最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

パターン化

清水健太郎の名を見聞きする時は、「逮捕」という単語がセットになっている。


華原朋美の名を見聞きする時は、「病院」や「搬送」がセットになっている。


華原は芸能界に戻りたいのなら、TKなんぞに付けられた芸名を捨てたほうがいいんでないかい?

2010年8月30日 (月)

いつか見た朝焼け

1400本目の記事です。写真のみです。

いつか見た朝焼け

2010年8月28日 (土)

「す」を美しく

昨日の続編のような話。


文末の「す」(ですますのす)の発音が汚い、若手女優が少なくない。


態度の悪いおバカなギャル役だったらむしろそれが良いけれど、知的、切れ者、清楚といったキャラクターには相応しくない。


大抵の場合すぐに直せるのに、そのままOKしてしまう演出家にも問題あり。

2010年8月27日 (金)

どうせ寿なんでしょ。それにしても退職は惜しい。

先日、フジテレビの高島彩アナウンサーが今年末で退社することが発表された。恋人の母親が“息子の嫁は専業主婦でなければならない”と主張しているという主旨の記事を読んだことがあるが、それが事実であれば、退社によって結婚の許しが出るはずで、来年前半に婚約か入籍が報じられるのだろう。


高島アナウンサーのアナウンスは素晴らしい。いわゆる「噛む」ことが少ないし、鼻濁音をしっかり意識して発音している。


鼻濁音を無視している声優の朗読・ナレーションやアナウンサーの喋りを聞いていると、「こいつは何を学んだんだ?」と怒りを覚える時もある。


※8月28日、補足・修正しました。

2010年8月26日 (木)

ブログを読んだわけじゃないのに、

テレビは誤作動しなくなったし、財布から小銭を出しても剥がれた革が指に付かなくなった。


で、こんなことを書くと来週あたり再発したりするんだよなあ。

ルール変更を求む。

テレビで誰かも言っていたが、我が国の首相を決めることになる民主党代表選に日本国籍を有しない者が投票できるというのは大いに問題だ。


投票した外国人の本国と日本が対立した時(既に領土問題などで対立している)、民主党はどちらの国益を第一に考えるつもりか。


人権施策等に在日外国人の意見を反映させることは重要だが、選挙権を与えるのは明らかに行き過ぎである。

2010年8月25日 (水)

本日の2往復

夕方のスーパーで二百ウン十円台のウインナーを買い、戻ってからレシートをよく見れば、何と398円取られているではないか。


暑いからこのままでいいかと思ったが、他の購入者のためにもやはり指摘しておくべきだと思い直し、ウインナーとレシートを持って再びスーパーへ。


まずは再確認と売り場へ直行した。


それ見たことか、大きな札に268円と手書きしてあるじゃないか!


あれ?その横に通常使用の小さな札が挟まっているぞ。プリンターの印字で398円とある。


どういうことだ?商品名は?


・・・・・・・・・・


268円は、私が買ったウインナーの右に置かれた他社のウインナーの価格だった。大きな札が左に寄っていたため、勘違いしたのだ。


俺の負けだぜ。


まぶた閉じよう。

2010年8月24日 (火)

円高と株安

経済に、というより経済も詳しくない私でも、現在の円高と株安は相当まずいと思う。


政府も日銀もこのまま対策を講じないと、民主党代表選にも影響するのではなかろうか。


株を主な収入源にしている人たちは大変だろうなあ。

2010年8月23日 (月)

もっと早くできないか。

チリの鉱山に閉じ込められた作業員33人が全員生存しているというニュースを見た。(事故は5日に発生したそうだが、そんな事故が起きていたなんて知らなかった。)


作業員を救出するための穴を掘るのに4ヶ月もかかるという。周辺国に助けてもらうとかして、もっと早く掘らないといけないだろう。

2010年8月22日 (日)

誤作動

本日も猛暑日。これはひょっとすると9月下旬でも真夏日になるかもしれぬ。


この暑さのせいか、数日前からテレビがたまに誤作動する。本体のチャンネルボタンを押しているのに、ビデオ画面に切り替わってしまう。


私も軽い頭痛と吐き気を覚え、水や保冷剤で首、わきの下などを冷やし、塩を溶かした煎茶を飲んだ。


明日の最高気温が32度だったら、私は「おっ、今日は涼しい!」と感じる自信がある。でもまた猛暑日になるらしい。とほほ。

2010年8月21日 (土)

また買い替えか・・・。

洗濯機を買い替えた今年、財布の購入も検討しなければならなくなった。


内側の革がぽろぽろ剥がれ、小銭やポイントカード等は勿論、取り出す際に指にも付着するようになったのだ。


ネット通販のサイトをいくつか覘いたが、本やCDなどとは違い、やはり現物を手に取らずして購入ボタンをクリックできるものではない。


来週にでもデパートへ行って調査してみるか。

2010年8月20日 (金)

「号泣」

私が愛用している小学館の国語辞典によると、号泣とは、大声で泣きさけぶことである。


NHK総合「ゲゲゲの女房」の撮影終了を報じる記事の中に、松下奈緒が号泣したというものがあった。しかし、写真や他社の記事を見る限り、涙が頬を伝い、声が震えた程度だったようである。


近年はテレビ番組でもその程度の泣き方を「号泣」と表現するケースが目立つ。それで「号泣」だったら、本来の号泣は何と言う?「マジ泣き」か?


メディアの誇大表現と、日本語力の低下。嘆かわしい。(私は気を付けるぞ。)

時計の話

(その1)


この時期はHDDレコーダーの時計が狂うよねー。


ブルーレイ対応の新製品はどうだか知らないが、私が使っているレコーダーは(実家にある物も含め)NHK教育テレビの正午の時報を受信して自動的に時刻調整するようになっている。ところが、この時期は高校野球中継のため時報が放送されず、よってズレが生じてしまうのである。


(その2)


腕時計に電池切れ寸前のサインが表れたので、夕方、電池交換してもらった。日付が12月2日になっているのを帰ってから修正し、他の機能もチェックしたところ、アラームが鳴らなければ、ストップウォッチの操作音も聞こえない。数ヶ月前にストップウォッチを使った時には、ちゃんと音がした。さてはあの店員、設定を変えたのか?と疑い、再び時計店に出かけ、穏やかな口調と態度を心がけながら尋ねると、「電池を交換しただけです」。店員に責任が無いことについては納得した。


電池が新しいのに音が鳴らないというのは、古いタイプの目覚まし時計にたとえると、鐘を打つ棒が動かなかったり位置がずれたりして鐘に当たらないようなことなのだろうか?


購入してから今春で丸25年。修理に出してみるか、回復は無理と諦めるか、迷っている。

2010年8月19日 (木)

熱中症に関する疑問

一酸化炭素中毒の場合、症状が発生すると秒単位で一気に悪化するため、窓を開けたり外に出たりする余裕を与えられず、そのまま倒れてしまうと聞いたことがある。


熱中症もそういう病気なのか?私はそうじゃないと思うのだが、体がより自由に動くはずの20代、30代の人までが亡くなってしまうということは、私の考えが不正解なのか?


よく分からないので、変調を自覚しなくてもとにかく水分・塩分を多めに摂ろうという方針で生活している。

空気を読もう。

民主党内では来月行われる代表選挙への小沢一郎前幹事長の出馬を期待する声が多いらしい。


私はかつて、彼について裏で糸を引くよりも表に出たほうがクリアでいいと書いたけれども、もし彼が出馬して代表になれば、党及び内閣の支持率は間違いなく下降すると思う。そして、与野党対立は激化し、ねじれ国会はねじれにねじれ、法案も予算案も通らなくなり、遅くても来年夏までに総選挙という予想。


民主党のセンセイ方は、党外の空気をどの程度読んでいるのだろうか?

2010年8月18日 (水)

8月18日のつぶやき

アスカコーポレーションのCMを見るたびにコージー富田を思い出すのも私だけだろうか?

2010年8月17日 (火)

8月17日のつぶやき

テレビでJOY(食器の洗剤ではない)を見るたびに三田明を思い出すのは私くらいのもんだろうよ。

2010年8月16日 (月)

見えないものが見える時

甲子園の全国高校野球選手権大会に母校は出場していない。贔屓の学校も無い。野球賭博に関与する予定も無い。それなのに、何故かテレビ中継をちょくちょく観てしまう。


今日の第4試合、九州学院VS鹿児島実業は興味深かった。


7対4で迎えた9回裏、3点リードで十分余裕があるはずの九州学院の投手は追い詰められて、敗者のような顔をしていた。案の定、連打を浴び、サヨナラ負けを喫するかと思われたが、辛うじて踏みとどまり、延長に持ち込んだ。


10回表に九州学院が1点を取り、その裏、投手は点差が9回よりも小さいのに、今度は堂々としていた。結果、そのまま逃げ切った。


どうしてこんな反比例が起きたのか。9回裏に鹿児島実業のチーム全体が“気”のようなものを発し、彼はそれを感じ取り、圧されてしまったとしか考えられない。

2010年8月15日 (日)

きねんび

8月15日は「終戦の日」か「終戦記念日」か?


戦争で数多の命が奪われ、しかも敗れたのに、記念日とは何事かと憤る方もいらっしゃるだろうが、もう空襲におびえることも無く、これ以上兵隊に取られることも無い、戦争状態から解放された区切りの日という意味で記念日と言ってもいいのではないかと思う。


8月15日は終戦記念日。そして、平和を祈る平和祈念日だ。

45000アクセス突破

8月12日に累計アクセス数が45000を突破していました。


アクセスしてくださった皆様に改めてお礼申し上げます。

2010年8月10日 (火)

盆前なのに、

台風が来るなんて。


でも、きっと不謹慎だけど、雨を期待してしまう。雨で空気を冷やしてほしい。

2010年8月 9日 (月)

意思表示の大切さ

交通事故に遭った男性が脳死と判定され、男性の臓器が移植されることとなった。男性は自分の臓器を提供する意思を書き物に残していなかったが、口頭で表明したのを家族が聞いており、家族が臓器提供及びそれを前提とする脳死判定を承諾したという。


こういう話を聞くと、意思表示の大切さを改めて思う。


私は臓器移植に関心を持ちながら、昔もらった意思表示カードをどこにやったか分からないし、家族と話したことも無い。


慎重かつ厳正な判定により脳死と診断されたのであれば、私は臓器提供を拒否しない。と、ひとまずブログに書いておく。

2010年8月 8日 (日)

渋滞が読めなくて

お盆までまだ日があるのに高速道路がもう渋滞するのは、休暇の分散化・長期化のせいなのか?


JRで帰省する私だが、今回の渋滞には大いに関心がある。というのも、来週前半、上りの高速バスで遠出しようと企んでいるからだ。


上り線渋滞のピークにぶつかろうものなら、その後の予定が狂ってしまう。それ以前に乗車券を買えないかもしれない。


ピークに重なると覚悟して、出発時刻を早める手もあるが、どれだけ早めればいいのか分からない。


ああ、どうしよう。

2010年8月 7日 (土)

世界は一人のために?

前にも書いたと思うが、私は高確率で映画館で困った客と一緒になる。


一昨日は、最前列中央寄りに座った中年男が上映中に席を立った。それ自体は問題ではない。トイレに行きたくなることもあるだろう。問題は、出て行く時も戻る時も身を屈めず、しかものろのろと歩いたことである。


足腰が悪い感じではない彼がそうしたのは、自分が後ろの客の鑑賞の妨げになるという意識が全く無いからである。その証拠に、何度か両腕を真上に伸ばしもした。


自分一人だけが映画を観ていると錯覚する奴は映画館に行かないでほしい。DVDを借りて家で観なさい。

2010年8月 6日 (金)

西日本横断ブログ旅 8月5日深夜放送分をアップしました。

昨夜放送された毎日放送「ロケみつ」の「桜 稲垣早希の目指せ!鹿児島 西日本横断ブログ旅」の内容を大雑把に書きました。


読んでくださる方は、ここをクリックしてください。

2010年8月 5日 (木)

とめどなく流れる汗

水分を摂ったから汗をかくのか、汗をかいたから水分を摂るのか、まあ両方なんだろうけど、そんなことを考えた今日も猛暑日。


でも、汗が出るのは有難い。涼しくないのに汗が止まったら恐ろしい。


9月になっても暑い日が続くといわれている。気温低下は諦めて、水分、塩分、保冷剤(首、わきの下、内股に当てる)、ぬるま湯シャワー(冷水を浴びると、その後余計に暑く感じる)で乗り切るしかないってことか。

2010年8月 4日 (水)

私、困ってます。

ここ1~2ヶ月、床下からカリカリとひっかくような音がすることがある。


猫が爪を研いでいるものと推測する。


手が届く場所ではないが、例えば何かのスプレーを吹きかければ液がぎりぎり付着しそうな位置だ。しかし、飼い猫だろうから、実行に移すのはためらわれる。


自主的にやめてくれないかなあ。

2010年8月 3日 (火)

芸能界特技王決定戦 TEPPEN

本日19時からのフジテレビ「芸能界特技王決定戦 TEPPEN」は、期待通りの面白い企画だった。


ピアノ演奏と絵画の審査員の人選がポイントだと思っていたが、いずれも納得のいくメンバーだった。


次回に向けて改善してほしいのは、ピアノ部門のレベルアップと進行のテンポアップである。試合(対決)開始前の長ったらしい実況は不要だ。


私は前にも書いたように、こういう企画を(今年で幕を閉じた)正月のかくし芸大会の後継に据えればよいと思っている。

2010年8月 2日 (月)

一石二鳥を狙ったが、・・・・・。

冷夏って予想していたのは何処のどいつだ!!


と、怒鳴りたくなるような暑さ。


涼しい場所に行きたくて、また、ちょうど読みたい資料もあったので、図書館へ行ってきた。だが、資料は無く、某作家の全集を十数ページほど読んで退出した。


遠いほうの図書館なら、資料はきっと置いてある。それを読めば、少しは前進できるかもしれない。


ところで、夏休みの図書館には、予想通り受験生が集まっていた。自習席の殆どを占め、黙々と勉強している中で、携帯電話の画面を見ている女生徒が一人。さすがにマナーモードにしてはいるのだろうが、感心しない。

2010年8月 1日 (日)

不気味な訪問者

昨夜9時過ぎ、何者かが玄関ドアノブを回す音が聞こえたが、名乗りもしなければこんばんはとも言わないので無視した。今日は来なかったから、おそらくセールスか勧誘だったのだろう。


しかし、あれは怖かった。ノックするのが常識というものである。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ