最近のトラックバック

« 読書家の感性 | トップページ | 続・ネット通販を利用する。 »

2011年6月10日 (金)

震災後に思いついたこと

沿岸部で津波被害が予想される地域では、家庭や学校、職場に救命胴衣を常備するというのはどうだろう。


大地震が起こったら救命胴衣を着用して避難する。不幸にして津波にのまれてしまった場合、生存率が劇的にとはいかないまでも数パーセントはアップするのではないかと思うのだが、防災の専門家からそういうプランが出てこないということは、効果が全然期待できないのだろうか。


だけど、逃げ切る方法だけでなく、逃げられそうになかったらどうするかも考えておくべきだと思うんだよね。

« 読書家の感性 | トップページ | 続・ネット通販を利用する。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ