最近のトラックバック

« 「心の荒廃」懸念 | トップページ | 忘れた頃にやって来るということは、 »

2012年1月30日 (月)

一足、いや十足くらい遅かった!

紅白歌合戦で北島三郎が風雪ながれ旅を歌う時の紙吹雪を彷彿とさせる雪が降る中、図書館へ行ってきた。

目当ての本が無い。図書館が購入していないのだ。しかし、折角来たのだからと、泉鏡花、江戸川乱歩、芥川龍之介の短編を一作ずつ、ざーーーっと読む。「人間椅子」を書いた乱歩は(良い意味で)変態さんだったと思われる。そして、この小説は私の記憶の一つを呼び覚ました。小学生の頃に考えていたことを。誰かに話したら気味悪がられそうで、口にしなかったことを。

それはさておき、問題はあの本だ。徒歩圏内にある他の図書館はどうだろう。図書館のホームページにアクセスし、蔵書検索をかけた。貸出中だった。

目当ての本とは、芥川賞受賞作「共喰い」が収められた、すばる10月号である。

« 「心の荒廃」懸念 | トップページ | 忘れた頃にやって来るということは、 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ