最近のトラックバック

« ボケボケTuesday | トップページ | AKB商法に物申す。 »

2012年6月 6日 (水)

日本人の限界?

金星の太陽面通過を目撃しようと日食グラスを持って出かけた。

当地は好天に恵まれ、7時11分、7時30分頃、8時20分頃、・・・と数回見上げるも、点(金星)が見つからない。終いには見えなければおかしいという思いが視覚を惑わせ、点が飛ぶ虫の速さで動いたり、いくつも現れたりした。

テレビ局のアナウンサーらが日食グラスの使用を呼びかけていたので、見えないことが腑に落ちなかったのだが、昼のテレビ中継を見てようやく悟った。

14型アナログテレビの画面にクローズアップされた太陽を横切る金星が直径1センチにも満たないのに、日食グラスで見るぼんやりした直径約3ミリの太陽の中の点を見つけられるわけがない。

この条件で確認できた日本人がいるならば、『私の視力はサバンナで生まれ育ったアフリカ人以上です!』と公言しても疑われないだろう。


【6月7日追記】
昨日夕方のローカルニュースを観ていたら、日食グラスで観察する子供たちが「見えた見えた」とはしゃいでいるではないか。

いくら眼に負担をかけた経験の少ない子供でも、アフリカ人並みの視力があるはずがない。

私が持っている日食グラスは某大手家電量販店で買った物で、粗悪品ではなかろう。ということは、私の眼がポンコツなのだ。

とほほ。

« ボケボケTuesday | トップページ | AKB商法に物申す。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ