最近のトラックバック

« 忘れた頃にやって来るということは、 | トップページ | この冬一番の大雪 »

2012年2月 1日 (水)

1円に泣いた男の決意

金銭出納簿の手入れをしたところ、実際の残金が帳簿上のそれより1円少ない。前回の手入れの後は最少10円単位までの支出だったので、レジで1円多く出したとも釣りが1円足りなかったとも考えられない。

それなのに何故?ともやもやしながら小銭ポケットのボタンをとめた時、くの字型にへこむべきポケットの側面がはみ出した。

これが原因だったか。スーパーで左手に財布を持ったまま買ったものを袋詰めしていた時に財布が上下逆になり、ポケットがはみ出して出来た穴から1円玉が転がり落ちたのだろう。

私は決意した。

僅か1円でもこんな形で失いたくない。財布を買い替える、と。

しかし、明日は最強寒波の影響で大荒れの予報。明日にでも買いたいけどなあ。


※これが1900件目の記事となりました。

« 忘れた頃にやって来るということは、 | トップページ | この冬一番の大雪 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ