最近のトラックバック

« 我欲カットを始めよう! | トップページ | 「我欲」の話の続き »

2011年3月16日 (水)

人間として恥ずべきこと

福島の原発から20km以上30km以内の屋内退避区域にある市の市長がTBSやNHKのインタビューを受け、悲鳴のような声をあげていた。


「物資を運び入れてもらえないから、自分たちが取りに行かないといけない」


「ガソリンの補給をお願いしたら、タンクローリーの運転手に“退避区域は危険だから入りたくない”と拒否された」


「私たちは兵糧攻めにされている」


テレビをつければ、どの局でも専門家が「放射性物質の値が高いといっても、人体に影響する範囲ではない」と繰り返し言っているのに、何で信用できないのか。誰が言えば信用できるというのか。何がいつどうなったら信用するというのか。


もどかしい。そして、先のことを考え、退避した住民が誹謗中傷の的にされやしないかと非常に心配している。


無知と誤解の中で、差別や偏見を生むものは最も罪深く、それを抱えることは人間として恥ずべきことの一つである。

« 我欲カットを始めよう! | トップページ | 「我欲」の話の続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人間として恥ずべきこと:

« 我欲カットを始めよう! | トップページ | 「我欲」の話の続き »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ