最近のトラックバック

« 不気味なほどに不思議な偶然 | トップページ | 「あげる」と「与える」 »

2011年11月19日 (土)

誤作動

一昨日、突然鳴り響くサイレンに起こされた。


「火事です。 火事です」と火災報知機が騒ぐ。だが、周囲に何の異常も無い。慌てて警報停止ボタンを押した。


取扱説明書によると、蜘蛛の巣、ほこり、虫に反応することがあるという。報知器から少し離れたところにほこりが付着した蜘蛛の糸を見つけ、こいつのせいとは思えないが、念のため除去した。


昨日、再び誤作動した。前日と同じように慌ててボタンを押した。報知器の近くに飛んでいる虫はいない。報知器のフタを開けたら、ダニの一種らしき小さな生物が数匹動いていた。まさか、これが原因?


2回とも部屋にいたからすぐに処置できたものの、留守中に再発しようものなら、近所の人たちや家主に迷惑をかけてしまう。やむなく電池を外した。


いつだったか、誤作動が頻発したために報知器をオフにしたら、その後本当に火災が発生して被害が広がった事例があったのを思い出し、さてどうしようかと悩んでいる。

« 不気味なほどに不思議な偶然 | トップページ | 「あげる」と「与える」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ