最近のトラックバック

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

お笑い、いや笑えない教科書検定

今日の新聞に小学校教科書検定の主な検定意見が載っている。


それによると、どこかの出版社が1・2年生活の教科書にカマキリを顔面に載せた男の子の写真を掲載しようとしたら、安全について必要な配慮を欠くとの検定意見が付いて、別の写真に差し替えることになったんだそうな。


どなたのご意見か知らないが、どういう危険を想定したのだろう。おそらく、(1)カマキリに付着している雑菌が人体に悪影響を及ぼしかねないという危険、(2)カマキリのカマや足が子供の目に入る危険、(3)カマキリが目を塞いで子供が転倒する危険のいずれかだろう。しかし、いずれにせよ、考え過ぎ、過保護だと言わざるを得ない。


脱ゆとり路線は大賛成だが、何も無い無菌室で子供を育てるような発想は捨てるべきである。


※ちなみに、私は虫を触れません。

超難問

ニュースを見る度に普天間基地移設問題は極めて難しいと思う。今日の党首討論で鳩山首相は移設先の了解を得ると述べたが、近くに米軍基地ができますよと言われたら、普通反対する。


どうするんだろう。どうなるんだろう。


結局、アメリカがこだわっている現行案どおりにするか、どこにも移さず今のままになってしまうのではないか。

2010年3月30日 (火)

文句は無いの?

揉めていた郵政改革は、亀井(郵政改革相)・原口(総務相)案に基づいて進められることになった。民業を圧迫すると閣内からも批判があった、ゆうちょ銀行への預入限度額の引き上げ(1000万円から2000万円へ)も実現するようである。


ところが、その“民業”(他の金融機関)が亀井・原口案に反対しているとか、抗議したとかいう話は聞こえてこない。私がニュースを見聞きしていないだけなのか?

2010年3月29日 (月)

本日の後悔 ~豆腐の行方~

今朝、松屋でソーセージエッグ定食を注文した。選べる小鉢は冷やっこを選択した。


女性店員が冷蔵庫から豆腐のパックを取り出し、ビニールのふたを剥がして皿の上にひっくり返すも豆腐は落下せず、苦闘していた。


それから一旦目を離し、再び目を向けると、作業台の上には形の崩れた豆腐を載せた皿があり、彼女はその手前に置いた新しい皿に豆腐を落とそうとしていた。


その後、私には成功した豆腐が出され、失敗した豆腐はタッパーに入れられ、どこかへ運ばれていった。


あの時、目を離してはいけなかったのだ。2個目の豆腐パックのふたが剥がされる前に「その(崩れた)豆腐で構わないですよ」と言わなければならなかったのだ。


失敗豆腐はおそらく店員の食事となり、廃棄はしていないと思うが、店員は心ならずも食べなければならないわけで、私はしくじったと悔やんでいる。

2010年3月28日 (日)

俺を惑わす土曜のチラシ

土曜日の新聞には家電量販店のチラシが3~4枚挟まっている。


昨日のチラシに新製品のテレビが載っていた。現有のテレビよりも画面がずっと大きいのに、消費電力は何とおよそ6割だ。


買い替えを延期するつもりだった私の心が、また揺れている。

2010年3月27日 (土)

容疑者拘束というけれど、・・・。

いわゆる中国製毒入りギョーザ事件の容疑者が拘束された。製造元の天洋食品の臨時従業員だった男で、正社員にしてもらえない不満が動機となって、注射器を使ってギョーザにメタミドホス(殺虫剤)を注入したという。


マスコミや日中のネットユーザーと同様、私も「何故今頃?」と思う。内部犯行ならば、もっと早く容疑者を特定できたのではないか?その男が本当にやったのか?事件発覚から今日までの捜査の経緯について、中国警察の詳細な説明を聞きたいものである。

2010年3月26日 (金)

桜に雪

桜の開花が始まったというのに、雪が降るとは。


まあ、それも綺麗ではあるが。

2010年3月25日 (木)

延期しようかなあ。

テレビの買い替えを延期しようかなあと思っている。


狙っていた商品は来月からエコポイントが付かなくなるため、今月中に売り切れなければ更に値下げされるかもしれないが、消費電力が今使っているテレビの約1.5倍というのがやはり引っかかるのだ。


そのうち消費電力の少ない同等機種が発売されるだろうし、それまでには宝くじも当たるかもしれない。

2010年3月24日 (水)

名曲誕生

一昨日、外出直前に髭を剃っていないことに気付き、急いで剃って出かけたら、出発時刻を間違えていた。


1時間の空きが出来たが何もすることがないので一旦戻り、テレビをつけると、NHK教育テレビで今年の全国学校音楽コンクールの高等学校の部の課題曲を発表していた。


谷川俊太郎作詞、鈴木輝昭作曲の「いのち」を聴き、目の奥が熱くなった。歌い甲斐のある曲だと思う。

2010年3月23日 (火)

一緒にやってみたら?

バンクーバーパラリンピックの日本代表選手のメダルの数は11個で、トリノパラリンピックやバンクーバーオリンピックを上回った。


何だかんだ言っても、メダルを獲れて、その数が多ければそれに越したことはない。おめでたい。


ところで、パラリンピックの期間中に何度か考えていたのだが、夏季大会を含め、種目によってはオリンピックとパラリンピックの垣根を取り払えるものがあるのではなかろうか。それらについては障害の有無を問わず一緒にやったほうが一層盛り上がるだろうし、障害者スポーツへの関心が高まり、理解が深まると思う。

2010年3月22日 (月)

本日は好天なり

一昨日、昨日と強風が吹き荒れ、その上昨日は雷鳴がとどろき、霰らしきものが外壁を打つ音もしたが、今日は穏やかな一日になりそうである。


外出の直前になって髭の剃り忘れに気付く。やばいぞ。

2010年3月21日 (日)

ぴあさん、これでいいんですか?

昨日の新聞に、ファミリーマートがぴあとの提携を5月末に解消し、ぴあのチケットの取り扱いを終了すると書いてあった。


同記事によると、セブン&アイ・ホールディングスが既にぴあと資本提携を結んでいるそうなので、ぴあのチケットの購入や受け取りはファミリーマートからセブン-イレブンに切り替わることになるのだろう。


私は近くにセブン-イレブンが無い所に住んでおり、怒りと悲しみがこみ上げたが、幸い徒歩圏内にぴあの店があることを思い出し、落ち着きを取り戻した。


サークルKサンクスでもチケットぴあを取り扱っているが、サークルKサンクスも出店地域に偏りが見られる。


セブン-イレブンもサークルKサンクスもぴあの店もはるか遠く、電話やインターネットで予約したぴあのチケットを、割高の郵送で取り寄せざるを得なくなる地方在住者の嘆きが聞こえてきそうだ。

2010年3月20日 (土)

S-1グランドチャンピオン2010

昨夜放送された「S-1グランドチャンピオン2010」には好きな芸人も何組か出場したが、良かったのはグランドチャンピオン発表直前のソフトバンクの長いCMだけだった。


チャンピオンになれば1億円も貰えるのに、他の番組でやったネタよりもつまらないとはどういうことだ。賞金が高すぎて何をやればいいか分からなくなってしまったのか?

2010年3月16日 (火)

初めての黒字

当たった!ミニロトで初の当せんだ!


4等 900円。


でも今回は買ったのが4口(800円)だったから、初めての黒字。


夜になって気温がぐっと下がり、さっきから脚が冷える。コタツに入って小さな幸せをかみしめよう。

2010年3月15日 (月)

3月15日のつぶやき

☆毎日香のCMナレーションが六代目三遊亭円楽(三遊亭楽太郎改め)に代わっていた。唯一かつベストの人選だ。


☆若い人を中心に「すごく」と言うべきところも「すごい」と言うのがどうしても気になる(例:すごいうれしい、すごい緊張した)。嘆かわしい。


☆鳩山邦夫衆議院議員が自民党を離党した。新党結成と言うけれど、彼と組みたい人は一体何人いるのだろう。


☆覚せい剤所持で先週現行犯逮捕されたJAYWALKのボーカル、中村耕一容疑者の尿を検査したら覚せい剤の陽性反応が出たという。「1年ほど前から使うようになった」と供述している同容疑者。自宅にあったコカインや大麻も自分が使用するためのものだったとすれば、1年でいろんな悪い味を覚えたということになる。わずか1年でねえ・・・。

2010年3月14日 (日)

先週観た映画は、

最悪だった。


トータルで半分近く眠ってしまったが、「観た」ことにする。起きていた1時間強がつまらなかったということは、眠っていた間も面白いはずが無く、改めて全編を観たい気持ちは微塵も湧いてこない。


ところが、私が贔屓にしている映画の感想が集まるサイトでは結構評価が高い。好き嫌いがはっきり分かれる映画なのだろう。

2010年3月13日 (土)

2010年冬のテレビドラマが終わって(ないけど)

私が観た1~3月テレビドラマのベストは、10月から放送していた「不毛地帯」(フジテレビ)だった。ある脚本家は内容が難しくて途中から観なくなったと言ったが、私は決して難しくなかったと思う。


後半は「不毛地帯のMVPは原田芳雄だなあ」と思いながら観ていた。その原田芳雄が主演し、今夜全国放送されたNHKの「火の魚」も良かった。

2010年3月 8日 (月)

日本に二大政党制はなじまない。おそらく。

私が購読している地方紙の1面に共同通信社が行った世論調査の結果が載っている。過半数の人が「夏の参院選を経て民主党が単独過半数を占めないほうがよい」と回答したという。


昨年の衆院選で民主党は勝ち過ぎた(勝たせ過ぎた)と感じている人が多いのだろう。しかし、衆議院の小選挙区制が維持される限り、1つの政党だけがぼろ勝ちし、他の政党の議席数が揃って激減することは今後も起こり得る。私はこの頃、衆議院選挙の小選挙区制を中選挙区制に戻したほうがいいのではないかと考えている。

2010年3月 7日 (日)

飛べない男

靴下などを売っている店内を一巡した後、外に出ようとしたところ、何と階段が途中で切れている。そこから5、6メートル下に広々とした1階フロアが見え、その先に大通りに面した観音開きの門扉がある。


飛び降りなければ玄関に辿り着けない。1階には制服姿の若い女性店員が2人立っていて、「大丈夫です」と私に声をかける。それまで飛び降りた客は誰も怪我をしていません、だからあなたも大丈夫ですと言っているのだ。しかし、私はそれを信じられず、躊躇している。


昼寝をしたら、そんな夢を見た。


私の未来を予言しているのか?「お前はどうせ飛べない」と。「飛んだとしても必ず着地に失敗する」と。


逆に「お前だって無事に綺麗に飛べる。思い切って飛んでみな」と励ましているのならうれしいけど。

2010年3月 6日 (土)

買い時は何時だ?

私が購入を検討しているテレビは、来月からエコポイントが付かなくなる機種である。


したがって、購入した場合の実支出額は、
今月:テレビ販売価格-15,000円(26型テレビ購入+現有テレビのリサイクルのエコポイント)
4月以降:テレビ販売価格
となる。


エコポイント対象外になった商品を敬遠する客が多ければ、15,000円以上の値引きが実施されることも無くは無いだろう。何時買えば得なのかと悩んでいる。

2010年3月 5日 (金)

私が選んだ2009年の映画ベスト16

当初1月上旬にアップすると宣言しておきながら、ずるずると先延ばしにしてしまいました。ダメな奴です。


さて、昨年映画館で観た102本の映画(作品リストはここをクリック)のうち、10点満点を付けたのは16本でした。


第1位 チェイサー

第2位 嗚呼 満蒙開拓団

第3位 精神

第4位 グラン・トリノ

第5位 未来を写した子どもたち

第6位 スラムドッグ$ミリオネア

第7位 クヒオ大佐

第8位 チェンジリング

第9位 おと・な・り

第10位 その木戸を通って

第11位 南極料理人

第12位 カムイ外伝

第13位 カイジ 人生逆転ゲーム

第14位 童貞放浪記

第15位 のんちゃんのり弁

第16位 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない



【おまけ】
キネマ旬報ベストテンの作品を私の評価順に並び替えると、こうなります。
(〔 〕内はキネマ旬報の順位です。“-”は私は観ていないことを意味します。)

●日本映画●
 1〔1〕 ディア・ドクター
 2〔6〕 空気人形
 3〔3〕 劔岳 点の記
 4〔9〕 誰も守ってくれない
 5〔5〕 沈まぬ太陽
 6〔2〕 ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ 
 7〔8〕 サマーウォーズ
 8〔7〕 ウルトラミラクルラブストーリー
 -〔4〕 愛のむきだし
 -〔10〕 風が強く吹いている

●外国映画●
 1〔4〕 チェイサー
 2〔1〕 グラン・トリノ
 3〔8〕 スラムドッグ$ミリオネア
 4〔3〕 チェンジリング
 -〔2〕 母なる証明
 -〔5〕 レスラー
 -〔6〕 愛を読むひと
 -〔7〕 アンナと過ごした4日間
 -〔8〕 戦場でワルツを
 -〔10〕 イングロリアス・バスターズ
 ※キネマ旬報は8位が2作品

2010年3月 4日 (木)

木曜の夜は、

気分が落ち込んでいけない。


裏をかいたつもりが、向こうはもっとその先を行く。実に難しい。


溜め息を吐くだけ吐いて寝よう。

2010年3月 3日 (水)

曖昧な記憶

戸田菜穂が婚約を報告したというニュースを見て、あれ?この人結婚してなかったっけ?私は誰と間違えているんだろう?と記憶の箱をひっくり返してみるが、答えが出てこない。


前にも書いたと思うが、こういうことが時々ある。

2010年3月 2日 (火)

チリ政府はきっと国民の猛烈な批判にさらされるだろう。

チリ大地震救援金の募金箱に金を入れてきた。テレビの買い替えを検討しており、他にもいろいろと支出の予定があるため、少額にとどめた。


ところで、日本政府が医療チームの派遣を申し出たのに、チリ政府は断ったという。混乱していて受け入れられないのか、略奪や放火で荒れているところを他国人に見られたくないのか、それとも大多数の負傷者が病院に行けていない(壊れた建物内に閉じ込められている)のか。


現地取材中のNHK記者が指摘しているように、ハイチ地震直後には連日報道された救出作業の映像も見かけない。ハイチ地震より大きい地震だったことを差し引いても、政府の対応はまずいのではないか。


【3月3日追記】
今朝のニュースで救出活動しているところが紹介されました。ただ、どの程度の規模で展開されているかは分かりませんでした。

2010年3月 1日 (月)

工夫は必要かもね。

昨日、長時間にわたり、テレビ画面の右下(デジタル放送の16:9画面は中央寄り)に津波警報・注意報発令中地域に色付けした日本地図が表示されたことについて、「邪魔だ」「再放送しろ」など、テレビ局に直接抗議したり、ネットの掲示板等に書き込んだ人たちがいるという。


人的・物的被害を少なくするため、表示は行うべきだと私は思う(表示しない局に対して、不満を抱いた)。その反面、地図がテロップを隠すなど、見えにくい場面が多々あったことも否めない。今後は地デジのデータ放送のように画面を分割したほうがいいだろう。

今年の6分の1が終わってしまった。

前の記事の続き。


久光製薬方式を用いる前に、試しにちょっと手を伸ばしたら湿布を貼れてしまった(あえてら抜き言葉にしています)。


湿布と運動(肩の上げ下げ、腕回し等)によって昨日より若干良くなったように思うが、出かける計画は延期した。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ