最近のトラックバック

« 夏日! | トップページ | レコーディング節電 »

2011年8月20日 (土)

全国高校野球選手権大会が終わって

高校野球(硬式)は母校が県大会で早々に敗退してからは、「被災地の高校が全国優勝したらいいなあ」程度の関心しかなかったが、甲子園の中継が始まるとちょくちょくチャンネルを合わせるようになった。


習志野高校吹奏楽部の応援が一番の楽しみだった。ある作曲家が「良い音は音量が大きくてもうるさく感じない」と言ったが、それを実証するような演奏だった。日大三高戦では2年生・3年生がコンサートに出演するため、1年生のみによる応援となったが、それでも良い音を響かせていた。


試合自体もまさかの逆転劇が何度か繰り広げられ、人生も諦めなければ逆転できるのだろうかなどと考えさせられた。

« 夏日! | トップページ | レコーディング節電 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ