最近のトラックバック

« 技術者への注文シリーズ | トップページ | 自問 »

2011年3月14日 (月)

震災報道に関して、東京のテレビ局にこんなメールを送ってみました。

震災報道を見ていて湧いてきた疑問があります。

サンドウィッチマンのブログを読み、私の考えはどうやら間違っていないと思い、当地のテレビ局のキー局のホームページにアクセスし、ご意見欄を使って要望を送信しました。


※NHKは文字制限があったため、一部カットし、2通に分けました。


『連日の震災報道、お疲れ様です。

本日は報道内容について2点要望したく、メールを送ります。

(1)被災者の安否確認について
 これはNHK教育テレビさんで実施されていますが、多くが被災地外から被災地内へ安否を問うものとなっています。
 しかし、被災地内の方々は停電や避難所生活のため、放送を見るのが困難(又は不可能)な状況にあると思われ、放送の効果を疑問視せざるを得ません。
 むしろ、被災地内から「私は避難できました。助かりました」というメッセージを届けるほうが極めて効果的と考えます。
 そこでお願いです。一つでも多くの避難所をまわっていただき、計画停電時間外に被災者の名簿又はお顔を全国放送していただけないでしょうか。(公開を望まない被災者は除きます。)

(2)取材地域について
 被害状況が伝えられるのは殆どが岩手、宮城、福島の沿岸部となっていますが、津波や原発事故の影響の無い地域(12日に地震のあった長野、新潟を含む)は被害が少なかったということでしょうか。
 いや、決してそうではないはずです。現に複数のブログ、ツイッターで茨城県の被災者の悲痛なコメントを見かけています。
 特に悲惨な画を撮って流しただけで、被害の全容を伝えたように満足なさってはいませんか?
 多くの被災者に「自分たちの地域には取材が来ない」という“無視されている感”“見捨てられている感”を抱かせてはいませんか?
 また、報道の偏りは今後展開されるボランティア活動にも影響しかねません。活動希望地が3県沿岸部に集中し、他地域に人が集まらない、他地域に振り分けられると「太平洋沿岸でやりたかった」等の不満が出かねないと懸念しています。

いずれも一刻も早いご対応が望まれます。よろしくお願いします。』

« 技術者への注文シリーズ | トップページ | 自問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

« 技術者への注文シリーズ | トップページ | 自問 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ