最近のトラックバック

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

歯科へ行こう!(特に40歳以上)

今日の昼前、やっと歯科へ行ってきた。


歯の変色は思ったとおり虫歯だった。ただ、「初期の初期」だそうで、どうってことないような説明だった。


それよりも問題視されたのは歯石だった。早速目に見える範囲で除去してもらったのだが、何と黒ごまを縦に2分したくらいのものもあり、結構丁寧にブラッシングしているつもりの私は愕然とした。


細菌検査も行われた。パソコンのモニターに、「少なくないが多くもない」歯周病菌どもが泳いだりクネクネするのが映し出された。


引き続き通院し、歯ぐきに埋もれている部分の歯石も取ってもらうこととなった。これで歯周病のリスクは大きく減るという。





40歳以上で何年、何十年も歯科に行っていない方は是非一度細かい検査を受けてください。


自治体が実施している検診を受けているから大丈夫と思っているあなた。大丈夫じゃないかもしれません。私も2月に検診を受けましたが、特に問題無しで終わっていました。どうやら自治体が歯科に支払う額ではごく簡単なチェックしかできないようです。その証拠に検診では歯石除去も細菌検査もありませんでした。
(自治体検診でも内容が充実していれば話は別です。)


※2011年8月11日、一部修正。

2010年11月29日 (月)

文句を付けるほうがおかしい。

昨日のNHK総合「龍馬伝」の龍馬暗殺シーンに愛媛県知事選の速報テロップが表示されたからという理由で、200件あまりの苦情が寄せられたそうな。


昔からNHKは国会議員補選や知事選の当確情報を速報で流している。何を今更、である。


文句は口に出さず、再放送かNHKオンデマンドを観れば済む話である。

2010年11月28日 (日)

11月28日の日記

○韓国とアメリカの合同軍事演習が始まり、北朝鮮がまたやらかすのではないかと心配したが、今日のところは被害が無かったようで、若干ホッとしている。北朝鮮はイカれているからよく分からないが、韓国は絶対に戦争を避けたいはず。早く収束してほしい。


○岡村隆史が仕事復帰したと思ったら、今度は同じめちゃイケメンバーの加藤浩次が骨折。何ということだ。手術の成功と早期回復を祈る。ところで、彼の復活劇はどう演出されるのだろう?


○昨夜、カーテンの黒ずみが突然気になりだし、洗いたい衝動がこみ上げてきた。振り返ると、取り付けて以来、洗った記憶がない。洗ったとしても多分一度だけだ。
 今日、左側を洗い、現在は私の目の前にある窓を白と黒のカーテンが覆っている。一週間後に右も洗うぞ。

2010年11月27日 (土)

祝・岡村隆史復帰

今夜のめちゃイケを観る私は、チリの救出劇生中継を見た時よりも何故か緊張した。背中にうっすら汗をかくほどに。


岡村隆史は自宅か海外で静養しているのでは?と憶測したこともあったが、国内で入院していたそうだ。


3食きちんと食べていた、ゲゲゲの女房やスポーツ中継を観ていた、院内を散歩していた、(入院を機に)煙草をやめた、(大好きな)お造りを食べたかったなどの発言から、ネット上での最有力説だった精神病(うつ病)は否定できそうだ。私は医師でも看護師でもないけれど。


という詮索はここまでにして、来週のオールナイトニッポンは必ず聴こう。普段はぐるナイは観ないが、来週はチェックしよう。


山下達郎は自身の全国ツアーで、桑田佳祐と岡村に捧げると言って「希望という名の光」(今夜のめちゃイケでも流れた曲)を歌い続けた。(ちなみに私はそれを生で聴いた。)達郎も放送を観て喜んでいるかもしれない。

2010年11月26日 (金)

復帰した人 休む人

《復帰した人》


7月から療養のため休業していたナインティナイン・岡村隆史が仕事に復帰した。


今後も病名を公表しないのは、おそらく「公表すれば、視聴者・観客の中に笑うことを躊躇う又は不謹慎だと思う感情が生まれてしまうから」説が当たっているのだろう。


しかし、著名人の病気の公表は、その病気に対する世間の理解が深まる、同じ病気の人たちが励まされるといった良い影響をもたらすものである。彼は、公表で仕事に支障が出るようなヤワな芸人ではないのだから、いつかは話してほしいと思う。


さて、復帰後初仕事のめちゃイケは明日放送される。フジテレビのスーパーニュースでその一部を見たが、チリの鉱山事故の救出劇のパロディ(地上に戻った作業員に、仕事に戻った自分をなぞらえる)をやったようだ。(商魂ならぬ)笑魂たくましいなあ。


《休む人》


何者かに顔をひどく殴られて入院している歌舞伎役者・市川海老蔵が、やはりと言うべきか、来週初日を迎える京都の興行を休演することとなった。


テレビ番組で彼の話を聞くと、芸に対して真面目でストイックなのがよく分かる。それなのに、「体調が悪いから明日の会見をキャンセルします」と発表したその日の夜に外で長時間飲酒するとは、魔が差したか?


それはさておき、事件の全容解明のためにも、加害者は直ちに警察へ行くべし。

2010年11月25日 (木)

右膝に救われる。

今日抽せんのロト6に前回からのキャリーオーバーは無かったが、買ってみようと今朝思い立った。


ところが、昼になって右膝が痛くなり(じっとしていても痛む状態)、買いに行くのをやめた。


買わなくてよかった。6個の本数字のうち、予想と一致していたのは1個しかなかったからだ。


(ちなみに、右膝は湿布薬が効いて、だいぶ楽になった。)

2010年11月24日 (水)

第61回紅白歌合戦出場者発表

一昨年、昨年も書いたから、今年も触れておこう。


今年もどうしてこの人(たち)なのかと不思議に思うのが何組かいるけど、誰を出すかはNHKの自由である。


噂されていた佐野元春や韓国のアーティストの名前が無いが、昨年の矢沢永吉のように枠外で登場しそうな予感。

2010年11月23日 (火)

北朝鮮が韓国・延坪(ヨンピョン)島を砲撃

今日午後2時半過ぎ、北朝鮮が韓国のヨンピョン島を砲撃。民間人を巻き込み、韓国の兵士が2人亡くなった。


韓国軍の演習への反発だとか、アメリカを対話の場に引きずり出すためとか、いろいろ分析されているけど、本当にどうしようもない国だ。


でも、さすがにさらなる武力行使は無いと思うというか、無いと信じたい。


【11月25日追記】
ヨンピョン島の工事現場で働いていた民間人2人も亡くなっていたことが分かった。


2010年11月22日 (月)

柳田法相辞任

今日、柳田法務大臣が辞任した。


遅かった。しかも、補正予算案を通すために辞めると言った。野党に批判されなければ続投したような言い方は、国民(有権者)が見えていないことの表れだ。


昨日だったか、囲み会見での続投表明にも強い違和感を覚えた。どうせ表明するなら、本人ではなく任命した首相が出てきて「辞めさせません」と言うべき場面だった。

2010年11月21日 (日)

間違いではないけれど。

春高バレーの全国大会を1月に変えても、冬高バレーとは言わないのか。


まあ、正月を新春とも言うから、そのままでいいのだろうが。

2010年11月20日 (土)

幻の挿入歌

NHK-FMの90年代ドラマ主題歌リクエスト番組を聴いていて、あるドラマの挿入歌を思い出した。


いい曲だったのに、2回か3回しか流れなかった曲。


私はこう推測した。挿入歌の反響が大きく、主題歌を歌っていたタレントの所属事務所かレコード会社がへそを曲げた。ドラマのスタッフは気を遣って挿入歌の使用をやめたに違いない、と。


歌手名も曲名も分からずじまいだったのだが、今日ネット検索したら判明した。


そして、聴くこともできた。


しかし、一度聴いただけでもういいやと思った。音楽の好みは殆ど変わっていないつもりだったけれど、そうでもないらしい。

2010年11月19日 (金)

老後

NHKで介護保険に関するニュースをやっていた。


高齢化はまだまだ進む。子供のいない(それ以前に配偶者もいない)私などは特に、なるべく介護サービスの利用者にならないように、なっても要介護度が高くならないように、いろいろ気を付けなければと思う。


民放のドキュメンタリーで医師が訴えていたが、国は予防医学にもっと力を入れるべきだ。そうすれば、歳出減という大きな果実を収穫できるはずである。

2010年11月18日 (木)

立場が変わろうと、・・・

法務大臣の国会答弁は2つのフレーズを覚えておけばいい旨の発言をした柳田法務大臣を、内閣も民主党もかばっている。


もし民主党が野党で、自民党の大臣が同じことを言ったら、徹底的に糾弾して辞任に追い込むだろうに。


どこの党・会派に所属していようが、ダメなものはダメなのだ。


前にも書いたが、総理大臣に対し、閣僚の失言で直ちに任命責任を問うのは酷だと私は考える。当該閣僚に失言癖があると知っている場合等を除き、任命時に失言を予見するのは不可能だからである。


しかし、失言の後も辞めさせないとなると、話は別である。


傷は少しでも浅いほうがいいだろう。今日明日中に辞表を書くよう求め、拒否するのであれば解任すべきだ。


一方、敵失をつつくことに時間とエネルギーの大部分を費やし、新しい野党像を示せない自民党も何とかならないものか。蓮ホウ(漢字入力がうまくいかないのでカタカナにしました)大臣が国会内で雑誌撮影したことなんて、「ごめんなさい。もうしません」で落着するレベルだ。いつまで蒸し返すんだ。

2010年11月17日 (水)

馬鹿も風邪を引く。

歯医者どころではなくなった。風邪で喉をやられたのだ。


昨夜は足が冷えて、でもどうせ後でコタツに入るからこのままでいいと判断したのが間違いだった。


歯科でウイルスをばら撒くわけにはいかない。今日は、2リットル弱の水分を摂取し、ずっと寝ていた。その効果が出て、今は今朝よりもずっと調子がいい。


9割方回復したら、今度こそ歯科に予約の電話をかけよう。

英雄じゃないけど、重罪人でもないでしょう。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の映像を流出させた海上保安官の逮捕が見送られた。私は起訴もされないのではないかと予想している。


海上保安庁の行政処分も、懲戒免職のカードは切りにくいと思われる。


保安官は守秘義務違反を犯したが、そもそも守秘の「秘」がどの程度のものだったかと考えると、あまり重い処分は避けざるを得ないだろう。

2010年11月16日 (火)

厄年の終盤に

トラブル発生中。


二、三週間前に歯ぐきと歯の一部が変色しているのを発見。そのうち元に戻るかもしれないと様子を見ていたのだが、戻ってくれない。


原因はあれか?と思い当たるふしが無いでもない。なるべく早く歯科へ行こう。

2010年11月12日 (金)

害獣

山と田畑を行動範囲にしていたイノシシが住宅街や集落にも現れ、更には人間やペットを襲うケースまで多数報告されているが、私の実家の周辺でもイノシシが頻繁に出没するようになった。


そして、最近、実家の裏にある蜜柑の木の根元が掘り返されているのを母が発見した。幸い、木にも果実にも被害は無かったそうだが、憤りを感じるとともに、また来て何かやらかすんじゃないかと不安になる。


山に籠もって木や竹を食べて間伐してくれたらいいのに。

2010年11月11日 (木)

2010年秋のテレビドラマは中盤へ

10月~12月の連続テレビドラマのうち、
(火)「フリーター、家を買う。」(フジテレビ)
(木)「医龍3」(フジテレビ)
(土)「Q10」(日本テレビ)
は、眠ったりしなければ観るようにしている。


中でも「フリーター・・・」の出来が良い。現在まで関東地区の平均視聴率が民放ドラマのトップに立っているのも納得がいく。
※私が見たリストに入っていないドラマがいくつかありました。したがって、「フリーター・・・」がトップでないことも考えられます。(12月7日追記)


「Q10」は1話か2話で見切りを付けた人が多いようだが、設定や戯曲風の台詞に抵抗を感じたのだろうか?客を劇場に閉じ込める舞台演劇は異空間だから何でもOKみたいなところがあるのに対して、生活空間で見せるテレビドラマはどこまで現実に合わせるか、そのさじ加減が難しい。


日曜21時は、「獣医ドリトル」と「パーフェクト・リポート」の間を行ったり来たり。


「龍馬伝」は1、2回見逃してしまった。


ホテルで1回だけ観たテレビ朝日の「秘密」とテレビ東京「モリノアサガオ」も毎回観たいものだが、実現は不透明である。(DVDが出たら借りればいいと言われればそうなんだけど。)

2010年11月10日 (水)

情報漏洩の犯人か。内部告発の英雄か。

尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件の映像をYouTubeにアップした人が名乗り出た。神戸の第5管区海上保安本部に勤務する43歳の保安官だった。


投稿者名「sengoku38」の38は、結局何を意味しているのだろう?中国では“頭がパー”という意味で使われるとか、いろいろ言われたけれど、案外単純に“左派”と読ませたかったのかなあと、昼にラーメンを食べながらふと思った。


投稿の現場が本人確認を行わないネットカフェだったことから、この件を契機に本人確認を義務付ける動きが広がるか否かにも注目している。


勿論、投稿者の今後も気になる。政府が非公開と決めた情報を流したのだから、処分はせざるを得ない、むしろすべきなのだが、公開によって国益を大きく損ねたり国民の生命・安全を脅かす情報とは言えず、停職にとどめるのが妥当と考える。

2010年11月 9日 (火)

泣いてくれるとは限らない。

群馬県の小学6年生の自殺について、市の教育委員会はいじめがあったことは認めたものの、いじめと自殺の因果関係は分からない、判断できないとし、認めなかった。


責任逃れだ。普通、いじめを苦にして自殺したと考えるだろう。


報道によると、学校もいじめを止めるために動いたようだが、第三者から見て「学校は手を尽くした」と思えるほどのことはしてこなかったようだ。





いじめられているのに、学校が本気で助けようとしてくれないのなら、そんな学校なんか行かなくていいと僕は思う。


そして、いじめが原因で死にたいと思う子供たちに僕は言いたい。


君が死んだとして、君をいじめた全員が君の墓の前で泣き、悔やんでくれるとは限らないよ、と。


うざい奴が死んでうれしいと思うかもしれない。お前が死んだせいで自分が悪者扱いされていい迷惑だと全く反省しないかもしれない。そうなったら、完全に無駄死にだ。


自分の大事な大事な命を、自分をいじめた奴等に差し出すような真似はしてはいけない。それは、とても勿体無くて、とても愚かなことである。


【11月10日、一部編集しました。】

2010年11月 8日 (月)

西日本横断ブログ旅 10月21日・28日深夜放送分を書いてみました。

「ロケみつ」(毎日放送)の「桜 稲垣早希の目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅」の10月21日・28日放送の内容を大雑把に書きました。


読んでくださる方は、ここをクリックしてください。

(長文につき、パソコン向きです。)

おやおや。

「Mr.サンデー」の放送が本当にマンデーになった。


冗談の予想が当たったように、宝くじが高額当せんすればなあ。実家用に○○○、×××などを買い、自分は・・・・・へ行くのになあ。


2010年11月 7日 (日)

DM決戦といってもダイレクトメールの出し合いではありません。

昨日のプロ野球日本シリーズ第6戦中継は190分延長。後の番組の録画をセットして外出し、帰ってきて再生したら録れていなかったという人もいるだろう。


フジテレビは130分の映画の放送を翌週以降に延ばすべきだったと思う。


さあ、今夜はどうなる?


「Mr.サンデー」のスタートがマンデーになったりして。


(21:38)

2010年11月 6日 (土)

折角買ったのに、・・・・・。

実家の電話の調子が悪い。電話をかけるには問題ないが、着信がうまくいかない。呼出音が1回鳴ったところで勝手に切れてしまう。鳴っているうちに受話器を取れれば通話できるが、いつでも2~3秒以内に取るなんて無理だ。


昨夜、何度もトライしてやっとつながった電話で、そういう状態が数日続いていると母から聞いた。


原因が電話機にある場合、自力で直せる可能性もあるはずだ。私は電話機のメーカーのホームページで解決策を調べ、それを伝えるために今日再び電話をかけた。すると、呼出音が4回聞こえた。スムーズにつながった。


「NTTの人に来てもらった」と父。電話線に異常は無く、電話機の故障が判明。今は、災害時などに備えてNTTが持っている電話機を借りていると言う。電話機を修理に出したのかと訊くと、今後のことも考え、NTTの電話機を新たに購入するとのこと。それもFAX機能が付いてない電話機を。


故障した電話機は数年前に私が家電量販店で購入したものだった。何かと便利だろうと思い、FAX機能付きの製品を選んだのに。


何だか私自身が否定されたようで、今夜は落ち込んでいる。そして、故障するような使い方はしてこなかったはずなのにどうしてだとメーカーを責めたい気分だ。

2010年11月 5日 (金)

中国漁船衝突事件の映像流出

尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件の記録映像が、何者かの手によって動画サイトにアップされた。


一般公開しないという政府の方針に逆らった投稿者は処分を受けなければならないが、私にはよくぞアップしてくれたと称賛したい気持ちもある。


つまるところ、政府がさっさと公開すべきだったのだ。日中関係に配慮してというけれど、被害者が加害者に気を遣うのはおかしい。


さて、意外だったのは、映像を見た中国のネットユーザーの反応である。「映像は捏造だ!」の抗議一色に染まるかと思いきや、衝突は正当防衛だとか、衝突を讃えるコメントもあるという。何故だろうと考えて、はたと気付いた。尖閣諸島を中国の領土とする立場では、巡視船が侵入者であり、侵入者にアタックするのは当然又は止むを得ないということになるのだ。


困ったもんだ。いろんな意味で。

2010年11月 4日 (木)

無理に変えなくても。

プロ野球楽天の星野新監督が田中投手のニックネームを変えようとしているそうな。


「マー君」では子供っぽいからと思ってのことなのだろうが、ファンやマスコミは親しみを込めてそう呼んでいるはずである。


萩本欽一、北島三郎、矢沢永吉がちゃん付けで呼ばれるのは、彼らが子供っぽいからか?


本人が嫌がっていない限り、無理に変える必要はあるまい。

2010年11月 3日 (水)

予想は外れる。

今夜の「笑ってコラえて」で生演奏を披露したのは、鹿児島情報高校だった。


当たる確率が3分の1の予想も外すのに、宝くじの高額当せんなんて、夢のまた夢だ。

2010年11月 2日 (火)

閉鎖

ゴタゴタがあって長い間更新されていなかった眞鍋かをりのブログが閉鎖されていた。


彼女もアメーバに行ってしまうのか?


ヤフー、楽天、ライブドアなど、いくらでも家はあるのに、アメーバに転居する芸能人の多いこと多いこと。


何でだろう。

2010年11月 1日 (月)

かっこよすぎる男

生徒数の多い学校には、学年に一人くらい完璧な奴がいるものだ。勉強ができてスポーツも得意で、人気があって、性格的にも問題が無くて・・・・・っていう奴。


水嶋ヒロはおそらくそういう男だろう。


俳優として実力があり、小説を書けば賞を獲る。おまけに、多くの作品を世に出す費用に充ててほしいからと、賞金2000万円を辞退する。


賞金を貰わなくても十分に食べていける蓄えと自信があるのだね。


かっこよすぎるぜ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ