最近のトラックバック

« 鬼畜に注意!! | トップページ | 原発、救援物資、避難所メッセージ »

2011年3月15日 (火)

「分かった。やろう!」と言ってくれ。

日本テレビの昼の番組に招かれたサンドウィッチマンが「避難所にいる皆の顔か名簿を放送してほしい」、「僕らのブログに“茨城県北部も深刻なのに取材すら来ない”というコメントがたくさん来ている。取材してあげて」と訴えたのに対し、MC陣は「そうしなきゃいけませんねえ」みたいなことは言うんだけど、「今日明日中に行ってみましょう」とは言わない。


雇われの身で決定権が無くて言えないのなら、本番中でもプロデューサーに掛け合えばいいのに。


サンドウィッチマンのほうも「是非ここで“やります”と約束してください。スタッフが足りないなら僕らも行きますから」と切り込んでも良かった気がする。


このままではまず間違いなく報道内容は変わらない。サンドウィッチマンはぼやき兄さんとして処理されてしまうだけだろう。東京のマスコミは全国民を相手に働いているはずなのに、肝心な時になると東京とその周辺のことしか目に入らない。


その証拠を示そう。


枝野官房長官が原発の現状を説明した会見で、どこかの記者が、“放射性物質の首都圏(関東と言ったか?)への影響”という訊き方をした。「首都圏など」でも「関東とか東北とか」でもなく、「首都圏(関東と言ったかもしれない)」と限定したのだ。


前にも書いたが、阪神淡路大震災の時もそうだった。現場では早く瓦礫から助け出さないと生存率が下がってしまうと必死になっていた時期に、「東京に同様の地震が来たらどうしましょう」なんてテーマでスタジオ討論をしていたのだ。それを考えることはとても重要だが、どうしても今やらないといけないことじゃないだろう!と私はテレビの前で憤った。嗚呼、思い出すといまだに腹が立つ。


真に被災者の立場に立った報道に転換させるには、賛同する視聴者がスクラム(メディアスクラムならぬ視聴者スクラム)を組んでテレビ局にアタックしていくしかない。


サンドウィッチマンらのブログにコメントしたところで、テレビ局が読まなければ意味が無い。それも幹部社員が読まなければ。


私は文面にミステイクがあったものの、合計4局にメールを送った。メール、電話、余裕があれば座り込みなど、直接の要望が膨大になれば、仕方なしでも動くかもしれない。

« 鬼畜に注意!! | トップページ | 原発、救援物資、避難所メッセージ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「分かった。やろう!」と言ってくれ。:

« 鬼畜に注意!! | トップページ | 原発、救援物資、避難所メッセージ »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ