最近のトラックバック

« 大連立ねえ。 | トップページ | 読書家の感性 »

2011年6月 8日 (水)

泣いたっていいじゃないか。

NHKニュースで、3月11日の津波と火災によって亡くなった6歳の娘の遺品を捜す母親を取材したVTRを見た。改めて、震災天罰論を支持したことを反省する。犠牲者・被災者を冒涜・非難する意図が無いとはいえ、天罰という単語を用いることは不適切だった。


そんな私が批判できる立場ではないが、あえて書く。


某芸能人が被災者に「泣いてはいけない。元気を出して」と声をかけていた。随分酷なことを言うなあと思った。私は被災の経験が無いからあくまで想像だけど、泣いて少しでも悲しみを減らさなければ元気を出せないのではなかろうか。


「泣きたい時は泣けばいい。でも、その後は元気を出して」と言って差し上げるのが優しさだと思う。

« 大連立ねえ。 | トップページ | 読書家の感性 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ