最近のトラックバック

« 2012年春のテレビドラマ | トップページ | 関越道バス事故について一から考え直してみる。 »

2012年4月29日 (日)

明らかな人災

関越自動車道で大型バスが防音壁に衝突し、乗客7人が死亡、2人が重体となっている。

報道によると、始点から終点まで休憩を含め9時間以上のコースを1人で運転していたという。今はそういう運行をするバスが低価格で人気を集めているそうだが、交替要員無しの運行は6時間くらいが上限だと思う。

案の定、運転手は居眠りしてしまったと話しているというではないか。

こんな無茶な運行をするバス会社には、交替での運転又は3時間以上の(運転手が眠るための)休憩を義務付けるべきだ。

« 2012年春のテレビドラマ | トップページ | 関越道バス事故について一から考え直してみる。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ