最近のトラックバック

« 他社も真似してほしいサービス | トップページ | 有川博さん逝く »

2011年10月17日 (月)

南極大陸

昨日始まった「南極大陸」(TBS)の関東地区視聴率が20%を超えたそうで。


誰が良いって、いろんな人が良かったけど、一番はナレーター・奈良岡朋子である。上手い。影の主役だ。


頭の提供読みに田口トモロヲを起用したのは、彼がナレーションを務めた「プロジェクトX」を意識しているのだろう。


どうなんだろうと引っかかったのは2点。


1.昭和30年頃の話なのに、今風の言葉遣いが若干入っていたこと。
 文頭に「なので」を遣うのは、21世紀に入ってからではなかろうか。


2.昭和30年頃の話なのに、北海道大学教授宅にテレビがあったこと。
 当時はまだ大金持ちしかテレビを持てなかったと思うが、大学教授はリッチだったのか?
 そもそも北海道のテレビ放送は始まっていたのかと疑問を抱き調べたら、道内初のテレビ局開局は昭和31年12月(NHK札幌)。南極観測隊が日本を出発したのはその前月。
 ラジオを聞く設定では物足りなかったか?

« 他社も真似してほしいサービス | トップページ | 有川博さん逝く »

映画・テレビ」カテゴリの記事

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ