最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

White and Gray

日本海側では雪が降り、新燃岳(しんもえだけ)の周りには灰が降る今日。


各地でスコップがよく売れるこの冬。


どうなっているんだ?地球は。

2011年1月29日 (土)

奇跡

新聞を開いたら、まあ驚いた。


ヤフーのニュースにもアップされていた昨日のナンバーズの結果。ナンバーズ3が222で、ナンバーズ4が1111。


私もナンバーズ4を1回だけ買ったことがあるが、ぞろ目なんてまず出ないと思うから絶対選ばない。当たった人は無欲の初心者か筋金入りのギャンブラーに違いない。


ただし、明後日のナンバーズをぞろ目で買う人がいたら、その人はお馬鹿さんかもしれない。さすがに2回連続は無いだろうよ。

2011年1月28日 (金)

シールの変化

今月中旬から脳が鶏肉を欲するものだから、スーパーへ行くとほぼ毎回買っている。


それで昨日も買ったのだが、ラップに貼られた楕円形のシールを見ると、かつては「宮崎県産」と印字してあったものが「国産鶏肉」に変わっている。


鳥インフルエンザの関係で入荷できなくなったのならば当然の措置。しかし、仮に宮崎の名を外さないと売れないと考えてのことだったら残念である。

2011年1月27日 (木)

消耗

日が昇る前にドアを開けたら結構な積雪。除雪されていない歩道を何キロも歩いてクタクタになり、夕食後テレビを観ている途中で眠ってしまった。


今日はよく動いた。心地良い疲労。


明日は休みたいが、やはり出かけなければならぬ。

2011年1月26日 (水)

今日の国会のニュースを見て思ったこと

いいなあ。野次って騒いでお金(歳費)を貰えるなんて。

2011年1月25日 (火)

大事なことを忘れていた! やばいぞ!!

私は地上デジタル放送を、アナログテレビにチューナーを接続して見ている。録画する時は、レコーダーのチャンネルを外部入力に合わせている。


このままだと、


アナログ放送が終わったら、A局の番組を観ながらB局の番組を録画することができなくなる。


まずい。至極不便だ。


結局、半年以内にテレビかレコーダーを買い替えないといけないじゃないか。


大変だ。かっこ泣。


あなたの家に地デ鹿棲んでますか?かっこ笑い。

2011年1月24日 (月)

ここ数日のいろんなニュース等についてつぶやいてみる。

◆尖閣ビデオをユーチューブにアップし、海上保安庁を辞職した男性のインタビューの一部を見た(TBS「報道特集」)。彼の人となりも仕事ぶりも知らないが、おそらく真面目で優秀だと思う。彼を雇う企業がもし無かったら、それは憂うべきことである。


◆宮崎県で発生した鳥インフルエンザの拡大防止のため、新たに40万羽を超える鶏が殺処分に。元々人間が食べるために殺される運命だとしても、やっぱり可哀想だと思ってしまう。


◆大相撲の2力士がインド料理店で喧嘩してガラスを壊していた。一連の問題が落ち着いてきたのに、またトラブル。喧嘩するなら場所を考えよう。


◆韓国の女性グループ・KARAが分裂しそうだったのがしなさそうらしい。いずれにせよ、5人全員が納得のいく結論を出せればいいのだが、あの下品極まりないヒップダンスはこれを機におやめなさい。
(なお、私は韓国の芸能人の日本進出を不快に思っているわけではない。交流は喜ばしいことだ。)


◆離婚の合意ができていないにもかかわらず、会見で嘘をついた沢尻エリカ。正直に「私は別れたいけど、彼が・・・」と言ったほうが、かえって離婚に近づけただろうに。彼女はさらに信用を失った。先を読んで的確な助言をしてくれるブレーンはいないのか。いないのだろうね。

2011年1月23日 (日)

嫌な偶然

宮崎県は知事が替わると鳥インフルエンザが発生するという嫌な偶然。


それはさておき、現時点で「2例目」になるのではと疑われている鶏舎の外観をテレビで見たところ、野鳥が侵入できる隙は無さそうだった。


野鳥との接触が無くても感染するとすれば、農家の皆さんは途方に暮れるのではなかろうか。


火災報知機みたいに鳥インフルのウイルスを検知する機器があればいいのに。

2011年1月22日 (土)

整えてます!

昨年11月の右膝痛が治まった後のある夜、布団に入って脚を伸ばした時、左脚が右脚より短いのに気付いた。それからは出歩くたびに違和感を覚え、矯正しなければ膝痛が再発する可能性が高いと自己診断した。


そんなわけで、今週、カイロプラクティックに通い始めた。脚だけ治してくれればいいと思っていたのだが、子供の頃からの猫背の矯正も受けることになった。放置しておくと背筋を伸ばせない(ずっと曲がったままの)体になるおそれがあるそうだ。


健康保険が使えない1回4000円の施術ゆえ、4回くらいでお願いしたかった。ところが、その倍以上はかかりそうな予感。参った。


とはいえ、脚の長さの差は縮まってきているし、「あなたよりも差が短いのに坐骨神経痛が出ている人もいますよ」と言われ、発症する前に矯正を始めた自分はラッキー(悪運が強い?)だとも感じている。どうにか支払える間は通ってみよう。

2011年1月21日 (金)

始まりがあれば終わりがある

長年続いたテレビ番組が申し合わせたように3月に終了する。


「3年B組金八先生」は病気で降板した脚本家・小山内美江子が復帰しないことが確定したところで終わらせたほうがよかった。引き継いだ人がダメだったと責めたいのではない。北の国から=倉本聰、ふぞろいの林檎たち=山田太一であったように、金八と小山内は切り離せない関係だった。


「恋のから騒ぎ」は先週のエンディングでメンバー募集をしなかったのは次期メンバーのオーディションが始まったからだと思っていたが、そうではなかった。最終回は2時間くらいのスペシャルにして、OGの近況報告を加えてくれるとうれしい(勿論、公表OKの人だけでいい)。


月曜19時は私は基本「ネプリーグ」で、ネプリーグのゲストが嫌いな回や「東京フレンドパーク2」に好きな有名人が出る時だけフレンドパークを(も)観ているのだが、両親はその逆であり、フレンドパークの終了を残念がっているだろう。いや、インターネットを見ないから、まだ知らないかもしれない。

2011年1月20日 (木)

数字取れているの?

ワイドショーで沢尻エリカを毎日追いかけている番組があるが、視聴率が取れているのだろうか?


まあ、取れるから張り付いているんだろうけど、虚しくならないのかねえ。


ハイパーな夫と別れようが別れまいが、どっちだっていいじゃん。別れたらそう発表するだろうし、発表が無ければ別れないってことよ。


芸能活動にしても、あの不機嫌舞台挨拶の謝罪について「絶対したくなかった。(謝罪したのは)間違ってた」なんて言う人には向いていないと思う。才能や実力があれば、何を言っても(やっても)いいというものではない。

2011年1月19日 (水)

2011年冬のテレビドラマ

当地で見られる今期(1~3月)のテレビドラマのうち、毎回見たいものが1つも無い。期待していた唯一のドラマもイマイチだった。


「告発」や「相棒」(どちらもテレビ朝日系)が観られたらなあ。


刑事物に、フジテレビは心理学を、TBSはプロファイリングを絡めている。何故似たようなのが同時に出てきたのかと思ったら、そういう海外ドラマが当たったからだそうで。(私は海外ドラマを見ないから知らなかった。)真似るのであれば、日本の過去の名作を研究するべきだと思う。

2011年1月18日 (火)

16と4

昨日は阪神淡路大震災からちょうど16年。テレビのニュースや関連番組を見ながら、当時を思い出していた。あまりに衝撃的な映像や、支援に行く人たちに必要な物を準備したことなど。


また、昨日はこのブログを開設してからちょうど4年の日でもあった。5年目突入。いつまで続くか?

2011年1月17日 (月)

止まない嵐

鹿児島県阿久根市の出直し市長選の結果、前市長の対立候補が当選した。


しかし、票差が864しかなく、その上、来月の住民投票で市議会の解散が決まって、出直し選挙で前市長を支持する議員が過半数を占めたら、もっと混乱しそうだ。


私が市民なら「もう、勝手にやってろ!」と叫びたくなるかもしれない。

2011年1月16日 (日)

他にもいるのに。

テレビをつければワイドショーもスポーツニュースも、プロ野球の話題は斎藤佑樹一色。


他の新人が可哀想だし、斎藤もここまで持ち上げられて一軍登録されなかったり、登録されてもなかなか勝てなかったりしたらタダじゃ済まないだろうなあと思う。


球界全体のために、そして斎藤のために、マスコミはバランス良く報道したほうがいいんでないかい?

2011年1月15日 (土)

菅第2次改造内閣発足

昨日、内閣改造が行われた。


たちあがれ日本を離党した与謝野馨議員が経済財政担当大臣に就任したことについて、民主党を痛烈に批判していた人があっさり入閣するのは節操が無いと言われればそうなんだけど、「俺が中に入って変えてやる」という考え、戦い方も<あり>だと思う。是非頑張って、ばら撒き支出を止めていただきたい。


自民党の石原幹事長は与謝野大臣起用に反発し、税制見直し等の論議に加わらない構えを見せているが、税制にしても社会保障にしても1ヶ月や2ヶ月で簡単にまとまりはしないのだから、一日も早く協議を始めなければならないのに、引き延ばすつもりなのか?衆院解散に執心して審議拒否や問責連発を続ければ、自分で自分の首を絞めることになりかねないと自覚すべきだ。

2011年1月14日 (金)

細川俊之さん死去

俳優・細川俊之さんが亡くなったと知り、驚いている。


2日前にご自宅で転倒して頭を打ったのが原因との報道もある。詳細は数日中に明らかになるだろう。


品があって、軽妙で、素敵という言葉がよく似合う方だった。


ご冥福をお祈りします。

2011年1月13日 (木)

夢見る力=0

10日くらい前、こんな夢を見た。


ショートヘアの美女(架空の人物)に「1月13日にハイキングに行きませんか?」と誘われた。私はポケットサイズの黒い手帳を取り出し、スケジュールを確認した。そして、「歯医者に行かなければならないので」と、後ろ髪を引かれながら断った。





これは13日に何かあるんじゃないかと考えたら、そうだ、ロト6の抽せん日だ。今度こそ3等以上が当たるかもしれない。必ず買うと決めた。


しかし、今日になって売場へ行くのが面倒になり、買うのをやめた。


やめて良かった。6つの本数字のうち、私の予想と一致したのは5だけだった。


私に予知夢を見る能力は無いらしい。

2011年1月12日 (水)

今週末は止せよ。

今週末は強い冬型の気圧配置になるとの予想。


だめじゃん。センター試験があるっていうのに。


どうしても大雪を降らせないといけないのなら、月曜以降でいいじゃないか。


雪の多い地域に住む受験生の中には、会場に近いホテルや親戚の家に前泊する子もいるのかな。

2011年1月11日 (火)

「運動」は気に入らん!!

全国各地で「伊達直人」が児童養護施設で暮らす子供たちに金品を贈っていることを、一部のテレビ局、また一部の伊達直人さん本人が「タイガーマスク運動」と呼ぶのが気に入らない。


「運動」というと、誰かが旗を振って進めているような感じがする。自然に広がった「現象」を用いてほしいものだ。


ところで、NHKニュースによると、「矢吹丈」や「肝っ玉かあさん」も現れたそうで、しかも矢吹さんはそろそろ俺の出番だみたいなことを書き添えており、私はニコニコニヤニヤしてしまう。


心温まる上に面白い。こういうニュースが増えるといい。

2011年1月10日 (月)

気にしないといけなさそうなニュース

海外のことなので大々的に報じられず、私もあまり関心が無かったのだが、今日の新聞の小さな記事を見て、これはちょっと注目しておかないといけないんじゃないかと思ったのが、鳥の大量死である。


これまでアメリカ南部、スウェーデンで確認され、今度は北イタリア。千羽を超えるキジバトが死に、その大半のくちばしに青いしみのようなものができていたという。


人類への警告か?原因の究明が急がれる。

2011年1月 9日 (日)

忘れて忘れて

昼のラジオ番組を聴こうと思っていたのに、放送開始時刻までにすっかり忘れてしまい、


夕方のテレビ番組を観ようと思っていたのに、これまた放送開始時刻までにすっかり忘れてしまった。


記憶力が衰えたからではなく、どうしても聴きたい(観たい)ものではなかったということにしたい。

2011年1月 8日 (土)

まさしく「愉快」

伊達直人(漫画「タイガーマスク」の主人公)を名乗る人物が児童相談所や児童養護施設に金品を贈るという出来事が相次いでいる。


世の中には銅像や動植物などを傷付ける奴等がいる。その多くは自分がやったことが報道されるのを見てほくそ笑んでいるのだろうが、同じニュースになるのなら、他人(ひと)に喜ばれたり、皆が楽しくなるようなことをしろと言いたい。


実は私も昨年、ある所に少額の金を送ったのだが、無記名で出してしまった。とんちの効いた偽名を書くセンスが無い残念な自分。

2011年1月 7日 (金)

とっくに明けましておめでとうございます。

カウントダウンが終わって数分後、2011年は雪かきから始まった。


膝にかかるくらい積もっていたので、新聞や年賀状を配達してくださる方のために、道路から玄関までの一本道を作った。



その後、7日間に不幸な出来事が2つ起こった。


(その1)
元日の昼過ぎ、突如テレビの画面が黒くなった。ケーブルテレビのトラブルだ。
夜7時か8時には復旧するかと思いきや、事態は変わらず、一番楽しみにしていた「相棒スペシャル」(テレビ朝日)を観られなかった。パソコンで他局のワンセグ放送(電波の入りがイマイチ)を観て過ごす。
結局、復旧したのは2日の夜8時30分頃。いまだに対応の遅さに腹が立つ。
そして、ケーブルテレビは自前のアンテナで受信する場合よりも視聴できなくなるリスクが大きいことを痛感した。乾電池で見られるワンセグテレビを買わねばならぬ。


(その2)
不幸と言っても、これは私に全責任があり、防ぐことができた事件である。
2日に100円玉をポケットに入れて神社に向かうも、雪が深くて近寄れず、運動がてら散歩して帰った。それからすぐに100円玉を財布に戻せばいいものを、どこかに置き、そのうち置いた場所を忘れてしまい、あちこち探したが出てこなかった。
翼が生えて賽銭箱に飛び込んでいったのだろうか、なんて馬鹿な想像をしては己を慰めていた。


しかし、悪いことがあれば良いこともある。さて、どんなラッキーが訪れるのか?

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ