最近のトラックバック

« 水戸黄門、年内終了 | トップページ | 「“元気がいい”と“騒々しい”は違う」 »

2011年7月16日 (土)

フェルメールからのラブレター展

先日、京都市美術館で開催中の「フェルメールからのラブレター展」に行ってきた。


自分が描いた絵が300年以上保管され、遠い日本の人々に見られるなんて、フェルメールは予想もしなかっただろう。




フェルメールからのラブレター展


海外の絵画所有者が余震や放射能の影響を恐れたために中止になった展覧会が少なくない中、作品を貸し出してくださったオランダ、アメリカ等各国の関係者の方々に感謝する。


しかも、京都の次には宮城で展示するというから、ますますうれしい。

« 水戸黄門、年内終了 | トップページ | 「“元気がいい”と“騒々しい”は違う」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ