最近のトラックバック

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

不謹慎テロップ事件の検証報告書を読む。

東海テレビの不謹慎テロップ放送事件(番組リハーサル用に作った「怪しいお米 セシウムさん」等のテロップが本番中に放送された事件)の検証報告書を読んだ。


テロップを作成した男性スタッフは、女性スタッフに「不見識だ」、「(こんなテロップは)使えません」などと注意され、「はい、はい、はい」と返事したそうだが、当の本人は修正依頼とは認識していなかったという。


それは嘘だろう?認識していながらわざと応じなかったんだろう?と疑いたくなるが、検証委員会が本人や上司、他のスタッフに話を聞いた限り、会社を困らせて恨みを晴らすとか、東北の人を傷つけるといった意図は見つからなかったのことである。


では、本当に認識が無かったのか?


男性スタッフの仕事ぶりについては普段から評価が低く、テロップの修正依頼が殺到すると落ち着きを失い周りが見えなくなることがあったということから、私が推測するに、このスタッフは度重なる叱責から自己防衛するため、叱責されると心の耳を塞ぎ、でも聞いているかのように振舞う方法を身につけたのだろう。


報告書に指摘されているとおり、チェック体制の不備やコミュニケーション不足もあるだろうが、結局は“人”の問題なのかなあと思う。制作会社は男性スタッフの配置転換を検討していたそうで、それをすぐに実行していれば、事件が起きることも、このスタッフを懲戒解雇することも無かったのに。

2011年8月30日 (火)

滝口順平さん逝く

滝口順平さんが(昨日)亡くなった、しかも80歳だったと知り、二度ビックリさせられた。


「ぶらり途中下車の旅」は当地で放送されているかどうかすら把握していないが、たまに観る「ぴったんこカンカン」で名調子を拝聴していた。ベテラン声優(や歌手)の声を聞き、寄る年波には勝てないなあとしんみりすることが少なくないが、滝口さんの声はタイムボカンシリーズの頃と変わらなかった。


80歳まで声をキープするために、いろいろと節制や苦労をなさったことだろう。ご冥福を祈りつつ、お疲れさまでしたと申し上げたい。

2011年8月29日 (月)

民主党代表選が終わって

鹿野農相の演説はあまりに芝居がかっているために、かえって響かないぞ。


それはさておき、


民主党代表選は海江田経産相と前原前外相の一騎打ちになるかと思いきや、1回目の投票で2位につけて決選投票に進んだのは野田財務相だった。そして、海江田候補を下した。意外。


しかし、子ども手当て見直し等に関する三党合意の反古に言及した(とんでもない話!!)海江田候補、外国人献金問題で外相を辞めてから半年も経っていない前原候補に比べると、野田“首相”のほうが野党との関係が改善する可能性は高そうだし、日本にとっても多少は喜ばしい結果と言えるのではなかろうか。


次に注目すべきは党人事と閣僚人事だ。小・鳩集団との距離はどうなる?

岡村植松

父方の墓参りの最中に見知らぬ長身の中年男性がやって来て、墓を探していると言う。私が誰の墓かと尋ねると、岡村植松と答えた。私は墓探しを手伝うことにした。


当ブログ定番の夢ネタである。


岡村植松って、誰?

2011年8月28日 (日)

通報していた。

一昨日触れた7歳児の虐待死事件の詳報・続報が新聞に載っていた。


亡くなった子は児童養護施設に入っていたが、今年の3月から親と暮らすようになった。その後、継父に殴られたことを学校が知り、行政も親に事情を聞くなどしていた。


ということは、親が「もう手を出しません」とか何とか言い、それに同居を始めたばかりだったから、しばらくは見守る方針で対応していたのかなあと想像する。

2011年8月27日 (土)

やっぱりダメだよ、小選挙区制。

このところ、「首相がコロコロ変わる日本は外国に信用されない」という報道が目立つが、根本的原因は小選挙区制にあると思う。


前にも書いていたが、日本に二大政党制はなじまない。国会がねじれている以前に、民主党内がねじれているじゃないか。


次期首相はあの人かあの人になるんだろうけど、どっちが就任してもドタバタが続きそうな予感。

2011年8月26日 (金)

通報したのか?

大阪市に住む7歳の男児の虐待死を伝えるテレビのニュースで、近所の人が、親(容疑者)がしょっちゅう男児を怒鳴りつけていた旨の証言をしていたが、児童相談所等に通報した人はいなかったのだろうか。


暴行の現場を見ていなくても、しつけの域を越えていそうだと感じたら通報すべきだったし、通報があったのであれば、受け付けた機関が何故適切に対応できなかったのか、徹底調査すべきである。


ところで、この事件も子持ちの女性が再婚した家庭(実母と継父の組み合わせ)で起きてしまった。勿論、そういう家庭で必ず虐待が起きるわけではないが、「嗚呼、またかよ」という思いを禁じ得ない。

2011年8月25日 (木)

年に数回見る夢

昼寝をしたら、またあの夢を見た。


退職後もそこで引き続き無報酬で働く話だ。無報酬は私が望んだから、つまりはボランティアという設定になっている。


今回は、上司が私をタダ働きさせた責任を取らされそうになり、私がタダでいいと言ったのにと弱っているところで目が覚めた。


退職から4年5ヶ月になろうとしているが、やはり後悔は無い。にもかかわらず、こんな夢を見る不思議。

2011年8月24日 (水)

島田紳助さん引退

(※今日から一般人とのことなので、敬称を付けています。)


昨夜9時頃、島田さんが10時から進退に関して緊急会見を開くとのニュースをネットで見た時は、懐疑の念を抱いた。新企画立ち上げの発表か、さもなければ何らかの病が見つかり当分の休業を宣言するのだろうと予想した。


だが、会見の内容は事前報道のとおりであり、しかも、昨日限りで引退するという、まさに急なものだった。


**********

《私なりにまとめた彼の発言の主旨》

 吉本興業に暴力団関係者との親密な交際を指摘されたが、直接連絡を取ったことは無く(友人を介してメッセージをやり取りしていた)、会ったのも4~5回と、問題にされない付き合いにとどめているつもりだった。
 しかし、吉本興業からはそういう付き合い方もアウトだと言われ、自分の認識の甘さを反省し、自ら引退を申し出た。

**********


これが本当ならば、長めの謹慎で十分だったのではないか。むしろ、今にして思えば、2004年に吉本興業の女性社員を殴って負傷させた時のほうが引退のタイミングだったのではないか。


羞恥心の歌が当たってクイズ!ヘキサゴンⅡ(フジテレビ)で歌謡ショーをやり始めた頃からオールスター感謝祭(TBS)とM-1グランプリ(テレビ朝日)以外の彼の出演番組をあまり見なくなったが、両親はヘキサゴンやプロデュース大作戦(TBS)を好んで視聴していたから、残念がっているかもしれない。

2011年8月23日 (火)

サリーよ、お前もか。

サリーが順調に稼動していると書いた昨日、サリーの配管で毎時3シーベルトが計測されるトラブルが発生していた。


何時になったら落ち着くんだ?

2011年8月22日 (月)

結果オーライだけど、・・・

福島第一原発で国産の汚染水浄化装置が順調に稼動していると聞いて、誇らしく思っていたのに、今日の新聞によると、設計したのはアメリカの企業だったというオチ。


国産装置に「サリー」と名付けられたのがずっと腑に落ちなかったけど、そういうことだったか。


ちゃんと浄化してくれるなら、どこ産でも構わない。でも、ちょっと悔しい。

2011年8月21日 (日)

レコーディング節電

食べた物を記録することで食事量を自覚し、過食防止・減量につなげていくというレコーディング・ダイエットにならい、パソコンの使用時間をメモし始めた。


今日は4日目だが、日ごとに時間が短くなっている。このまま続ければ、何となくダラダラとネットサーフィンをしてしまう回数は減りそうだ。

2011年8月20日 (土)

全国高校野球選手権大会が終わって

高校野球(硬式)は母校が県大会で早々に敗退してからは、「被災地の高校が全国優勝したらいいなあ」程度の関心しかなかったが、甲子園の中継が始まるとちょくちょくチャンネルを合わせるようになった。


習志野高校吹奏楽部の応援が一番の楽しみだった。ある作曲家が「良い音は音量が大きくてもうるさく感じない」と言ったが、それを実証するような演奏だった。日大三高戦では2年生・3年生がコンサートに出演するため、1年生のみによる応援となったが、それでも良い音を響かせていた。


試合自体もまさかの逆転劇が何度か繰り広げられ、人生も諦めなければ逆転できるのだろうかなどと考えさせられた。

2011年8月19日 (金)

夏日!

12日に本を受け取った後、実家に帰り、掃除、墓参り、料理などをして過ごした。


実家の扇風機やエアコンに頼りきった身体を元に戻すのは大変だろうと思っていたら、今日は最高気温が30度を下回り、過ごしやすかった。


週間予報では一番暑い日でも32度となっている。そうなってくれると助かる。

2011年8月12日 (金)

待っている男

昨日、ネット通販で注文していた本を発送したとのメールが届いた。


それで今朝から運送業者(仮にA社としよう)のホームページに何度もアクセスし、配達状況を調べるのだが、昨日の夕方に送り主の地元の営業所を出たというところで止まっている。


B社なら、今日の午前10時までには当地の営業所に届くのに。


と書いて、はたと気付いた。


お盆の渋滞に巻き込まれたか?


当地の営業所に電話をかけてみる。


既に当地の配達車両に移されているとのこと。


配達時間帯を指定していなかったので、「今すぐ持って来い」とは言えない。


今日中に帰省できるか否かはドライバーにかかっている。


頑張れ、ドライバー。



※次の記事は来週末にアップする予定です。

2011年8月11日 (木)

ほぼ確率どおり

東日本大震災(いまだにこの呼称に違和感がある)から5ヶ月の今日、復興宝くじの抽せんが行われた。


33.3枚に1枚(100枚に3枚)の末等1,000円が当たった。私が買ったのは30枚で、ほぼ確率どおりの結果となった。


第2弾の復興宝くじが販売されたら、可能な範囲で買おうと思う。

2011年8月10日 (水)

どっちがいいの?

東京電力は契約者に節電をお願いしているけど、裏を返せば「我が社の収入を減らしてください」と言っているわけで、そうすると原発事故被害者への補償費用はどうなるの?


節電が進めば発電のコストが下がって増益するの?


節電してもらうのと、電力を使ってもらうのと、本当はどっちがいいの?


というのが、数ヶ月前からの私の疑問。

2011年8月 9日 (火)

1829分の1

回転寿司店へ行った帰りに宝くじ売り場でミニロトを買った。


さっき、当せん数字を確認したら、何と3等。4月28日のロト6以来の当せん。


12,100円ゲット!!


ありがたやありがたや。公共料金の支払い等に充てさせていただこう。

2011年8月 8日 (月)

試しても 合点がいかぬ こともある

先月のNHK総合「ためしてガッテン」で紹介された、そうめんをフタ付きフライパンと少量の水でゆでる方法を実践してみた。


フライパンの形状が悪いのか、麺の両端に水分が行き渡らず、失敗。


ゆで卵は成功したけど、そうめんは鍋でゆでるに限る。というのが、私の結論である。

2011年8月 7日 (日)

明日も暑い?

当地は猛暑日になるらしい。


久し振りにビールを飲みたいが、他に支出したいことがあるので我慢我慢の夜。

2011年8月 6日 (土)

広島に原爆が落とされた日に考えたこと

核廃絶と脱原発を一括りすることに違和感を覚える。



なぜなら、放射能の脅威を無くすという点では共通しているが、核廃絶は平和運動で、脱原発はエネルギー問題。別物だ。



いや、待てよ。人間は石油を巡って争いを繰り返してきた。戦争とエネルギー問題は切っても切れない関係にある。




では、一括りにしていいのか?むしろ、そうすべきなのか?



分からん。またの機会に改めて考えてみよう。

「怪しいお米 セシウムさん」事件の続報

4日のブログで触れたリハーサル用不謹慎テロップ放送事件の続報をネットと新聞で読む。


テロップはCG制作会社のスタッフがふざけ心で作成し、これに気付いたタイムキーパーが直すよう求めたものの、スタッフは聞き入れなかったという。


悪ふざけスタッフとタイムキーパーの関係、又はCG制作会社と東海テレビの関係があまり良くなかったのだろうか?

2011年8月 5日 (金)

プロの一言

修理してもらったばかりの腕時計を外して机上に置き、翌朝見たら針が止まっていた。デジタル表示も消えている。


また時計屋へ。


前回の修理依頼、引き取りの時とは違う50代とおぼしき男性店員に「もう寿命ですかねえ」と話しかけると、


「お金(修理代金)を払っていただきましたでしょう?修理して『問題なく使えます』と言ってお渡ししたんですから、寿命とは言えません」


この返答に私はすっかり感服した。この店を選んで良かったと思った。

2011年8月 4日 (木)

的外れ謝罪文

今日放送の東海テレビの番組内で、岩手県産米プレゼントの当選者名を「怪しいお米」、「汚染されたお米」、「セシウムさん」と字幕表示する事件(私はあえて事故と呼ばない)が起きた。リハーサル用に作成した仮テロップを誤って出してしまったとのこと。


東海テレビのホームページにアップされた謝罪文には、『担当者の認識不足』、『改めてコンプライアンス意識を徹底させました』とあるが、担当者は認識のみならず、思いやり、想像力も欠けている。事件発生から半日も経たないうちにコンプライアンス意識を徹底できたというのも有り得ない話だ。


こんな的外れの謝罪文では、心から反省しているのか、また、再発防止に本気で取り組むのか、疑いたくなる。

2011年8月 3日 (水)

復刻版スプライト

昔のデザインのスプライトが復活。



だけど、瓶じゃないのが残念だ。


テレビCMが八神純子の歌入りでリメイクされなかったのは、もっと残念だ。

2011年8月 2日 (火)

笑う店員 笑う客

このところ店員さんがらみの話が多いけど、まあ、いいや。


《笑う店員》


薬局のレジ係の女性が笑った。その直前に誰かが笑わせることをした形跡は無い。私が持って行った商品を見て笑ったとしか思えない。


確かに、基本的に男しか使わない髭剃りローションに、女性向けの洗顔石鹸の組み合わせは奇妙だろうよ。


“シミが消える”ってチラシに書いてあったから、試してみたくなったのさ。悪いか?
(※効果が出れば、商品名を紹介します。)


《笑う客》


昨日の記事の続き。


ホームセンターに宮城県産米があったが、その横の岩手県産米を選んでしまった。


岩手なのに『あきたこまち』というのがちょっと可笑しかったので。

2011年8月 1日 (月)

買いたかった。

チラシで見た福島県産コシヒカリを求めて某店へ行ったが、米売り場に無い。諦めて帰ろうとした時、若い店員が商品を補充しに来た。台車にも福島米は無い。私は尋ねてみた。


「売り切れました。すみません」


原発事故で敬遠する客が多いと考え、仕入れの数自体を少なくしていたと言う。


『販売者がそんな考えじゃダメでしょう。今年作る米を敬遠するのは分からなくもないが、昨年収穫された米ですよ。しかも、今問題になっている稲わらは野ざらしにしていたから放射能に汚染されてしまったけど、米を室外に保管する農家・農協はいません。それを販売者が消費者にきちんと説明しないと』


と注意したい気持ちもあったが、彼に言ったところでどうなるものでもないと思い、「そうでしたか」とだけ言って店を後にした。


別の店のチラシに宮城県産米が載っていた。そっちの在庫があれば、買うつもりだ。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ