最近のトラックバック

« 逆の発想 | トップページ | 所有物の如く扱われる子供たち »

2011年11月22日 (火)

暴走した者たち

◇オウム真理教の刑事裁判が終結したけれど全容解明には至らなかったというのが、マスコミ各社に共通する論調である。
 おそらく、被告人自身もよく分かっていないと思う。マインドコントロールはお得意のくせに、セルフコントロールの能力を欠いていた(彼らの責任能力は否定しない)。


◇カジノにのめり込み、会社の金に手をつけた(正しくは、会社から借りた金の約8割を返済していないとのこと)大王製紙の前会長もまた、セルフコントロールができなかったようだ。
 この事件を通して、結婚相手に高収入を求める女性たちは学ぶに違いない。「収入は大事だが、支出内容はもっと大事だ」と。

« 逆の発想 | トップページ | 所有物の如く扱われる子供たち »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ