最近のトラックバック

« 誤作動 | トップページ | 逆の発想 »

2011年11月20日 (日)

「あげる」と「与える」

松本人志が、テレビの料理番組の出演者が「鶏肉に塩、こしょうをしてあげます」と言ったことを怒っていたが、私も「あげる」の誤用を不愉快に思っている。


「犬に餌をあげる」、「花に水をあげる」から既におかしいのだが、最近では「ハンバーグを煮込んであげる」などとのたまう御仁まで現れる始末。「わたしは万物に優しい人間です」とでもアピールしたいのだろうか?


一方で、スポーツ選手が「(プレーを通して)感動を与えたい」などとおっしゃる。あなたは社長か神様ですか?と問いたくなる。
(そもそも、感動を与えるためにスポーツをするというのが嘘っぽい。)


上下関係に合った言葉を遣っていただきたいものだ。

« 誤作動 | トップページ | 逆の発想 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ