最近のトラックバック

« 人間として恥ずべきこと | トップページ | 嘘でもいいから »

2011年3月17日 (木)

「我欲」の話の続き

昨日の記事で我欲をカットしましょうと書いたが、カットし過ぎてもいけないことも書かなければならないと気が付いた。いや、昨日の記事を書く前からぼんやりと考えていたのに、書き添えるのを思い付かなかった。



被災していない各地でも、コンサート、地域振興等の各種イベントが次々と中止、延期されている。その理由は、物理的なものはごく一部で、あとは震災直後に不謹慎だから、又は不謹慎との批判を受けたくないからであろう。


こうして『不謹慎』がまかり通り自粛ムードが広がってしまうと、2つのデメリットが生じる。


今、私たちの目の前には復興への長く険しい道が伸びている。この道を歩むには元気、活力が不可欠だ。ところが、自粛はこれらを奪うばかりか、道を更に長くする。被災者と彼らを支える側が共倒れしかねない。


また、自粛は必ずしも被災者のためになるものではない。誰しも辛い時、束の間でもそこから逃れるために娯楽を頼った経験があるはずだ。娯楽に慰められ、励まされてきたはずだ。もし娯楽が遠ざけられてしまったらどうなるか、言うまでもなかろう。


確かに、中には娯楽に触れたくない被災者もいると思う。テレビの電源を入れたらバラエティ番組をやっていて、「私はこんなに苦しいのに、この人たちは大笑いしている」と嘆く被災者もいなくは無いと思う。私たちはそういう心情を理解する姿勢を忘れてはならない。しかし、一方ではっきりしているのは、娯楽を欲さない人は娯楽への扉を閉ざせばシャットアウトできるが、欲する人が扉を開けた先に何も無かったら負の感情が強くなってしまうということである。


東北地方太平洋沖地震発生後、ノンストップで特番を放送してきたテレビ東京以外のテレビ局も、一昨日あたりからバラエティなど他ジャンルの番組を放送するようになった。予想通り、不謹慎だと非難する意見が出てきているが、私は評価している。

« 人間として恥ずべきこと | トップページ | 嘘でもいいから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「我欲」の話の続き:

« 人間として恥ずべきこと | トップページ | 嘘でもいいから »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ