最近のトラックバック

« 肩書きを変えたほうがいい人たち | トップページ | 礼状は要らない。 »

2012年3月 9日 (金)

地震発生後の避難等について思うこと

1.携帯電話会社やネットビジネスの企業が地震発生直後から様々なサービスを提供することになっているが、必ず万全に機能するとは限らないような気がする。自治体の防災無線も地震で壊れるおそれがある。避難場所に行くまでの情報収集は、結局のところ携帯型のテレビやラジオが頼りだと思う。

2.全国各地で避難マニュアルの見直しが進んでいる。確かにそれは不可欠だけど、災害が往々にしてマニュアルを踏み潰しながら襲い掛かってくることも忘れてはならない。昨年の震災でもマニュアルに従ったのに亡くなった方がいて、臨機応変の判断で助かった方がいる。

3.津波が予想される場合、衛星か航空自衛隊が海の映像を撮影、送信することはできないだろうか?

4.原則として避難に車を使うなとされている。それでも焦ると皆が車を使い、道路が渋滞すると、「これは自分の足で走ったほうが速い」と車を乗り捨てる人が続出し、歩行困難の人々が車中に取り残されてしまうのではないかという懸念がある。

5.昨年の春頃、「避難所での食事がおにぎり、カレー、豚汁ばかりで飽きた」と不満の声が上がっているという記事を読んだ。これを我がままと批判するのは酷だし、炊き出しを実施する側も喜ばれなければ不本意だろう。最初の数日間はパンと飲み物でしのがざるを得ないだろうが、炊き出しができるようになったら、事前にメニューを調整すべきだと思う。

6.避難所の食事といえば、食物アレルギー患者への配慮も必要だが、避難所の数が何十、何百になると、細やかに配慮する余裕が時間的にも人的にも無くなると思われる。その場合、食物アレルギー患者を数箇所に集めるというのはどうだろう。

« 肩書きを変えたほうがいい人たち | トップページ | 礼状は要らない。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ