最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

今朝も怒ってました。

柔道女子57kg級の松本薫選手は試合中いい顔をしていたなあ。男前だ。

さて、その松本選手が今大会日本代表初の金メダルを獲得すると、某テレビ局の某アナウンサーは「待ちに待った・・・」と大はしゃぎ。気持ちは分かるが、あまりのはしゃぎっぷりが銀メダル、銅メダルの価値を否定しているように見えて、私は今朝も怒ったのだった。

国別メダル数ランキングにも納得がいかない。まずメダル総数が多い順に並べて、同数なら金メダルの内数が多い国を上に置くというふうにすべきだ。

確かに金メダルがベストでその数が多ければ多いほど喜ばしいが、銀メダル、銅メダルも十分立派である。

2012年7月30日 (月)

日本を変えるきっかけに

金メダルを獲ることは非常に難しいのに、新聞のテレビ欄には「北島康介3連覇なるか」、「日本初金メダルは?」など無神経なフレーズが並び、私は朝から怒っていた。

その必要なんか無いのに「申し訳ない」と謝った北島選手が可哀相でならない。

私が密かにレスリング怪獣と呼んでいる吉田沙保里選手にも相当厳しい戦いが待っていることだろう。

選手のためになる報道や応援について、いいかげん皆が考えるべきだと思う。


ところで、順位を付けない運動会というエセ平等イベントはまだ行われているのだろうか?運動音痴の子供を傷付けまいとする方策のようだが、スポーツが得意な子供が輝く機会を奪えば学校がつまらなくなっていじめが起きる可能性も高まるというものだ。

運動音痴の子供に運動会に出場しない権利を与えるか、順位無し種目を2つか3つに抑えるかして、運動が得意な子供にはどんどん競争させるべきである。

2012年7月29日 (日)

苦役列車

昨夜、爆生レッドカーペット(フジテレビ)に出ていた或るコンビのちっとも面白くないネタに観客と審査員が大笑いするのを見て、招かれざる客の心地がしたので、1分強でテレビを消した。その後、同番組でオードリーがナイツと一緒に漫才をやったという話を聞き、我慢して見続ければよかったと悔やむことになるのだが、本題はこの件ではない。



テレビを消し、五輪ピックはニュース番組か何かで結果だけチェックするとして、さて何をしようかとしばし考えた末、文藝春秋2011年3月号を引っ張り出した。

途中まで読んでそのままにしていた西村賢太作「苦役列車」を頭から読み直し、遅読の私には珍しいペースで読了した。

主人公の青年は予想よりもずっとだらしない奴だったが、現在の私は彼と大差ない。むしろ一部の面では、彼より堕落していると認めざるを得ない。

さて、この小説は映画化されたのだが、主人公の内面を映画で表現するのは至難の業だっただろう。なぜなら彼の感情や思考は圧倒的にセリフや動作以外の文章で説明されているからである。私が脚本家だったらナレーションかモノローグを多用して駄作にしてしまうのがオチだが、映画「苦役列車」がこの課題をどう乗り越えたのか、それとも乗り越えられなかったのか、映画を観ていない私には分からない。

2012年7月28日 (土)

勿論今回も期待しない。

ロンドン五輪が開幕した。私は大いに注目するが、期待はしない。選手本人が「(金)メダルを獲ります!」と(たとえその実力が無くても)宣言するのは結構だが、外野がプレッシャーをかけるものではない。

期待しないほうが良い結果が出た場合の喜びが大きくなるし、成績が振るわなくてもさほどがっかりせず、まして選手をバッシングすることも無い。

今回も誰かが叩かれるのだろうか?「お前は終わった」とか「日本に帰ってくるな」とか何とか。

2012年7月27日 (金)

4年前に盛り上げてくれた恩を忘れたように・・・

節電というより電気代節約のため、今週のワイドショーの類の番組を殆ど見ていないのだが、女子ソフトボールの世界選手権で日本が優勝した件があまり、ひょっとすると全く取り上げられなかったのではなかろうか?インターネットのニュースの主要項目にも私が見る限りあがってこなかった。

オリンピックから外されると、こうも反応が鈍くなるのかと選手・関係者は唇を噛んだり落ち込んだりしていることだろう。

と、世界選手権が行われていたことを3位以内確定を報じる新聞記事で知った私が自分を棚に上げて呟いてみる。

2012年7月26日 (木)

確率の問題

宝くじ売場に『2000万サマー(明日まで販売)は1等が20万枚に1枚入っているから、10枚買えば2万枚に1枚になる』という貼り紙があったが、10枚買おうが100枚買おうが1等は20万枚に1枚であり、『10枚買えば1等が当たる確率は2万分の1になる』と書くべきだったのではないかと高校数学で挫折した私は思うけど、正解はどうなんだろう?

あっ、これは中学数学の問題か?

2012年7月25日 (水)

昨日の失敗

買い物を済ませてスーパーの出入口へ行くと、手押し車を持っているせいでドアを押しにくく、なかなか入れないお婆さんがいた。

私は親切のつもりで急いで内側からドアを引いた。すると、お婆さんはよろけた。

手押し車を掴み、幸い倒れなかったお婆さんに私は繰り返し謝った。

その後気付いた。ドアを引く時、お婆さんの両手は手押し車をしっかり掴んでいるものと思い込んでいたが、実際は左手をドアに当て、右手も手押し車から僅かに離れていたようだ。

私がよく見ていれば、或いは事前に「ドアを開けますよ(又は開けましょうか)」と一声かけていれば、お婆さんがよろけることは無かった。

改めて、ごめんなさい。

2012年7月23日 (月)

オスプレイ、WBC、27時間テレビ

○オスプレイが日本に上陸した。アメリカは日本を防衛するための配備だと言うけど、それなら安全性を高めてからにしてもらいたいものだ。

○日本プロ野球選手会が来年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への不参加を決めたと聞いた時は、プロ野球のペナントレースを優先する落合博満的思考に陥ったか?と呆れたが、収益の不公平な配分に対する抗議と知り、私は選手会支持にまわった。世界大会なのに主催者が収益の6割以上を取ってしまうのはおかしい。

○フジテレビの27時間テレビは「さんま中居の今夜も眠れない」が終わったところで録画をセットして眠り、まだ再生していないのだが、結局ラブメイト10の第1位~6位は発表されなかったようだな。有名若手女優以外に誰がランクインしていたのか知りたかった。

2012年7月22日 (日)

頑張れ踏ん張れとしか言えない。

NECの株価が100円を切ったというヤフーニュースの記事をNEC製パソコンで読む。

哀しいぜ。

2012年7月21日 (土)

今年も27時間テレビを視聴中

一番楽しみなのはやっぱり「さんま中居の今夜も眠れない」。火薬田ドン(ビートたけし)との共演を熱望していた藤山直美は結局出ないと思うけど、出たら出たで面白いかもしれない。

2012年7月20日 (金)

銀座シネパトスが来春閉館

東京は銀座4丁目にある映画館「銀座シネパトス」が来年3月末に閉館するそうな。

私も何度か行ったことがあり残念に思うが、耐震性の問題なら仕方無い。

できれば銀座のどこかに新しいシネパトスを開いてほしいなあ。

2012年7月19日 (木)

今日は震えた。

遠雷を合図に外がやや暗くなり、雨が降り始めた。数分後、ピシッという音がして、間髪を入れず地面を揺らすような雷鳴が轟いた。

落雷地点は1km、いや500m以内ではないかと思われた。私が経験した最も近い場所への落雷だった。

幸い停電は起きず、救急車や消防車のサイレンが聞こえることも無かったが、私の身体は暫く震えが止まらなかった。

2012年7月18日 (水)

ただでさえ暑いのに、

新聞を読んで頭に血が上った。

原因は、震災がれき受け入れに反対する北九州市民が市と宮城県に損害賠償を求める訴訟を起こすという記事である。

この原告になるつもりの人たちに限らず、がれき受け入れ絶対反対派は「そんな物を持って来られたら我々の健康が脅かされる。現地で処理しろ。それで現地やその周辺の人間の健康が脅かされようが知ったことではない」と言っているようにしか思えない。

誰だって自分が一番かわいい。でもそこまでエゴを丸出しにして恥ずかしくないのだろうか?

(4月7日にも同様の文をアップしているが、何度でも書かずにはいられない。)

2012年7月17日 (火)

当たり前のことが当たり前になっていない悲しさ

国家は国民を守るものであり、学校は児童生徒を守るもののはずなのに、シリアでは市民が虐殺され(政府は否定しているけど)、いじめられた(犯罪被害者と言い換えるべきかもしれない)生徒が自殺した大津の中学校校長の会見の一部を見る限り、後悔や反省の念が全く感じられない。

原点を見つめ直してもらいたい。

2012年7月16日 (月)

昨日今日のニュースについてのつぶやき

○桑名正博が脳幹出血で意識不明、積極的治療法無し
 それでも奇跡を祈る。

○小沢新党81%期待せず(共同通信世論調査)
 そんなもんでしょう。

○大津いじめ自殺事件の加害者(とされる生徒)が民事訴訟でいじめ否認へ
 いじめた側は何故か大抵「遊びのつもりだった」、「ちょっとからかっただけ」、「冗談で」と言う。本心ではなく、やはり保身なんだろうなあ。

○立入禁止の那智の滝を登った著名クライマーらを逮捕
 どうしても登りたかったら許可を申請しよう。

2012年7月15日 (日)

汗をかきたい!

今年一番の暑さのせいで頭や背中に熱がこもっている感じがする。発汗しそうでしない、境界線から身体が動かない。常温の麦茶を飲んでも汗が出ない。

室内での簡単な体操中心で運動量が少ないのが原因だろうか?

てなことを書いていたら、シャツが汗ばんできた。熱中症の危機を脱し、ひと安心。

2012年7月14日 (土)

春・夏のテレビドラマ

春(4~6月)のテレビドラマのベストは「ATARU」だった。「リーガル・ハイ」、「37歳で医者になった僕」、途中から観るようになった「鍵のかかった部屋」も良かったけれど、「リーガル・ハイ」にシリアスな結末を期待していたので、そうならなかったのは残念。「鍵の・・・」は明らかに続編を意識したラストだった。フジテレビのことだから映画化も視野に入れていそうだ。


***** ***** *****

《夏(7~9月)のテレビドラマについて言いたい放題》

「リッチマン、プアウーマン」(フジテレビ)
 テンポが良いというより忙しない冒頭で、おっさんは疲れてチャンネルを変えてしまった。画面分割も不要だろう。キャスティングは悪くないと思う。

「息もできない夏」(フジテレビ)
 高校を出て就職した後に健康保険証が無いことに気付くというのは無理があるなあ。でも、次回も観るけどね。

「サマーレスキュー」(TBS)
 大病院から山の診療所に派遣された医師がDrコトーみたいに活躍する話かと思いきや、初回では殆ど役に立てず看護師に一喝されるという展開。捻りがきいている。

「ビューティフルレイン」(フジテレビ)
 「サマーレスキュー」の裏番組はベタ路線。ベタも嫌いじゃないけど、NHK総合の番組で紹介されたアルツハイマーの母とその娘に悲壮感は無く、「記憶を失う患者は可哀想。家族も辛いだろう」という先入観で凝り固まった頭をハリセンで叩かれる思いがした。

「・・・・・・・」
 あるドラマを録画して外出したのだが、用事が早く済んで後半をリアルタイムで観ることができた。ところが、主役の俳優があまりにも下手で、この人は過去の別の作品は良かったのにどうしたんだろう。そういうわけで、前半を観ることなく削除したのであった。

2012年7月13日 (金)

わしもツッコむぞ。

宇多田ヒカルがツイッターで「ついに政党の名前にもキラキラネームきたか」とつぶやいたことがニフティ、ヤフー等のニュース記事になっている。

そのツイートの続きの文章から『国民の生活が第一』を指しているのは明白だ。キラキラネーム(=近年生まれた子に目立つ、アニメキャラクターや下手な小説の登場人物のような名前。変わった当て字で読みにくいのも特徴)かどうかはさておき、私もおかしな名前だと思う。

一口に国民と言っても、男がいれば女がいて、赤ん坊がいれば年寄りがいて、貧乏人がいれば金持ちがいて、未婚がいれば子沢山がいる。官僚も政治家も国民である。幅が広すぎてどこに向かって行きたいのか分からない。そんな政党に期待する人が多くないのは当然だろう。

次の選挙でどんなマニフェストを掲げるのやら。

2012年7月12日 (木)

“狭い日本”と言うけれど・・・

昨日の天気予報で明日(つまり今日)は大雨の恐れありと言っていたのに、昼過ぎまで晴れていた。一方、同じ西日本の熊本、大分には「これまでに経験したことのないような大雨」が降っている。

毎年国内のどこかで豪雨災害が起きると覚悟しなければならないのかとか、災害復旧が公共事業のメインになっていくのではないかとか、防災のまちづくりの難しさとか、いろいろ考える。

被災された方にお見舞い申し上げます。

2012年7月11日 (水)

儚い命

上野動物園のパンダの赤ちゃん誕生フィーバーを淡々と眺めていたけど、死んだと聞くとさすがにテンションが下がるなあ。

乳が喉に詰まるとは、何という不運。

せめてこの悲劇が子供たちに生命について考え学ばせる機会になればと思う。

2012年7月10日 (火)

疑うことを忘れずに。

大津いじめ自殺事件の加害者、その家族、担任教師の写真、氏名、発言等がインターネット上に出回っているようだが(私は今のところ見ていない)、全てが事実と一致しているとは限らない。むしろ、嘘や間違いが絶対に混ざっていると考えるべきだろう。震災直後のように。

昨日書いた「原発再稼動に伴い複数の火力発電所が停止した」という話だって反原発派が流したデマの可能性もあると私は思っている。
(にもかかわらず書いたのは、デマなら早めに潰さないと国民の節電意欲に影響しかねないからである。)

2012年7月 9日 (月)

火の無い所に煙が立ったの?火を止めたから煙が立ったの?

大飯原発の再稼動に伴い、複数の火力発電所の運転が停止されたという噂があるようだ。

老朽化やトラブルでやむなく一休みすることもあるだろうが、「原発抜きでは電力供給が厳しい」と印象付けるための偽装工作が行われているとしたら、それは“(電力が)足りない詐欺”だ。

政府又は関西電力管内の自治体は直ちに真偽を調査すべきである。いや、政府はあてにならないか。

2012年7月 8日 (日)

用心しよう。

炭水化物を制限する食事を長期間続けると、心筋梗塞や脳卒中になる危険性が高まるとの研究結果をハーバード大などのグループが発表した。(読売新聞ネット配信記事より)

炭水化物を制限する食事は高タンパク質になりがちで、それが原因らしい。脇腹のぜい肉が落ちないものだから、まさにそういう食事に変えようとしているところだった。危ない、危ない。

バランスよく食べるのが一番ということだな。

2012年7月 7日 (土)

人気取りでしょうね。

今頃になって尖閣諸島国有化を言い出した政府。石原東京都知事が「都が購入する」と表明した時に明確なアクションを起こすべきだった。都知事に「単なる人気取りじゃないか」と言われても仕方が無い。

まず都が買い、都が国に売る場合、問題は(一部報道で指摘されているとおり)都知事に賛同する国民から都への寄附金の扱いである。寄附金だけで買えなければ都は地方税収入を上乗せするだろう。すると、国はその上乗せ分だけを都に支払って買い取るのか?地権者が受け取る額よりも安い額で国が買うというのはちょっと違和感があるが。

2012年7月 6日 (金)

借りてきたパンダ

中国から借りている上野動物園のパンダが出産し、それはめでたいとは思うけどテンションが上がらない私は冷たい人間なのだろうか?

そもそも新たに中国から借りなくても、国内のパンダを移籍すればよかったのではないかと思うのである。

2012年7月 5日 (木)

加害者を守ってくれる立派な大人たち

滋賀県大津市の中学2年生(当時)がいじめを苦にして自殺した事件で、「自殺の練習をさせられていた」、「教師は見て見ぬふり」などの在校生アンケート回答が報じられたが、新たに「一緒になって笑っていた」との回答が明るみに出た。

実際は笑っていないとしても、学校がいじめを止める努力を怠っていたことは間違い無さそうだ。

市教委もこれらの回答を半年以上隠蔽し、十分な調査を行わなかった。

こんな学校へ行く値打ちは無いと言って登校拒否してやればよかったのに、親に心配をかけたくなくて無理を重ねたんだろうなあ。

2012年7月 4日 (水)

収穫ほぼ無し

先週から2つの図書館で明治生まれの実業家と彼が建てたらしい劇場について調べるも、詳細な記述は見つからなかった。

疲れと暑さで頭が重い。

2012年7月 3日 (火)

ポイントカード

運動を兼ねてちょっと遠いスーパーへ行く。

レジで「ポイントカードをお作りしましょうか?すぐに出来ますから」と勧められ、はいと言うと、申込用紙を出された。住所・氏名・電話番号等を書かなければならないやつだ。「今は時間が無いので後日書いて持ってきます」と嘘をついた。

商品情報等を提供するためのようだが、それを欲しなくても住所などを教えなければならないのか?

スーパーのポイントカードに個人情報は要らないだろう。客層を把握したいというなら、性別・年齢・単身者か否かだけで十分だと思うが。

2012年7月 2日 (月)

どさくさ紛れ

昨日の反原発デモで『野田首相、やめろ』のプラカードを持っていた人がいたそうだが、視点がずれてるよね。首相が違っても、大飯原発再稼動に踏み切る可能性は高かっただろう。

さて、最近強く思うのは「原発を止めろ」と声高に叫ぶだけでは反原発の輪は広がっていかないということ。電力不足の問題、原発停止で収入が無くなる(減る)人々の生活にも目を向けた活動が必要じゃないの?

2012年7月 1日 (日)

えっ?そうなの?

津波から避難する際、平野部では一定程度の住民が車を使ったほうが死者が減るというシミュレーション結果を群馬大教授がまとめたそうな。(毎日新聞ネット配信記事より)

私は足腰が悪くて早く歩けない人を除いて徒歩避難すべきだと思っているので、このシミュレーション結果は意外だ。

出来ることなら、どこかの沿岸部で大規模な訓練をやってみてほしい。『何分後に何メートルの津波が来る』とだけ住民に伝え、あとは各々が選択した方法で、選択した場所へ避難する。そうすれば、実際に津波が発生した場合に近い体験をし、より多くの問題点・反省点を見つけられるはずである。
(前にも書いたと思うが、たかだか数百人が細かく書かれた台本どおりに動く訓練は、“やらないよりはマシ”程度の意味しかない。)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ