最近のトラックバック

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

腕時計、復活。

腕時計の修理が完了したとの連絡を受け、一昨日受け取りに行った。


修理依頼の時とは違う男性店員が「何年くらい使っていらっしゃるんですか?」


「26年です」


「でしょうねえ」


世間の腕時計平均使用期間はどのくらいなんだろう?


携帯電話で時刻を確認するため腕時計を持たないという人もいるが、バッグやポケットからいちいち電話を引っ張り出すなんて面倒じゃないのか?
(映画館や劇場でディスプレイを光らせる奴等には本当に腹が立つ。)

2011年7月30日 (土)

東日本大震災復興宝くじが、

発売されたということなので、私も買おうと思う。


さらに、盆前に実家に帰る前に米が無くなるので、福島県産米を買ってつなげようと思う。


福島県は東(沿岸)は津波と原発事故、西(内陸)はこのたびの豪雨。あんまりだ。

2011年7月29日 (金)

何だよ、もう。

地震に関しては震度6以上の余震が来ないから、その方向で終息に向かって行くと思うのだが、そしたら今度は、先日の九州、四国、今日の新潟・福島の大雨。


海外も含めて災害続き。


何だよ、もう。としか言えない。

2011年7月28日 (木)

ためしてガッテンをためしてみた。

昨日のNHK総合「ためしてガッテン」で、フタ付きフライパンと少量の水でゆで卵を作る方法を紹介していた。


出演者は絶賛していたが、従来の調理法(鍋にひたひたに水を入れる)と出来がそんなに違うのか、確かめてみたくなった。


というわけで、本日実践。


〈結果〉
・加熱中に卵が動かないため、従来の方法よりも黄身が偏る。
・味は大差なし。


味に大差がなければ、調理時間が短く、水とガス(又は電気)を節約できるフライパン式が良いに決まっている。


〈注意事項〉
番組ホームページにも書いてあるが、予定時間より早く水が蒸発することがある。実際、今日はそうなった。だから、火(又はヒーター)を止めるまでフライパンから離れてはいけない。

2011年7月27日 (水)

檀れい&及川光博 結婚を発表

このニュースをニフティのトップページで知った。


「相棒」での共演がきっかけか?と思ったら、やはりそうだった。でも、ちょっと意外な感じがしている。


とはいえ、おめでたいことに変わりは無い。末永くお幸せに。

2011年7月26日 (火)

ユニークな読み方

ラーメン屋で料理を待っていると、少し離れた席に2人組の若い男性客が座った。


「つけ麺のダイモリと・・・」


42年弱生きてきて、大盛をダイモリと読む人に初めて遭遇した。


「つけ麺のダイ(大)」と言うつもりだったのに、勢い余ってモリをくっつけちゃったんだね。きっとそうだね。

2011年7月25日 (月)

擬人化

昨日、24時が近付くと、テレビのアナログ放送は各局ともお礼のメッセージを残し、早いところは23時59分に停波した。


砂嵐の画面を見ていると、何だかテレビが死んだようで、切なくなった。


0時30分頃には、アナログのレコーダーが番組表データの受信作業を始めた。まるで恋人が去ったとも知らず、待ち合わせ場所にずっと立っている人みたいだ。私はチャンネル設定をリセットし、無駄な作業をやらずに済むようにした。


アナログ放送、ありがとう。

2011年7月24日 (日)

27時間テレビの感想(2)

ラブメイト10が毎年駆け足になってしまうので、来年からは先にランキングを発表したほうがいい。そうすれば、尋ね人の情報も得られやすくなる。


マツコ・デラックスの原稿読みはなかなかのものだ。無論、技術的には訓練を受けたアナウンサーや俳優には及ばないが、声に温かみがある。ほのぼの系ドキュメンタリーのナレーションなんかピッタリだと思う。


PR特番で伏せられていた東海テレビ警備員の歌は予想外だった。何人も泣いていたから、よほど上手いんだろうと楽しみにしていたが、そっちだったか。

2011年7月23日 (土)

予言しましょう。

明日の昼はいつもの日曜に比べてテレビの稼働率が大幅に高くなるに違いない。


アナログ放送終了の瞬間を見届けるために。

27時間テレビの感想(1)

モジモジ君は生放送向きではないと思った。


食わず嫌い王をやったほうがよかったんじゃないかなあ。

2011年7月22日 (金)

ツイッター騒動

女子サッカー日本代表(いわゆるなでしこジャパン)の一選手の飲み会での言動を、同席した男子大学生がツイッターで実況中継した件について、当該選手、日本代表監督、大学生が在籍する大学の三者は謝ったけれど、肝心の大学生のコメントが出てこない。


選手と監督はツイッターへの投稿内容を事実ではないと否定している。それに対する反論の有無を含めて、大学生の心境も知りたいものだ。


ところで、選手は「今後そういう場には行きません」と言ったそうだが、今回の大学生みたいな人物がまぎれ込んでいないと事前に確認できれば、合コンでも食事会でも行けばいいと思う。

2011年7月21日 (木)

土用の丑の日

ということで、夕食は、うなぎのちらし寿司としじみの味噌汁。

土用の丑の日

買ったばかりの携帯電話(2代目)のカメラで撮影。


薄くて軽いのに画面のサイズは初代の約1.5倍。温・湿度計、万歩計の機能付き。わずか6年で携帯電話はここまで進化したのかとすっかり魂消ている。


そして、操作方法が分からず、戸惑っている。

2011年7月20日 (水)

情報格差を是正せよ。

テレビのアナログ放送終了まであと4日(宮城・岩手・福島の3県を除く)。それまでにワンセグ放送を見られる携帯電話を入手し、裏番組を視聴できるようにしなければならない。


ところで、数日前のネットのニュースで知ったのだが、徳島や佐賀には民放(地上波)が1局しかない。そのため、周辺の府県から電波をキャッチして他のキー局の番組を見ていたのに、デジタル放送の電波はアナログほど飛ばないから、24日以降はケーブルテレビに加入しなければNHKと合わせて3局しか受信できなくなる地域があるという。


この問題は前にも取り上げたことがあるが、本当に何とかならないのか。ケーブルテレビは工事費、毎月の料金など結構な金額になる。そもそも、ケーブルテレビがカバーできていない地域もあるのでは?


ケーブルテレビに加入しなくても、5つのキー局(TBS・フジ・日テレ・テレ朝・テレ東)のうち少なくとも3つの(系列)局の番組が全国どこでも視聴できる態勢を整えるべきだ。

2011年7月19日 (火)

原田芳雄さん死去

今日午前、原田芳雄さんが亡くなってしまった。


11日の試写会の映像を私も見た。痩せ細り、歩行も発声もできない状態で、「もう長くないのでは?」と感じた人もいたようだが、私は復帰できない可能性を考えもしなかった。ドラマを降板する2~3ヶ月前まではお元気そうだったから、そのうち体重が戻り、車椅子も要らなくなると確信していた。


映画は「父と暮せば」(←傑作!)、テレビドラマは「不毛地帯」が印象深い。公開中の「大鹿村騒動記」にも元々興味があり、県内で上映してほしいと願っている。


ご冥福をお祈りします。

2011年7月18日 (月)

可哀想な選手たち

女子サッカーのワールドカップも『期待しない』スタンスで観ていた。日本代表が敗れてもがっかりしたり腹を立てたりしないように。


やっと優勝したばかりなのに、早速オリンピックに期待する奴等。そうやってプレッシャーで選手を潰し、メダルが獲れなかったらバッシングするんだろ?


ひどい話だねえ。

2011年7月17日 (日)

「“元気がいい”と“騒々しい”は違う」

タイトルの言葉は、今日放送されたNHKアーカイブスにゲスト出演したいしだあゆみが、向田邦子によく言われたというものである。


この違いは、品を保っているか、たががゆるんでいないか、といった点が基準になるのだろう。そう考えると、昨今のテレビ番組はまさに“騒々しい”のが多いかなと思う。


向田邦子が健在ならば、今年82歳。エッセイなどを通じてテレビ業界に対する鋭い批判を展開したかもしれない。

2011年7月16日 (土)

フェルメールからのラブレター展

先日、京都市美術館で開催中の「フェルメールからのラブレター展」に行ってきた。


自分が描いた絵が300年以上保管され、遠い日本の人々に見られるなんて、フェルメールは予想もしなかっただろう。




フェルメールからのラブレター展


海外の絵画所有者が余震や放射能の影響を恐れたために中止になった展覧会が少なくない中、作品を貸し出してくださったオランダ、アメリカ等各国の関係者の方々に感謝する。


しかも、京都の次には宮城で展示するというから、ますますうれしい。

2011年7月15日 (金)

水戸黄門、年内終了

「水戸黄門」が現在放送中の第43部(22回予定)で終了する。


スタートが1969年8月ということは、私と同学年じゃないか。42年も続いたなんて立派なものである。


番組ホームページには続行の要望が寄せられているそうだが、これからも全国各地で昼前か夕方に再放送されるだろうから、ファンの寂しさは案外早くまぎれるかもしれない。

2011年7月14日 (木)

彼も被災者

共同通信社のネット配信記事によると、入院している前の復興対策担当大臣の主治医が病状について「震災対策による過労で気分障害が誘発され、軽度の躁状態」と説明したとのこと。


辞任のきっかけとなった岩手・宮城での放言を知るまでは私は評価していたので、放言の後も憤る一方でどこか釈然としないというか、大臣どうしちゃったの?という思いがあった。


そういうことだったのか。ならば、彼もある意味で被災者だ。


彼を追い詰めた責任は与党にも野党にもあるけど、一番の責任はあのダメリーダーにあると考える。

2011年7月13日 (水)

誰かの悲しみに寄り添う歌

http://www.youtube.com/watch?v=qt0Xpz40G6w



調べたところ、この曲が発表されたのは阪神淡路大震災があった年の秋だった。あまり売れなかったらしく、私は1、2回しか聴いたことがなかったが、曲の一部をずっと記憶していた。


著作権違反のページにリンクを貼ることも悪いと自覚しつつ、貼ってみた。


【追記】
リンクが切れました。

変えて戻して

日本テレビ「TORE」で、ピラミッド型に変形した顔写真を見て誰だか当てるクイズをやっていた。


「磯野貴理子さん」


「(正解音)正解は、磯野貴理子さんでした」


ナニとぼけたこと言ってんだ?貴理子を貴理に改名して何年経ったと思ってるんだ。と呆れた私が不正解だった。


今月1日に貴理子に戻したそうな。


そういえば、改名してまた戻した芸能人は他にもいる。元の名前が人々に馴染んでいて、そっちを使ったほうが仕事しやすいからだろう。
(美川憲一、谷隼人、桑名正博、内田あかり、島田陽子、宮崎美子など)

2011年7月12日 (火)

うまくいかないもの。

それは、福島第一原発の汚染水浄化システム。


いつになったら軌道に乗るのか。

2011年7月11日 (月)

だらしないにもほどがある。

早朝の御堂筋で、青年が歩道に寝そべり、携帯電話で喋っていた。


暑さで壊れてしまったのか元々そういう人なのか知らないが、もうちょっとちゃんとしようや。


偉そうに言える立場じゃないけど。

2011年7月10日 (日)

その手があったか!

私の携帯電話は、現在もmovaである。


FOMAへの取替えを促す封書が何度か届いていたが、実家がFOMAサービスエリア外のため、movaのサービスが終了する来春まで放っておくつもりだった。


ところが、先日初めて簡易書留で送りつけられ、そこまでやるならこっちも買い替えの検討だけはしてみようという気持ちになり、前はパラパラとめくっただけのパンフレットを熟読した。


ワンセグ放送を受信できる。料金も安くなる。実家周辺で通話やiモードができないのは「まあ、仕方ないか」と変心させるほど、この2点は今の私にとって大いに魅力的だった。


そして数日前、好みに合う機種をネットで調べた上で、docomoショップへ行った。


第1希望、第2希望は本体価格が3万円超え。即撤退決定。


第3希望は1万円を切っている。この落差に「買ってすぐ後悔させられるかも」とかえって不安になる。


そういうわけで、この日は店員に話しかけもせず、引き上げた。


改めて機種選びをし、アナログ放送が終わるまでに契約したい。

2011年7月 9日 (土)

2011年春のテレビドラマが(だいたい)終わって

春期テレビドラマのうち、眠ったり録画を忘れたりしない限り観たのが、「JIN -仁-」、「マルモのおきて」、「高校生レストラン」だった。9月まで続く「おひさま」もほぼ毎回観ている。


(「高校生レストラン」で原田芳雄演じる主人公の父親が突然海外に旅立ち、しかも置き手紙のナレーションの声に張りが無かったので、もしかして・・・と思ったら、後日闘病中と報じられた。一日も早い御快癒を祈る。)


「BOSS」は途中で離れて、最終回に戻った。


NHK総合で放送中の「下流の宴」も一旦離れたが、たまたま再放送を観たら面白いわ、身につまされるわで、それからはチェックしている。

2011年7月 8日 (金)

気の毒な人

日々の報道を見聞きするたび、海江田経産相は本当に気の毒だと思う。


面倒なことは他人に押し付けて、おいしいところは全部自分のものにしようとする首相。ダメリーダーの典型である。


何でもかんでも政局にするのは許せないが、ダメリーダーが居座るのはもっと許せない。

2011年7月 7日 (木)

腕時計はよみがえるか?

腕時計が止まり、動いたと思ったらリューズがおかしくなっていて時刻合わせができない。


時計店に出してから一週間が経った今日、見積もりの連絡を受けた。


機種が古いため、部品無く修理不能となる可能性あり。修理できれば費用は約1万円。


電話の向こうのおじさんが「(修理してみるのも)面白いですねえ」と繰り返す。滑稽とか愉快という意味ではないと思うが、笑いながら言われると、さすがに少々不機嫌になる。しかし、私は感情を抑え、トライしていただくようお願いした。


古い物を使い続けるのは、単にケチ又は貧乏だからとは限らない。店の人にはもうちょっと想像力を持ってほしいなあ。

2011年7月 6日 (水)

只今ほぼ健康

昨年4月に献血に行った時、5年ぶりということでさんざん嫌味を言われ、年内にもう一度行ってやる!と決めたのだが、なんやかんやで先月になってしまった。


そして、検査結果の通知が届いた。


白血球数が少なめで、他は標準値に入っていた。


コレステロール値が前々回、前回よりグンと減ったのは節約の結果に違いない。

2011年7月 5日 (火)

自爆テロ?

松本復興対策担当大臣が辞任した。


ひょっとして、ペテン師総理を引きずりおろすための自爆テロだったんじゃないか?てなことを考える夏の日。

2011年7月 4日 (月)

まともな人だと思ったのになあ。

昨日の松本龍復興対策担当大臣の岩手・宮城の県知事に対する言動、取材陣に対する恫喝と言うべき発言は到底許されるものではない。


先月28日の「民主党も自民党も公明党も嫌いだ」発言は、政争に明け暮れ、被災者に目を向けていない議員たちへの批判であり、「野党の協力は不要ということか!」と怒りの声を上げたという野党議員の国語力の低さのほうが問題だと思った。


しかし、衆議院副議長から託されたメッセージ入りのサッカーボールを岩手県知事めがけて蹴ったり、宮城県庁で知事が来るのを数分間待たされたことについて「お客さんが来る時は自分が入ってから呼べ」と言ったり、「今の最後の言葉はオフレコです。書いたらその社は終わりだから」とマスコミを脅したことは、仮にたまたまその時虫の居所が悪かったとしても、擁護できる範疇を超えている。


私は辞任すべきと思うが、被災した方々はどうだろう。

2011年7月 3日 (日)

「マルモ、そうなる?」

と言った宮根誠司も「マルモのおきて」(フジテレビ)の結末に違和感を抱いたのだろう。


あれはおかしい。


私が脚本家又はプロデューサーだったら、双子は実母との生活を続け、でもマルモとの交流も続くという話にまとめる。


続編の制作が決まったから、今回はわざとすっきりしない結末にしておいたのか?

2011年7月 2日 (土)

復活! メローイエロー

ネットのニュースで懐かしい炭酸飲料「メローイエロー」が再発売されたと知り、一昨日買ってきた。

メローイエロー

といっても、実は名前と何度か飲んだことしか憶えていない。パッケージと味の記憶はとうとう引き出せなかった。


その代わりに、メローイエローが初めて国内販売されたという1983年の自分を思い出した。


私は中学2年生。2段ベッドの上段で枕のそばにラジオを寄せ、AMの番組を深夜まで聴き、3時間程度しか眠らなくても元気だったあの頃。


文化放送の「ミスDJリクエストパレード」で聴いた、「夏色のナンシー」や「高気圧ガール」は今でも好きな曲だ。




※記事数が1700になりました。

2011年7月 1日 (金)

テロップに重なって読みにくいのよ。

アナログ放送画面左下の文字はあんなに大きくしなくてもいいだろう。アナログ放送がもうすぐ終了することについては周知できていると思うのだが。


しかし、対処方法が分かっていない人は少なくないかもしれない。ホームセンターや家電量販店に行けば3000円前後で手に入る火災警報器を、詐欺師に騙されて数万円で買ってしまった人たちがいるくらいだから。


全局一斉に朝・昼・ゴールデンタイムに特番を放送し、対処方法を丁寧に説明すべきだと思う。
(そういう番組は既に放送されてはいるが、時間帯が悪かったり、内容を詰め込み過ぎたりしている。)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ