレコーダーに20:00~21:54で予約しておいたのに、いつの間にか2時間9分に延びていた。

何だよ、もう。
(帰省直前に再度公式サイトをチェックすれば間に合ったのか?)

ラスト15分を観られるのはおそらく来春以降だ。


全国の地上波で在京の5つのキー局の番組を同時(それが無理なら2~3日以内)に観られるようにしてほしい。サブチャンネルを使うなど、方法はある。

当地では数日前に「梅雨ですから・・・」って言ってたぜ。笑えるだろ~?

2012年10月 9日 (火)

眩しすぎる。

ノーベル医学生理学賞を受賞した山中京大教授の学生時代を紹介する新聞記事に高校の卒業文集の一部が書かれていた。

「自分との戦いに勝たない限り夢や社会にあれこれ言っているのが愚かで無意味なことにさえ思える」

私がまさにその「愚かで無意味な」人間である。

2012年10月 8日 (月)

インターナショナル

◆外国人が日本語で日本の曲を歌う「のどじまんザ!ワールド」(日本テレビ)。前に見た時は半分(以上)お世辞で褒めないといけない人ばかりで途中でチャンネルを替えてしまったが、昨夜の放送でそんな出場者はごくわずか。明らかに本家より上手い人もいてびっくらこいた。

◆凱旋門賞の生中継(フジテレビ)を観た。騎手が違っていたらオルフェーブルが勝てたかな?


【追記】
馬の名前の表記に誤りがありました。正しくはオルフェーヴルです。

2012年10月 7日 (日)

不作の夏

私がチェックした夏(7~9月)のテレビドラマ(連続もの)のうち、高評価できるのは後半から観るようになった「トッカン」(日本テレビ)だけだった。

序盤は良かったけど・・・という作品がいくつかあった。

秋(10~12月)ドラマについては後日。

2012年10月 6日 (土)

大滝秀治さんも・・・。

俳優・大滝秀治さん(87歳)が2日に亡くなっていたことが昨日公表された。

いくらお元気でも大滝さんの新作をあとどのくらい拝見できるだろう?と2~3年前から考えていたが、ついにその日が来てしまった。

映画、テレビドラマ、舞台、CM、ナレーション、関根勤とのコント。いろいろな場面が思い出される。

ご冥福をお祈りします。


余談だけど、関根勤には大滝さんの物真似を続けてほしいなあ。ご本人も喜んでいらっしゃったし。

2012年10月 5日 (金)

わしの心と秋の空

昨日まで「辛抱強く保有しよう」と思っていた株を今日売ってしまった。

株取引で全戦全勝する人なんてきっといないし、今なら売っても原資を割らないので、見切りをつけた。

さあ、出直しだ。

2012年10月 4日 (木)

惨敗

(その1)
9月29日放送のオールスター感謝祭(TBS)にデータ放送経由で参加したが、あの日は疲れと眠気のせいで集中力が出ず、しかも23時過ぎにとうとう眠ってしまい、過去最低の成績に終わった。正解数は8問か9問だった。

(その2)
9月19日に某社の株価が急上昇しているのを見て、まだ上がるに違いないと思って買った途端、下降に転じた。今は購入時の水準に戻るまで辛抱強く保有しようと思っている。

2012年10月 3日 (水)

馬渕晴子さん死去

どうして訃報が続くのだろう。

俳優の馬渕晴子さんが肺がんのため亡くなった。

インターネットのニュースでは、NHK3人娘の1人だった、映画「祭りの準備」、ドラマ「赤い激流」に出演したなどと書かれているが、私はフジテレビ系の昼ドラで演じた気性の激しい姑役が脳裏に焼きついている。最後に拝見したのもTBS系列の昼ドラだったと思う。

ご冥福をお祈りします。

2012年10月 2日 (火)

流通ジャーナリスト・金子哲雄さん死去

インターネットでこの見出しを目にし、睡眠時無呼吸症候群を患っているとおっしゃっていたのでその関係の突然死だろうかと思いながら記事を読んだら、悪性腫瘍が見つかった1年半前から闘病を続けてこられたとのこと。そういえば、この数ヶ月テレビで見かけた記憶が無かった。

私より年下だったのか(41歳)。そんなに早く逝ってはいかんよ。


ご冥福をお祈りします。

2012年10月 1日 (月)

野田第3次改造内閣発足!

といっても、どうせ短命でしょうよと冷ややかに見てしまう。民主党の衆院選は「議席数の減り幅をどこまで縮められるか」の戦いになるだろう。

一方、今すぐ総選挙をやれば第一党になれると言われている自民党も、総裁選で地方の声が国会議員に届かず、しかも1回目の議員投票のトップが石原候補だったというピントのズレ具合。

阿藤快のモノマネじゃないが、何だかなあとしか言えない。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ