最近のトラックバック

« そのまま評価できない数字 | トップページ | 罠だってば! »

2011年10月28日 (金)

しわい子

小学校低学年の頃の連絡帳に『○○先生も「あの子(私のこと)はしわい子だ」と言っていました』という旨の担任の記載があったのを憶えている。


当時から現在まで、私は人の性格を「しわい」と表現したことは無く、正確な意味も知らない。しかし、安物の噛み切れない肉を食べた時に「この肉、しわいなあ」と言うから、頑固、素直じゃないというような悪い意味だろうと類推できる。


担任はおそらく、いや、明らかに私を嫌っていた。嫌われる原因を作ったのは私だが、担任の私に対する言動には私の非の何倍もの大きさの嫌悪が込められていた。


両親は悩んだと思う。ところが、両親は私を責めなかったばかりでなく、少なくとも私の前では担任の悪口なども言わなかった。私が長じてからやっと「あの先生は・・・」と数回、短く批判しただけである。その点で、私は両親に感謝し、尊敬の念を抱いている。

« そのまま評価できない数字 | トップページ | 罠だってば! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ