最近のトラックバック

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

心の叫び

仕事でへまをやらかす夢を見た。

散々怒鳴られた後、ふと手を見ると、右手はカッターナイフを握っている。刃が7~8センチ出ている。

心の中で私が私に声をかける。

「これで左手首を切るか?」

すると、もう一人の私が叫んだ。

「死にたくない!」


昼を過ぎても夢を引きずり、ぐったりしている。

2012年2月28日 (火)

めざましテレビの重大発表

治療のため、「めざましテレビ」(フジテレビ)を休んでいる大塚範一キャスターの降板が発表された。

それを聞いた直後は、復帰を待たずにクビを切るのかとスタッフを責めたい気持ちだったが、そのまま考えていると、4月に復帰する目標が達成できず、見通しが立たない状況では止むを得ないのかなあという立場に変わった。

しかし、フジテレビは戻る場所を他に作っておくべきだろう。例えば、4月から午後2時に移行する「知りたがり」のご意見番のようなポストを用意してあげてほしいと思う。

2012年2月27日 (月)

今夜、多くの食卓で

閉店間際のスーパーは、白菜と安いうどん生麺が売り切れていた。豆腐も残りわずかだった。

今夜は特に寒いから、スーパーへ向かう時点で鍋にしようと決めていた人が多かったことだろう。

私の夕食は、半額の丼と15円引きのプリン。


話は変わるが、猫が青信号の横断歩道を速足で渡るのを見た。信号が解るのか?単なる偶然か?

2012年2月26日 (日)

塩麹の話

野菜を漬けていた塩麹を捨てるのが勿体無いと思ったので、翌日母が買ってきた豚肉を漬けた後、焼いてみた。元々柔らかい肉だっただろうが、より柔らかくなったようだ。その上、塩麹のうまみがしみていて、タレが要らなかった。

さて、そんな塩麹の人気を裏付ける出来事があった。父によると、「(塩麹の材料となる)米が足らないから分けてくれないか」という電話がかかってきたそうだ。どう返答したかは聞き忘れたが、あの口調だと断ったと見て間違いない。そもそも、売るほどの在庫が無い。

しかし、米の作付面積を増やしたい、売上げを伸ばしたいと考える農家・法人にとって、塩麹ブームは新たなチャンスだ。ブームはいつか必ず下火になるけれど、弱火でもずっと燃え続けてほしいものだ。

2012年2月25日 (土)

“マルちゃん正麺”驚異的売上

という記事がニフティの注目ニュースとして配信されている。

私もマルちゃん正麺のファンである。しかし、当地のスーパーでの通常価格は5袋パックで400円弱と高い。そこで、300円を切る特売日に買うようにしている。

母が手術を受けた日の夜、味噌味のマルちゃん正麺に、話題の塩麹に漬けた野菜を炒めたのをのせて、両親に食べさせた。母も「美味しいなあ」と言っていた。

2012年2月21日 (火)

手術終了

昨日、母から電話。明日(つまり今日)日帰りで手術を受けると聞かされる。

正月の会話でそうなりそうだと感じていたし、ある程度経験を積んだ医師には容易な手術なので、驚きは無かった。ただ、絶対に失敗しないとは断言できず、若干の不安が頭から離れなかった。

だから、無事に終わって安堵している。

※3〜4日更新を休みます。

2012年2月20日 (月)

光市母子殺害事件差し戻し上告審判決

大方の予想どおり、高裁の死刑判決を不服としての上告は棄却された。

犯行当時18歳の少年だったからといって死刑を回避されないとの判断は妥当だと私も思う。

弁護団は、被告は父親からの虐待で成長が阻害された未成熟な少年だったと主張し、判決を批判した。事実ならば被告は可哀相な男だと言えなくもないが、被告の罪はそれを理由に罰が軽減される程度のものではない。

2012年2月19日 (日)

勝馬投票券を買ってみた。

一昨日のうちに帰れなくなった私はネットカフェで一夜を明かし、昨日の出発までの時間をどう過ごそうかと考えた時、何となく興味があった競馬を思いついた。

営業開始直後のウインズ(場外馬券売場)の前に着くと、9割方50~60代男性の群れが周囲に一切目もくれず、建物に吸い込まれるように入っていくところであった。

馬券を買うためのカードの記入方法が分からない。ガイドブックがあるらしいが、その在り処も分からない。初心者には不親切な掲示からどうにか理解できた範囲で合計1000円分の馬券を買った。

戦績もコースの特徴も知らない。馬と騎手の名前だけを見て、勝ちそうだと思ったのを選んだ。こういう予想こそがビギナーズラックを引き寄せるのではないかと微かな希望を抱いていたけれど、やはり現実は甘くない。700円を投じた昨日のレースも、300円を投じた今日のフェブラリーステークスも全て外れた。

そして今、私の頭の中で「スーダラ節」の一節が響いている。

『馬で金儲けした奴ぁ無いよ』(青島幸男作詞)

2012年2月18日 (土)

アクシデント

1泊2日の日程で旅に出ていたのだが、アクシデントでもう1泊しなければならなくなった。

こんなことはかつて経験した記憶が無い。心身ともに疲れて、昨日は更新せずに眠ってしまった。

予定外の宿泊費と食費が返ってこないかなあ。返ってこないよねえ。

2012年2月16日 (木)

あなた以外は皆納得していると思いますよ。

と、杉下右京風につぶやいてみる。


何の話かって?


実刑が確定した押尾学被告が「納得できない」とコメントした件ですよ。

2012年2月15日 (水)

あと何回寝坊して遅刻すればいいのか。

年に数回見る夢をまた見てしまった。

高校生の私が目を覚ますと始業時刻を過ぎており、学校に「何時間目から出席します」と電話連絡するという内容である。

ただ、今回は前と違って自分が何年何組なのか思い出せず、でも担任の名前は忘れていないから先生を呼び出してもらおうと決めて電話すると、相手は「この番号は医学部長の電話で・・・」とか何とか言い出し、私は混乱するのであった。

2012年2月14日 (火)

オカンが来る前に・・・

昼過ぎ、背中に寒気を感じた。イベントが迫っているというのに、寒気が悪寒になって風邪など引いたら台無しだ。外出を取り止め、料理用に買っていた安い酒を少し飲むとコタツに直行した。昼寝の後はお茶で水分補給。

チョコレートは嫌いだからいらない(くれる人がいなくて強がりを言っているのではない)。寒気が消えたのがプレゼントだ。

元気にイベントを楽しみたい。

2012年2月13日 (月)

なんじゃ、こりゃ!!!

今日のミヤネ屋で紹介されたホイットニー・ヒューストンが歌う映像の全編を見たくて、パソコンを開いた。

ふらりとやって来たような出で立ちで、笑みを湛え、楽しげに、堂々と歌い上げる。アメリカ国歌をエンターテイメントに昇華させた圧倒的なパフォーマンスにただただ驚嘆するのみである。

そんな彼女がその後転落していくのだから、何ともやりきれない。

2012年2月12日 (日)

ホイットニー・ヒューストンさん死去

いいとも増刊号をワンセグで観ていたら、データ放送に“W・ヒューストンさん死去”の文字が出て、思わず「えっ!?」と声を漏らした。

日本でも男性関係で深みにはまったり酒に溺れたりして夭逝した本格派歌手がいるが、彼女の場合はかつてやっていたドラッグが寿命を縮めてしまったのではなかろうか?検死結果等の公表が待たれる。

元々海外のロック、ポップスは滅多に聴かないので彼女の歌も2曲しか知らないが、夕方のニュースの天気予報でたまたま聴いた「すべてをあなたに」のカバーはその後FMからカセットテープに録音し、繰り返し再生したものだ。

訃報が世界中に配信され、Youtubeへのアクセスが急増していることだろう。私もこれからその輪に入って、久し振りに聴こうと思う。

ご冥福をお祈りします。


【追記】
YoutubeにRIPというコメントが多数寄せられており、何のことだかしばらく解らなかったけど、Rest in peaceの略だったんですな。「安らかに眠って」みたいな意味だろうか。他に「寂しいよ」、「天国でマイケル・ジャクソンとデュエットしてね」などの追悼コメントを見た。

2012年2月11日 (土)

2012年冬のテレビドラマ

今期(2012年1~3月)のテレビドラマは期待外れが多い。どこかの記事にもあったように、「人気者をキャスティングすれば何とかなるでしょ」という安易かつ消極的な姿勢をいい加減改めるべきである。

現時点で毎回視聴しているのは、

(日曜)
平清盛(NHK総合)
早海さんと呼ばれる日(フジテレビ)
運命の人(TBS)

(火曜)
本日は大安なり(NHK総合)

(月曜~金曜)
鈴子の恋(東海テレビ)

(月曜~土曜)
カーネーション(NHK総合)

だが、離脱(最終回まで観ない)するかもしれない番組がいくつかある。

ベストは断然「カーネーション」だ。ヒロイン・尾野真千子は言うに及ばず、直子役の川崎亜沙美も面白い。直子が出てくるとテンションがちょっと上がる。

2012年2月10日 (金)

大人と子供の境界線

生活圏内に雪が降り続いた時にうんざりするのが大人。

ローカルニュースのキャスターが「もううんざりですよね」と言うのを激しく同意しながら聞いた私。

一方、買い物の帰りに遭遇した信号待ちの小学生たちは傘を雪に突き刺すなどして遊んでいる。

おじさんも昔は大雪がうれしかったよ。除雪車が来ず、腰まで積もった道を歩いたのはきつかったけど楽しくもあったさ。

2012年2月 9日 (木)

大平シローさん死去

大平シローさんが今日亡くなった。55歳だった。

元相方をテレビで見かけた時など、シローはどうしているんだろう?と気にかけていたのだが、訃報記事によると、放送作家になっていたとのこと。しかし、私は表舞台で活躍するシローさんをもっと見たかったし、それだけの実力を持っていた方だと思う。

ご冥福をお祈りします。

2012年2月 8日 (水)

温暖化じゃなさそうだけど温暖化

先週ほどではないが、多めの積雪。

去年も今年も大雪に見舞われ、その度に「どこが温暖化だよ」と疑念を抱いていたが、北極の氷が解けることで低気圧だか寒気団だかが発達し、日本に大雪を降らせると唱える人がいて、これが正しければ、なるほど温暖化に変わりはない。

ということは、来年の冬も再来年の冬も大雪を覚悟しておかねばならんのか。

除雪費が足りず国に支援を要望している市町村も、来年度はそのつもりで予算を組んだほうがいいかもしれないね。

2012年2月 7日 (火)

早い卒業

「相棒season10」(テレビ朝日)で神戸尊を演じている及川光博が最終回に特命係を去る。

わずか3年で卒業するとは全く予想していなかった。

記事を読んだ印象では殉職ではなさそうだが、番組を観られるのが数ヵ月後、下手すると来年にずれ込むため、実際どうなるかは記事又は視聴者のブログかツイッターで確認するほか無い。

ちなみに、鈴木杏樹が益戸育江のポジションを引き継ぐのは予想できていた。事前にブログに書いていれば「ほら、思ったとおりだった」と得意になれたのに。悔やまれる。

2012年2月 6日 (月)

気が乗らない時はやめたほうがいいかもしれん。

今日抽せんのロト6はキャリーオーバーがついていたものだから、当たりそうな気がしないのに購入し、やっぱり大ハズレ。

買わなければ当たらないけど、気が乗らない時に買ってもダメかなあと思う。

2012年2月 5日 (日)

続・私は無責任だと思う。

消費税増税関連法案反対を表明した民主党の小沢元代表は、中長期的には増税すべきだと考えているそうなので、彼は強ち無責任では無さそうだ。

しかし、どうなんだろう?

昨年3月の震災被災者に配慮して増税時期を設定するのは当然だが、それ以外の問題・課題を増税の前提条件又は交換条件として持ち出していいのだろうか?

先日もこのブログに書き込んだように、私も独立行政法人や特別会計の大手術を望んでいるけれども、それが軌道に乗ってからとか片付いてからじゃないと増税は認めない!と主張できる時間的余裕があるとは思えない。

野党も含め、造反だ、反対だ、協議には応じないと引き延ばすのはやめるべきではなかろうか。

勿論、他の問題の処理が進まず、増税だけが決まっていくのも許せないが。

2012年2月 4日 (土)

私は無責任だと思う。

この期に及んで消費税増税に反対する国会議員は無責任だと私は思う。どんな理屈を付けようと、結局は次の選挙のことしか考えていないのでは?

「消費税は上げません。その代わり、年金の支給額を半額に、介護サービス利用料の本人負担割合を50%にします」とでも言うのなら理解できる。

ついでに書くと、消費税を上げたら低所得者に金を配るという発想は馬鹿げている。

2012年2月 3日 (金)

ガッチガチの節分

肩こりがひどい。原因は言うまでもなく昨日の雪かきである。中学の先生が「昔の人は蛭(ひる)に血を吸わせて肩こりを治した」と言っていたのを思い出し、ならば献血に行って肩から血を抜いてもらおうかとアホなことを考えてしまうくらい肩がこっている。

それでも、指先を肩に付けたまま肩甲骨を目一杯動かすように腕をゆっくり回す運動を繰り返したおかげで、若干楽になった。

さて、今日は節分。黙って願い事を浮かべながら恵方巻を食べた。欲張っていろいろ願ったので、どれも叶わないかもしれない。いや、それは困る。

2012年2月 2日 (木)

この冬一番の大雪

朝、玄関ドアを開けると雪が押される音がして、足元に白い扇形が現れた。早速雪かきをしたものの、2時間ちょっとで逆戻り。

この冬初めて、日に二度雪かきをした。

そんな大荒れの今日、財布を買った。大安吉日だし、節分・立春の前に買い替えたら良い区切り、リフレッシュになると考えたからだ。

柔らかい肌触りが気に入り、予算より約1000円高かったのだが、長く付き合う物だから思い切って買った。満足満足。

2012年2月 1日 (水)

1円に泣いた男の決意

金銭出納簿の手入れをしたところ、実際の残金が帳簿上のそれより1円少ない。前回の手入れの後は最少10円単位までの支出だったので、レジで1円多く出したとも釣りが1円足りなかったとも考えられない。

それなのに何故?ともやもやしながら小銭ポケットのボタンをとめた時、くの字型にへこむべきポケットの側面がはみ出した。

これが原因だったか。スーパーで左手に財布を持ったまま買ったものを袋詰めしていた時に財布が上下逆になり、ポケットがはみ出して出来た穴から1円玉が転がり落ちたのだろう。

私は決意した。

僅か1円でもこんな形で失いたくない。財布を買い替える、と。

しかし、明日は最強寒波の影響で大荒れの予報。明日にでも買いたいけどなあ。


※これが1900件目の記事となりました。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ