最近のトラックバック

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

2011年の紅葉 公園編

FMでJUJUを聴きながら紅葉見物。乙なひととき。

2011年の紅葉公園編

黄緑から黄色、黄色から赤へのグラデーションが美しい。

2011年11月29日 (火)

ひとこと言っておけば、・・・

「白い恋人」の石屋製菓が「面白い恋人」の吉本興業とその子会社を訴えた。


吉本興業側が企画段階で石屋製菓に「面白い恋人を発売したいんですけど」と話をしていたら、裁判沙汰にはならなかっただろうに。

2011年11月28日 (月)

2011年秋のテレビドラマ

私が観ているのは、

(火曜)
 HUNTER(関西テレビ)
 カレ、夫、男友達(NHK総合)
 ビターシュガー(同)
(水曜)
 家政婦のミタ(日本テレビ)
(木曜)
 蜜の味(フジテレビ)
(日曜)
 南極大陸(TBS)
(月曜~土曜)
 カーネーション(NHK総合)

である。その他のテレビドラマは「気が向いた時だけ観る」、「観ない」、「観られる環境に無い」のいずれかに属する。


「家政婦のミタ」は思うところあって初回チェックすらしなかったが、評判が良いと知り、ためしに観たら面白かった。


「南極大陸」は、直近3回の関東地区の視聴率が13.2%、19.1%、13.4%と推移している。前々回の視聴率がぐんと伸びたのは、日本シリーズ第7戦中継を観た人がチャンネルをそのままにしていただけではなく、放送開始が延びたために、普段は南極大陸を録画しながら裏番組を観ている人が南極大陸もリアルタイムで観られたことも大きいと推測する。
「視聴率」として公表される数字に、録画して後で観る割合は含まれていない。しかし、観たい番組が同時に2つ放送される場合、大抵の視聴者は観たい気持ちが強いほうの番組、後で繰り返し楽しみたい番組を録画するはずだ。
録画された番組はCMを飛ばし再生されるからスポンサーは録画率を重視しない、だから視聴率に録画分はカウントされないという記事を読んだことがあるが、『番組の支持率』こそが最重要ではなかろうか。

2011年11月27日 (日)

馬鹿なことを言っちゃって。

五十嵐財務副大臣が消費税率引き上げ後には子ども手当増額もあり得ると言ったそうな。


私は消費税増税は社会保障のためのものと認識しているが、これは誤解なのか?


子ども手当増額のための消費税増税ならば大反対だ。


低所得者に配慮したいなら、食料・薬・医療費・光熱水費の消費税率を据え置くか微増にとどめればよい。子どもがいない(いなくなった)世帯にも配慮が行き届く。


【12月5日追記】
子ども手当を子育て支援施策と位置づければ社会保障に含まれますが、私はバラマキだと思っています。

2011年11月26日 (土)

脳の老化

テレビでちらっと見た若い女性の名前が思い出せない。


役者か、グラビアか、歌手か、歌手だったらどのグループに入っていたかと一晩考えても思い出せず、インターネット版のTVガイドをチェックして、《そうだ、あの番組にたまに出演する娘(こ)だ》と。


数ヶ月前にも若手の男優の名前が出てこなくて、エンドロールまで見る羽目になった。


年を取ったなあとしみじみ。

2011年11月25日 (金)

お金が倍になって返ってくるよ。

昨日買ったロト6は5口のうち2口が当たった。一度に2口当たったのは初めてだ。


1000円の支出に対し、2000円の当せん金。


ありがたや、ありがたや。


感謝しつつ、実家から送られてきたじゃがいもを煮るとしよう。

2011年11月24日 (木)

モテキ

中学生が集まっているバス停の前を通った直後に聞こえた「キモッ!」という女生徒の声は間違いなく私に向けられたものだ。わざわざご指摘をいただかなくとも、とっくに自覚しておりますよーだ。


そんな私が映画「モテキ」を鑑賞する。


森山未來がブサイクと言うのはリアリティが無い。しかし、本物のブサイクを起用すれば客が入らないから仕方が無いのは承知している。


まだ絶賛公開中につきネタばらしは控えるが、ラストが一足飛びで、すっきりしないまま帰らなければならなかった。長澤まさみが演じた女性の心情もいまひとつ理解できない。女性が観たら共感できるのだろうか?


と、文句ばかり書いてしまったけれど、麻生久美子は可笑しいし、真木よう子は地でやってるんじゃないかと思わせるほどはまっていて、映画館で観る価値はあると思う。

2011年11月23日 (水)

所有物の如く扱われる子供たち

我が子にアニメや出来の悪いケータイ小説に登場しそうなキャラクター風の読みにくい名前(DQNネーム、キラキラネームと呼ばれる)を付ける親がいる。


私には、彼らが子供をペットかアクセサリーと同列に並べているとしか思えない。この見解が的を射ているならば、実に恐ろしい話である。


なお、念のため付け加えておくと、同じ難読の名前でも、歴史、哲学等に由来するものは子供の人格や将来を意識した上での命名だろうから問題無いと思う。

2011年11月22日 (火)

暴走した者たち

◇オウム真理教の刑事裁判が終結したけれど全容解明には至らなかったというのが、マスコミ各社に共通する論調である。
 おそらく、被告人自身もよく分かっていないと思う。マインドコントロールはお得意のくせに、セルフコントロールの能力を欠いていた(彼らの責任能力は否定しない)。


◇カジノにのめり込み、会社の金に手をつけた(正しくは、会社から借りた金の約8割を返済していないとのこと)大王製紙の前会長もまた、セルフコントロールができなかったようだ。
 この事件を通して、結婚相手に高収入を求める女性たちは学ぶに違いない。「収入は大事だが、支出内容はもっと大事だ」と。

2011年11月21日 (月)

逆の発想

昨夜のNHKスペシャルはアレルギーの最新治療法を紹介していた。卵アレルギーの男児に10mgの卵の粉末を食べさせ、反応が出ないのを確認しながら徐々に量を増やし、ついにはまるまる1個(60g)をクリアさせる療法は非常に興味深かった。ドーナツを食べたいという男児の夢はそう遠くないうちに叶うだろう。いや、もう叶ったかもしれぬ。食物アレルギーの子を持つ私の親戚は番組を観ただろうか。
(注意:番組内でも呼びかけていたように、この療法は専門医の指導の下で行わなければならない。素人が我流でやると、最悪の場合、生命を落としかねない)


ちなみに、私はかつて首が痒くなったことがあり、「そういえば、あの店で食べたシーフードカレーのホタテが何だか怪しかった。あのホタテのせいだ」と自己診断して以来、ホタテを避けている。しかし、実際に私がホタテアレルギー患者だとしても、克服したいとは思わない。元々、そんなに好きでもなかったから。

2011年11月20日 (日)

「あげる」と「与える」

松本人志が、テレビの料理番組の出演者が「鶏肉に塩、こしょうをしてあげます」と言ったことを怒っていたが、私も「あげる」の誤用を不愉快に思っている。


「犬に餌をあげる」、「花に水をあげる」から既におかしいのだが、最近では「ハンバーグを煮込んであげる」などとのたまう御仁まで現れる始末。「わたしは万物に優しい人間です」とでもアピールしたいのだろうか?


一方で、スポーツ選手が「(プレーを通して)感動を与えたい」などとおっしゃる。あなたは社長か神様ですか?と問いたくなる。
(そもそも、感動を与えるためにスポーツをするというのが嘘っぽい。)


上下関係に合った言葉を遣っていただきたいものだ。

2011年11月19日 (土)

誤作動

一昨日、突然鳴り響くサイレンに起こされた。


「火事です。 火事です」と火災報知機が騒ぐ。だが、周囲に何の異常も無い。慌てて警報停止ボタンを押した。


取扱説明書によると、蜘蛛の巣、ほこり、虫に反応することがあるという。報知器から少し離れたところにほこりが付着した蜘蛛の糸を見つけ、こいつのせいとは思えないが、念のため除去した。


昨日、再び誤作動した。前日と同じように慌ててボタンを押した。報知器の近くに飛んでいる虫はいない。報知器のフタを開けたら、ダニの一種らしき小さな生物が数匹動いていた。まさか、これが原因?


2回とも部屋にいたからすぐに処置できたものの、留守中に再発しようものなら、近所の人たちや家主に迷惑をかけてしまう。やむなく電池を外した。


いつだったか、誤作動が頻発したために報知器をオフにしたら、その後本当に火災が発生して被害が広がった事例があったのを思い出し、さてどうしようかと悩んでいる。

2011年11月18日 (金)

不気味なほどに不思議な偶然

昨日(17日)、Youtubeをハシゴして音楽鑑賞していた時、ふと川本真琴を久々に聴きたくなり、検索をかけた。


明けて今日、ヤフーニュースで川本真琴が16日夜に交通事故に遭ったと知った。


何という偶然。驚いた。

2011年11月17日 (木)

偉い人、偉そうな人

今日の「ごきげんよう」で小堺一機が、黒澤明が志村喬に「偉そうに歩くんじゃありません。偉い人が歩いているんです」とダメ出ししたというエピソードを紹介していた。


私も前々から思っている。既にこのブログに書いた気がするが、何度でも書く。


本当に偉い人は偉そうにしない。偉そうにしなくても、自然と尊敬される。


メディアで大物と呼ばれる歌手Aがスタッフを顎で使っていた、歌手Bは「こんな小さな会場で歌わせるのか!」と文句を言っていたと聞いた(だったら、出演依頼が来た時に会場の規模を確認すればいいのにね)。私はAもBも偉そうなだけで偉くはない、大物ではないと思ったものだ。


いや、Aは今は大物かもしれない。震災後、避難所をまわって、10人くらいの前でも歌って励ましたらしいから。

2011年11月16日 (水)

パブロフさんちの犬の如く

高島礼子が出ているCMの「♪生え際に」を聞くたびに、私の脳内では「♪生え際に 寝返り打って~」という替え歌が流れる。


生え際に寝返りなんて打てないけどね。

2011年11月15日 (火)

むしろ買えない。

スーパーで、袋入りのひるぜん焼そばの前で足を止め、でも、カゴに入れたらレジの人に「はは~ん、こいつB-1グランプリのゴールドグランプリ(1位)受賞に影響されたな」と見抜かれるのは必至だから買わなかった。


シルバー(2位)の津山ホルモンうどんは現地で食べた。ひるぜん焼そばも一度現地でいただきたいものだ。

2011年11月14日 (月)

煙草を吸う女

全館禁煙のビルの一室で、女が周囲の目も気にせず煙草を吸う夢を見た。


女性は実在するが、喫煙するのを見たことが無いし、そういう噂を聞いたことも無い。


私は彼女を嫌ってはいないが、苦手だ。それなのに、たまに夢に出てくる。


「夢に知人が出るのは、知人のほうが夢を見る人間を想っているからだ」と唱える人がいる。しかし、彼女が私を想っているとは考えられない。

2011年11月13日 (日)

11月なのに!

昨日、目の前を虫が飛び去るのが見えて、その直後、鼻の下が痒くなった。


蚊取り線香を棚から出して焚いたところ、案の定、一匹の蚊が床すれすれの弱々しき低空飛行。


紙で挟んで広げると、つぶれた蚊の周りが私の血に染まっていた。


11月の、それも中旬に蚊に刺されるなんて、過去に経験した記憶が無い。


おかしいよ、地球。

2011年11月12日 (土)

何て協議するの?

昨夜、野田首相が、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉参加に向けて関係国と協議に入ると表明した。


どんな協議だ?「私たちも交渉のテーブルについていいですか?」ってアメリカ、オーストラリア等にお伺いを立てるの?もしそんな姿勢だったら、絶対丸め込まれるぞ。

***************
【11月20日加筆】
言葉足らずだったようなので加筆します。
交渉に参加するには関係国の承認が必要ですが、だからといって、あまり低姿勢で臨むとナメられますよと言いたかったのです。
***************


「参加する」ときっぱり宣言できなかったのは、反対派を黙らせるだけのメリットを提示できないからだと私は思う。

2011年11月11日 (金)

或る峠の紅葉

ブログを休んでいる間、母の提案を受け、父を含めた3人で紅葉を見に行った。


しかし、今年は10月に気温が下がらなかったせいか、数年前ほど綺麗じゃないと両親は口を揃えるのだった。



或る峠の紅葉

2011年11月10日 (木)

助かってほしかった。

トルコ東部の地震でホテルが倒壊し、宿泊していた「難民を助ける会」の日本人スタッフが亡くなった。先月の本震の被災地支援のため、滞在していたとのことである。


ホテルは本震で相当なダメージを受けていたのではなかろうか?


ところが日本でやるような危険度判定が行われず、又は判定が甘かったために、営業を継続していたのではなかろうか?


人助けに行った人が犠牲になるというのは尚更辛い。


2011年11月 4日 (金)

信じ足りない私が悪い。

ホームセンターAは価格がやや高めなのだが、先日のチラシに誘われて湯たんぽを買った。その後、何となくホームセンターBに寄ってみると、同等品にA店よりも182円安い値がついていた。B店はチラシに載せていなかったにもかかわらず、である。


B店のほうが全般的に安いと知りながら、A店のチラシに惑わされ、悔やむ日々。


これからはもっとB店の安さを信じよう。

2011年11月 3日 (木)

どうなる?ギリシャ

ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥りそうだから円高が進むというのは、とばっちりを食わされているようで納得がいかない。
(海外旅行者や輸入品を買う人たちは喜んでいるかもしれないが。)


さて、EUが財政の緊縮を条件に支援を持ちかけているのに対し、ギリシャ国民は支援受け入れ反対派が多い反面、ユーロ圏から離脱したくないというのが世論調査の結果だったとか。緊縮はお断りだけど見捨てないでなんて、いいとこ取りできる状況じゃないのに。

2011年11月 2日 (水)

過言ではないことはない。

青木隆治や、“女青木隆治”なる異名を付けられて登場した荒牧陽子の歌真似を『奇跡の歌声』と言うのは過言だと思う。


あくまで私の主観だが、全部が全部そっくりではない。
(青木のラルクアンシエル、荒牧の坂本冬美は上手い。)


番組の予告スポットで荒牧が椎名林檎の「ここでキスして」を歌うのを聞いたが、似ていない。前に聞いた八神純子の真似は島谷ひとみと言い換え、いきものがかりの真似は持田香織と言い換えたほうがいい。

2011年11月 1日 (火)

一流企業らしからぬ勧誘

昨夜、クレジットカードの会社から保険勧誘の電話がかかってきた。先日、ダイレクトメールを送ったが、忙しくて読んでいない方もいると思い、電話でも案内しているという。


確かに先日、郵便が届いたが、私は開封しなかった。封筒に印刷された文章を見ただけで、私には不要のものと判断したからだ。


電話の相手は保険料と保障内容をスラスラと述べた。私が「保険にはもう入っていますから」と言ったのに、また一から説明した。手元にある台本を読み上げているのだろう。


今度は「加入する考えはありません」ときっぱり言った。これで相手は、もし加入したくなったら連絡をくださいというような一言を残して受話器を置くはずだと思いきや、また「保険料は月に何円で・・・」とやり始めた。


この会社のカードを使わせてもらっている立場であり、なるべく丁寧に接したかったが、怪しい会社の投資勧誘並みのしつこさに、私は怒りを抑えられなくなった。


「何回同じことを言うんですか?加入する考えはありませんので、電話を切らせていただきます」


耳から受話器を離しても相手がまだ何か言うのが聞こえたが、構わず切った。


それでも怒りが収まらず、明日会社に電話して、天下の(企業名)がインチキ会社みたいな真似はしなさんなと説教してやろうと封書を開けた。


保険の内容についての問い合わせ先はフリーダイヤルで、今後の郵便・電話を断る電話は有料だった。馬鹿らしくなり、抗議する気が失せた。今思えば、それが向こうの作戦なのかもしれない。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ