最近のトラックバック

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

日本人は少し変わったか?

昨夜のサッカーワールドカップ日本対パラグアイ戦の生中継は観ず、Youtubeで懐かしい歌を聴きながら、インターネットの速報サイトでチェックしていた。


試合が終わり、ペナルティ・キックを決められなかった選手がバッシングされるのではないかと案じたが、私がテレビやインターネットで見た範囲では、そういう声は意外に少なくて良かった。

上半期は不作

2010年の上半期が今日で終わる。そこで、年末の新語・流行語大賞にノミネートされそうな単語を拾ってみた。


・3D
・アバター
・整いました
・サムライブルー
・無回転シュート
・ブブゼラ


バンクーバー五輪を象徴する言葉が思いつかない。何かあったっけ?


上海万博といえば例のパクリ曲だが、「パクリ」は古い言葉だし、他に適当な表現が見つからない。


少ないなあ。私が忘れたとか知らないのでなければ、寂しい上半期だったと言わざるを得ない。

2010年6月29日 (火)

過熱報道はいつまで続く?

近所の飲食店の店先のホワイトボードに、本日の営業は22時から、決戦は23時からと書いてあった。「うちの店で食べながらサッカー観戦しませんか」と言いたいのだろう。


私は裏番組を観て、日本対パラグアイ戦は後半の終盤にちょっとだけ見て点数を確認するつもりである。

2010年6月28日 (月)

閉店ガラガラ

近所のビデオレンタル店のシャッターが半分開いていて、店内ががらんとしていた。


店が狭いから作品数が少なく、壁のポスターもヒットしたとは思えない映画のものが大半だった。


そもそもレンタル店に行かなくてもテレビ、パソコンや携帯電話で視聴できる時代に、よくぞ今まで営業を続けてこられたものだと思う。


大型店だってこれからどうなるか分からない。将来的にはネット配信のみにするか、ネットで観るよりも画像が美しいソフトを置くなどして店舗を守るか、いずれにせよ生き残りは厳しそうだ。

2010年6月27日 (日)

2010年春のテレビドラマが終わって(ないけど)

4~6月期のテレビドラマのうち、毎回観たのは「八日目の蝉」、「チェイス ~国税調査官~」(NHK)と「Mother」(日本テレビ)だった。


ベストは「八日目の蝉」と「Mother」かなあ。

2010年6月26日 (土)

逆ならたくさん

留守電に県議からのメッセージが入っていた。


「(参院選選挙区候補者)○○さんをよろしく・・・・・」


消去法で投票しなければならない悲しさ。他所の選挙区を含め、当選させたくない候補者の名前を書けるようにしてくれたら、何人でも書くのに。

また、やってもうた。

前の記事のタイトルと本文の矛盾。


直したいけど、あえてこのままにしておこう。

2010年6月24日 (木)

迷い蛍

迷い蛍
障子を開けたら窓硝子に蛍が一匹。

この後、紫陽花の葉に飛び移り憩っていたが、目を離した隙にいなくなってしまった。

きっと、あの川へ帰ったのだろう。

2010年6月22日 (火)

眠れぬ夜にラジオを聴けば、

懐かしい人が現れる。


昨夜(今日午前)3時過ぎに目が覚めてしまい、ウォークマンのラジオ電源ボタンを押した。


FMから流れるマイケル・ジャクソンが一部で彼に似ていると言われていた同級生を思い出させ、AMでかかったスターダスト・レビューの「夢伝説」はこの曲を好きだと話していた同級生を思い出させた。後者は中島みゆきのファンでもあって、「研ナオコが(中島が作った歌を)歌うのはいいけど、〔名前は伏せておきます〕が歌うのは許せない」と怒っていたっけ。私は〔名前は伏せておきます〕だって今でも良いと思うけど。

2010年6月21日 (月)

流れぬ水がひとたび濁れば、・・・。

閉鎖性は両刃の剣。古き良き伝統を守りやすくなる反面、悪しき伝統もまた保護されやすくなってしまう。相撲界は濁ってドロドロだ。


ある記者が、名古屋場所を中止すれば暴力団に屈することになるから開催すべきだと言っていたが、的外れである。なぜなら、暴力団は賭博の手数料や口止め料が入って、かつ自分たちが捕まらなければいいわけで、場所の中止など望んでいないからである。むしろ、開催してくれたから、維持員席に陣取ってテレビ中継を通じて服役中の親分に無言のメッセージを送ることが出来たし、もし“相撲賭博”なるものを開いて一儲けするなら開催されるほうがいいに決まっている。


相撲協会は名古屋場所を中止し、全力士に対しては「違法な賭け事に関与したことをいついつまでに申告しなかった者は、その後発覚すれば即解雇だ」と通告し、文科省に「改革が進んで相撲界がクリーンになったと認められるまで公益法人から外してください」と申し出るべきだ。

2010年6月20日 (日)

生もみじを買った。

14日、念願のにしき堂の生もみじをゲットした。


実家の両親と弟にも食べさせようと8個入りの箱に手を伸ばしかけたが、喜ぶどころか「金はまだあるのか?」、「土産なんか買う金があったら、自分の食費にまわせ」などとぐだぐだ言う親の顔が目に浮かび、声が聞こえるようで、結局6個入りを購入し、一人で全部食べた。


想像と大きく異なるものだったけれど、美味しいことは美味しかった。

2010年6月19日 (土)

腹痛

昨日、今日と、数時間の腹痛が起きている。


腹を壊しそうなものは食べていないし、寝冷えしてもいないのに。


何故だろう?

2010年6月18日 (金)

貸金業法改正に思うこと

改正貸金業法が施行され、関係機関への問い合わせが殺到しているという。


前にもこんなことがあったような気がする。国民生活に大きな影響を及ぼすであろう法律については、施行直前や施行後になってあたふたしないよう、法案が提出された時点で大きく報道され、我々視聴者・読者もしっかり注目していかなければならないと思う。


ところで、借入額を年収の3分の1以下に制限する等のこの改正は多重債務問題解消のためだそうだが、ここ数日多くの人が指摘しているように、かえってヤミ金融に手を出す人を増やしてしまうのではなかろうか。


多重債務者のうちの金銭感覚が狂っている人には良い薬になるだろうが、国全体で考えると改悪だと思う。

2010年6月17日 (木)

落ちたらどうするんだろう?

来月の参議院選挙立候補予定者の演説会のポスターがあちらこちらに貼ってあるのだが、日取りが選挙後になっている。


落選したらどうするんだろう。敗戦の弁を語り、次の選挙はよろしくと頭を下げるのか、それとも中止するのか。


写真と名前だけにしておけばいいものを。

2010年6月16日 (水)

口蹄疫被害義援金が11億円を突破

本日付けの読売新聞社のネット配信記事によると、宮崎県が口蹄疫被害義援金が11億2157万7744円に上ることを明らかにしたという。また、同県に対して農家以外の事業者から義援金配分の要望が寄せられているが、影響を受けた畜産農家への支援をうたって募った義援金なのでそれはできないと説明しているとのことである。


***** ***** *****


仮に畜産農家以外に配分しようとしても、減収分のどこまでが口蹄疫によるものか算定が困難だから、配分しにくいだろう。


一日も早い口蹄疫の終息を祈るばかりである。

2010年6月15日 (火)

日本語は難しいシリーズ

今日のテレビの報道を見て、「勝てば官軍」という言葉が何度も浮かんだのですが、意味が違ってましたなあ。


「手のひらを返す」なら合っているんだろうけど、面白味に欠ける。


うまいことを言いたいけど、思い付きません。

2010年6月14日 (月)

洗いざらい話しましょう。

野球賭博に加わり、そのことで暴力団に脅されたなどと週刊誌に書かれ、いや関与していないと否定していた大関琴光喜が一転して賭博への関与を認めた。警視庁はあらためて事情聴取するという。


前回は警視庁に対し「言えません」と述べたそうだが、今度は全て話すべきだ。


賭博の罰も勿論受けなければならないが、おそらく警察が一番注目しているのは、人の過ちや弱みにつけ込む暴力団の動きだろう。週刊誌記事のとおり、本当に恐喝があったのなら、脅した者も懲らしめてやらなければならない。

2010年6月13日 (日)

意地の悪い私

当地ではテレビ番組が東京よりも2~3ヶ月遅れて放送されるのは珍しくない。だから、たまに東京よりも早く放送される番組があると、ちょっとした優越感に浸ることができる。


しかし、放送が遅れる故のメリットもある。例えば、普段見ない番組に好きなタレントがゲスト出演した場合、東京での放送の数日後にそれを知っても十分に間に合う。


田舎ならではの、一長一短の話。




※6月14日一部修正

2010年6月12日 (土)

コバエ捕獲作戦2010

生ゴミをこまめに処分し、そのたびに三角コーナーを丁寧に洗えば、コバエの発生はかなり抑制できるだろう。だが、僅かなゴミのために三角コーナー用生ゴミ入れと役所指定の有料可燃ゴミ袋を頻繁に交換するのは不経済である。そこで、捕獲器に頼ることとなる。


今年はアース製薬の「超強力粘着 ハエとり棒」を使っている。これがなかなかの優れものだ。


流し台を使わない時、三角コーナーの真ん前にハエとり棒を置いておく。それだけでも効果があるけれど、数時間おきにでも三角コーナーをカタンと動かしてやると、生ゴミに夢中になっていたコバエがびっくりして飛び出して、まんまと棒に止まるのである。


昨年使用した同社の「コバエがホイホイ」よりも、ハエとり棒が断然役に立つと思う。
(ただ、粘着剤に触れると大変なので、乳幼児がいるお宅などは避けたほうがいいかも。)

2010年6月11日 (金)

昨日の補足など

昨日「無事に帰国できることを祈っている」と書きましたが、それまでに犯罪に巻き込まれた方がいらっしゃることを踏まえて書くべきでした。


反省。

2010年6月10日 (木)

勝敗よりも治安

昨日、某家電量販店のテレビ売り場で、サッカーのワールドカップを新しいテレビで観戦しませんかと必死にPRしていた。


ワールドカップは勝敗よりも治安が気になる。各国から集まった選手、ファン、マスコミたちが無事に帰国できることを祈っている。

2010年6月 9日 (水)

日帰り映画鑑賞ツアー

目が開いた時刻がちょうど4時30分。体内時計は壊れていないようだ。


今日は映画を3本鑑賞。3本目がどうしようもない駄作だった。あの俳優がどうしてこんなつまらない仕事を引き受けたのか、首を傾げる。


来週は4、5本観るぞ。

2010年6月 8日 (火)

模様替え

解体した状態のまま部屋の隅に置いていた机と椅子をついに使うことにしたのだが、肝心のネジが行方不明。探すよりも買ったほうが早いと、午前中にホームセンターで購入した。


ところがサイズが合わず、午後再び出かける。


夕方から片付けと組立て作業。


疲れた。明日は朝早いから寝過ごさないようにしなければ。

2010年6月 7日 (月)

ご祝儀相場はほどほどに。

新政権のキーワード「脱小沢」、「反小沢」。


民主党や新政権への支持率が急上昇した要因の一つは、間違いなくそれだろう。しかし、脱(反)小沢が半年、一年と続くとは思えない。


来月に予定されている選挙の後、参議院での民主党議席が過半数に達したとしても、投票用紙にその候補・党を選んだ理由までは書かないのだから、「脱(反)小沢路線ではなく民主党が支持された」と解釈することだって可能なのだ。


そういう展開もあり得ると予測した上で投票しなければならない。

2010年6月 6日 (日)

20年後

洗濯機を買い替えて、弱洗いができるようになった。


設計上の標準使用期間は、1日平均1.5回を毎日洗濯して7年と取扱説明書に書いてある。私は週に3~4回しか使わないので、前の洗濯機同様、20年くらい問題なく使えるかもしれない。


20年後は60歳か。それまで生きているだろうか。生きているのであれば、何をしているだろうか。

2010年6月 5日 (土)

「相棒 -劇場版Ⅱ-」公開決定

テレビ朝日のホームページを見て、「相棒」の映画2作目が12月に公開されることを知った。


私もエキストラ参加した1作目は、犯罪の動機と犯行のつながりが弱いかった。スケールの大きさを優先したお祭り騒ぎ的作品だった。


2作目の舞台は警視庁だそうなので、派手さよりもストーリーを重視した作品になる(なっている)ことを望む。

2010年6月 4日 (金)

「ザ・コーヴ」上映中止問題

日本のイルカ漁を撮影したアメリカのドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」の上映を予定していた東京、大阪の映画館が、市民団体等からの抗議を受け、上映中止を決めた。


市民団体は「反日映画だ」と怒り、地元漁協は「事実誤認がある」と主張している。


私は以前ニュースで映画のごく一部を見たが、漁師をマフィア呼ばわりしていて、悪意を感じた。しかし、上映中止は残念に思う。


全編を観なければ、どこまで反日的なのか分からない。捻じ曲げられた事実を観客が鵜呑みにするおそれがあるというのなら、例えば、地元漁協の見解を本編の前か後に上映してはどうだろう。


さらに、漁協が訴えている漁師の肖像権の問題についても、ボカシを入れればクリアできるのではないか。

2010年6月 3日 (木)

考えることは同じですね。

さきほど、日本テレビ「NEWS ZERO」のキャスターが、新政権には官僚を排除するのではなく活用してほしいと述べたが、私も同感である。


鳩山政権の「政治主導」がイコール官僚排除・官僚敵視となっていたことが普天間問題にも影響していると私は思っている。

2010年6月 2日 (水)

まさかの辞意表明

口蹄疫被害義援金の送金、靴屋の下見、ミニロト当せん金受取など、歩き回って帰ってきたら、鳩山首相と小沢民主党幹事長が辞意を表明したというではないか。


首相退陣を求める声がどんなに高まろうと、少なくとも参議院選挙が終わるまでは辞めないと思っていた。


小沢幹事長にしても、世論調査では辞任せよとの回答が半数を超えていたが、どうせ辞任したって裏で糸を引く人なんだから、表にとどまってもらったほうがその分クリアでいいじゃないかと思っていた。


アメリカ政府が「俺たちが普天間基地の県外・国外移設を拒否したから彼らは辞めた」と増長し、我が国の国益が大きく損なわれやしないかと懸念している。


さて、首相の後任には菅副首相が最有力と言われているが、参院選で民主党が惨敗したらまた交代するのか?

2010年6月 1日 (火)

3226分の1

先週購入したミニロトの抽せん結果は、本数字が9、17、19、22、29で、ボーナス数字は6だった。

3226分の1

3等当せん!!
(それを知った瞬間、心臓が1秒近く止まった気がする。)


人生初、しかも厄年に、1枚のくじで万のつくお金が当たった。
(9100円の黒字)


口蹄疫被害義援金を1000円送る準備をしていたが、増額しよう。
(石垣島で口蹄疫に似た症状が出た牛は別の病気だった。不幸中の幸いだ。)


残額で靴を買うか、回転寿司でたらふく食べるか、迷うぜ。


当せん祈願をした神社に今度報告に行かないと。


※6月2日一部修正

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ