最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

あんなに注意していたのに、

風邪を引いてしまった。昨日の昼から喉に違和感を覚え、しつこいくらいうがいをし、のど飴をなめたが、ウイルスが一枚上手だった。


未明には37度8分あった熱が36度台後半まで下がったので、インフルエンザではないと自己診断している。


今週は1日(映画サービスデー)に映画を観たり、2日か3日に散髪をしようと計画していたが、喉に痰がへばりついている感じと背中の寒気が取れるまでは静養だ。

2009年11月29日 (日)

TBSのボクシング中継を最後の数分だけ見た。

内藤大助に判定勝ちして新チャンピオンになった亀田興毅は、試合前の発言はどうかと思うが、試合後の態度やインタビューの言葉遣いは好感を持てるものであった。


ネット上では早くも判定に対する批判が起こっている。私は試合を全部見ていないし、ボクシングにも詳しくないので、判定についてはどうこう言えないが、少なくとも亀田興毅が人として成長していることは認められるのではなかろうか。


私も成長しなければならないのだが。

2009年11月28日 (土)

不正を許すな!!

或る食品会社が、商品に貼ってあるシールを集めて送ると、抽選でいろいろな物が当たるというキャンペーンをやっている。


私もシールを集めるようになり、必要枚数まであと1枚となった。その1枚を入手するべく、昨日、スーパーへ対象商品を買いに行った。


商品は棚にあった。よっしゃ、これで応募できるぞと心で歓喜しながら近付くと、シールが無い。キャンペーンは終わっていないのに、何故だ?更に目を近付け、驚いた。


シールの接着剤がわずかに付着し、シールの裏面の文字が移っていたのだ。


客か、さもなければ店員か、商品を買わずにシールを剥がして持ち去るとは!


奥にあったシール付きの商品を買って応募した私がたとえ落選しても、こういう不正を働く奴は絶対に当選しませんように。

2009年11月27日 (金)

ワゴンを組み立てる。

11月5日の記事の続き。


結局、C店でキッチンワゴンを買った。価格はA店の商品と同じだが、サイズが若干大きかったからである。


その翌日、組み立てたところ、カゴのレールが水平になっていない。部品の長さがバラバラではないかと測ってみれば、さにあらず。解体し、何でだろうとしばらく悩んだ末、説明書を手に取り隅から隅まで読んでみると、


「組立ての際、各部のボルトは仮止めにし、組立てが終わってから形を整え、しっかりと締めて下さい。」


と書いてあるではないか。


そのとおりに組み立て直したら、完璧ではないが、歪みは目立たない程度に改善された。


もしかしたら、B店の商品と同じものを買ってネットにクレームを書き込んでいた人たちの中にも、仮止めをせず、ボルトを差し込むと同時にきつく締めた人がいるかもしれない。


とまれ、ワゴンのおかげで流し台の前が少しはすっきりしそうである。どうしてもっと早く買う気が起きなかったのだろう。

2009年11月26日 (木)

亀山房代さん死去

昨日、私に「あら!」と声をあげさせたのは、ニフティのトップページに載っていた亀山房代さん死去のニュースだった。


私と学年で2つか3つしか違わないのも意外だった。もうちょっと年上だと思っていたので。


やしきたかじんがやっていた昼の番組にコメンテーター(パネラー?)として出演されていたのを思い出す。


ご冥福をお祈りします。

2009年11月25日 (水)

40000アクセス突破

本日午後、累計アクセス数が40000を突破しました。


こんなブログでも見てくださる人がいる。それを肝に銘じ、これからも大事に思うことからどうでもいいことまで書いていくつもりですので、どうかよろしくお願いします。

2009年11月24日 (火)

おまえも寒かろう。

螳螂


上下逆に撮ったのではない。週末の実家の車庫の柱に、頭を下にしてへばり付いていたのである。


撮影したのが午後2時過ぎで、夜が来て更けて明けてからも殆ど変わらぬ姿勢でここにいた。


今はどうしているのやら。

2009年11月23日 (月)

60回か。

第60回NHK紅白歌合戦の出場者名が発表された。


去年も書いたように、結局は誰を選ぼうとNHKの自由だと私は思っている。


そして、観るか観ないかは視聴者の自由。私の総視聴時間は去年を下回るであろう。


一部スポーツ紙が井上陽水の出場が内定したと報じ、ちょうど水曜夜の「SONGS」が4週連続で彼の特集を放送していることもあって、信憑性が高いと見ていたのだが、名簿に彼の名は無かった。出演交渉したけど断られたといったところか。

2009年11月21日 (土)

終了するのか。

フジテレビが毎年正月に放送してきたかくし芸大会が、来年で終了することになった。


近年は内輪だけで盛り上がっている感が否めず、見なくなったが、終了と聞くと少し寂しい。


この番組のためだけに練習して本番が済んだら二度とやらないようなことをやらせるのではなく、TBSのさんまのスーパーからくりTVのように、元々楽器をやっていた人を集めてコンサートを開いたり、元々一輪車、UFOキャッチャー等を得意としている(又は得意だと思っている)人を集めて競争させたりしたほうが、出演者の本気や素の表情をより引き出せて、魅力的な番組になったのではないかと思う。

2009年11月19日 (木)

結婚するのか。

今日のスポーツ紙で交際中と報じられた歌舞伎役者・市川海老蔵とタレント・小林麻央。


夕方のテレビのニュースの「結婚へ」の字幕を見て、小林が「真剣に付き合っている」と言っただけで、結婚に至らず別れてしまう可能性も無くは無いのに、随分気が早いねえと思っていたら、実は近日中に婚約するそうで。おめでたいじゃないの。


小林がキャスターとして参加している今夜の「NEWS ZERO」の視聴率がちょっと上がるかもね。

2009年11月18日 (水)

「新・三銃士」再放送

三谷幸喜脚色の人形劇「新・三銃士」(NHK教育)の第1話(10月12日放送分)から第14話(11月20日放送予定分)までが、20日深夜(21日午前)から3夜に分けて再放送される予定である。


第7話を見逃した私にとって、この再放送はありがたい。


原作自体が面白いのだろうが(私は読んでいない)、次回はどうなるんだと期待させる作品になっているのは、三谷のアレンジによるところも大きいと思う。

2009年11月17日 (火)

ゆるせない話

先週だったか先々週だったか、フジテレビ「人志松本の○○な話」で、映画館で上映中に物を食べたり、携帯電話のマナーモードの振動音を出す客が許せないという話をしていたが、私も昨日、ほぼ同じ経験をした。


中年男の席まで距離があったので食べ物のにおいはしなかったが、袋のかさかさ音が耳障りだった。「お食事は予告編が終わるまでにお済ませください」のアナウンスが無かろうと、そうするのが当然である。


マナーモードの着信音は2度鳴った。1度鳴れば、鳴らした本人は勿論、電源を切り忘れていた他の客もハッと気が付いて電源をオフにして、2度目は起こり得ないはずだ。にもかかわらず起きたということは、わざと電源を切らなかったと考えて間違いない。その上、私の2つ、3つ左の席にいた中年女は携帯電話のディスプレイを長いこと光らせていた。たかだか2時間でも電源を切れないほど大事な電話・メールを待っているのならば、そもそも映画館で映画なんか観ている場合じゃないだろう。


こういう連中に映画館に来る資格は無い。DVDを買うなり借りるなりして、家で観なさい。馬鹿者が。

天気が悪いので、

日本では本日深夜(18日)2時~4時頃がピークとされるしし座流星群を見るための帰省を中止した。


あくまでピークであって、明日、明後日でも条件が良ければ見られるのだろうが、先月のオリオン座流星群を観察できたので、もういいやと諦めた。


それにしても、寒い。

2009年11月16日 (月)

集中から分散へ

首都圏など、駅の周辺に10軒程度(以上?)のコンビニエンスストアが営業している地域があるという。


競争の枠を超えた潰し合いをやめる(避ける)ため、また、地方においても災害時の食料供給という重要な役割を果たすため、コンビニの分散化を進めるべきだと思う。(さすがに、人口が数十人しかいない山あいの集落にもコンビニを造れとは言わないが。)


am/pmを買収するファミリーマートは、2社合わせて現在約8,700の店舗数を9,000に伸ばす考えとのことだが、適切に配置していただきたいものである。

2009年11月15日 (日)

トリプル・アイスクリーム

「パナップ」で、


「生キャラメル味」で、


「期間限定」で、


この3つが揃ったら、買うしかないじゃないか。


トリプル・アイスクリーム

これぞ、アイスクリーム界の毛利元就や~。
(「三本の矢にたとえられたほうの“元就の息子たち”と書くべきではないか」というツッコミは無しでお願いします。)

2009年11月14日 (土)

正直者が馬鹿を見てはいけないのです。

先日死体遺棄容疑で逮捕されたI容疑者を、整形手術で顔を変え、偽名を使っていたため、容疑者とは気付かずに雇っていたことを警察に通報した建設会社が、社員の身元をきちんと調べない会社とは取引できないとして、取引先から相次いで契約を打ち切られたとのネット配信記事を読み、昨夜は腹が立って腹が立って、正直者が馬鹿を見てはいけないんだと怒りながら眠った。


しかし、今日のスポーツ報知の配信記事によると、「ようやった。これからも仕事、頼むわ」と社長を励ますお得意さんもいるそうで、世の中捨てたもんじゃないと嬉しくなった。


ところで、契約を打ち切った企業はどんな身元調査をしているのだろう。まさか、興信所を使ったり、本人の承諾を得ずに戸籍謄本を取り寄せたりしていないだろうな。

2009年11月13日 (金)

今回は50点

銀行からの帰り、不幸のどん底を歩いている私に、六十がらみの和装の女性が声をかけてきた。


「○○病院にはどう行ったらいいんでしょう」


「あそこに白っぽい新しい建物がありますよね。あの建物の前の広い通りを左に曲がってください」


かつて都内で、Tさんにばったり会って動揺している時に道を訊かれて酷い案内をしてしまったが、今日は割りと丁寧に案内できた。


しかし、表情を切り替えることまではできなかった。私の預金残高がやばくなってきたことはあのおばさまには何の関係も無い。だから、今回の道案内は50点だ。

2009年11月12日 (木)

2/33

今日の「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングにAKB48のうちの33人が出ていたそうだが、顔と名前が一致したのは2人だけだった。1人は名前だけ知っていて、他の30人はさっぱり。


「♪やっぱり僕はおじさんさ~」と改めて実感した日となった。

2009年11月11日 (水)

悪天候につき

強風と大雨のため、今日は外出を取り止め。今夜は冷えるから、コタツのスイッチを「入」にして眠ろう。


預金残高がついに危険ラインを下回り、自分の存在する意味を考えては憂鬱になるこの頃。

2009年11月10日 (火)

2年7ヶ月半の逃亡劇に幕

一昨年3月にイギリス人女性の遺体を遺棄した容疑で指名手配されていたI容疑者が、今日午後7時前、大阪・南港のフェリー乗り場で身柄を確保された。同容疑者は沖縄行きのフェリーに乗ろうとしていたものとみられる。


***** ***** *****

容疑者の足取りが一向に掴めず、たまに憶測のような情報が一部で報じられる程度だったが、容疑者の鼻を手術した名古屋市内の美容整形外科からの通報が事態を一変させた。ほくろの切除跡を不審に思い、容疑者ではないかと気付き、事件後の“新しい顔”の写真を警察に提供した医院の大手柄である。まるで、松本清張の小説に出てきそうな話だった。


勿論、フェリー乗り場から「似た人がいる」と警察に知らせた人も大手柄だし、容疑者を雇っていた建設会社の証言は逃亡生活の全容解明に資するであろう。

好感を抱いていたんだけどなあ。

元タレント・小阪由佳の個人ブログなるものを昨日、今日と閲覧したが、あれは本人?なりすまし?


本人だとしたら、体重の激増はさておき、いつからああいう性質だったのか、ちょっと興味がある。

2009年11月 9日 (月)

軽い判決

酒井法子被告に言い渡された判決は、懲役1年6ヶ月、執行猶予3年だった。


今日の読売テレビ「ミヤネ屋」に出ていた小向美奈子と同じ量刑である。酒井被告は警察に出頭したというものの、それまで薬抜きのために逃亡していたことを考えると、同じというのはおかしい。(そもそも検察の求刑が懲役1年6ヶ月だったから、裁判所だけを批判できないが。)


しかし、判決は確定するだろうから、今後は覚せい剤を断つのは勿論のこと、早期の社会復帰に向け頑張ってほしい。


小向は判決後、いくつかアルバイトをしたが、「小向美奈子が働いている」と知れ渡ってバイト先に迷惑をかけてしまい、どこも長くは続けられなかったという。酒井被告は介護の仕事をするのか、音楽療法士になるのか知らないが、マスコミ、ファン、周囲の人々が騒ぎ立ててその道を閉ざし、収入を得られなくなり、結局記者会見で否定した芸能界復帰に踏み切らざるを得ないなんてことにならないよう、配慮が必要だ。


それにしても、「薬物犯罪の初犯は執行猶予付き」の原則はいつまで守られるのだろう。

2009年11月 8日 (日)

1週間ぶりに還ってきた人

山へきのこ採りに出かけたまま行方不明になっていた新潟県の71歳の男性が、今日、自力で下山し、無事救助された。男性は1週間、水を飲み、きのこや山ぶどうを食べて飢えをしのいでいたという。



このニュースを読んで思ったことが2つある。


1つは、きのこは生でも食べられるのかという疑問。私は学生時代に椎茸の天ぷらを作ったのだが、椎茸が半生で、口に入れて1~2分で吐き、しばらく椎茸を受け付けなかったことがある。71歳の男性は生で食べたのか、それともライターでも持っていて、焼くことができたのか。


もう1つは、別の山で登山中に同行の家族を追い越し、そのままはぐれてしまい、後日遺体となって発見された小学生のことである。彼は幼いが故に動揺を抑えられなかったのだろう。どこへ行けばいいか分からなくなったら、1泊は覚悟して近くの少しでも暖かそうな場所で休む。そうすれば助かったかもしれないと思うと、残念でならない。

2009年11月 7日 (土)

非中立中継

巨人が優勝を決めた日本シリーズ第6戦のテレビ中継を見たら、画面右上に「原巨人 7年ぶり日本一へ!」の字幕が出ていた。


巨人が2点リードで迎えた9回裏ではあったが、日本ハムはランナーを出し、逆転サヨナラ勝ちの可能性もあったのに、巨人の勝利が決まったような表現はいかがなものか。日本テレビならともかく、フジテレビまで巨人を贔屓するのか。


せめて「原巨人 7年ぶり日本一か?」とすべきだった。

2009年11月 6日 (金)

“ワールド”ねえ。

確かにアメリカの大リーグには世界各国から選手が集まっているが、その中で優勝した球団をワールド・チャンピオンと呼ぶのは、腑に落ちない。


アメリカ=世界ですか?何と高慢な。

2009年11月 5日 (木)

口コミに感謝する男

キッチンワゴンの購入を考えている私は、今週ホームセンター巡りをしている。


今日行ったB店の商品は、先日行ったA店の商品よりも500円安い。しかし、組み立て後の品が展示されておらず、買うなら一度インターネットで写真を見てからにしようと、段ボール箱に印刷されているメーカー名と型番を頭に入れ、「まんじゅうこわい」みたいに口の中で型番を繰り返し唱えながら帰った。


そして、メーカーのホームページ経由で通販サイトにアクセスし、写真を見た。A店の商品とあまり変わらない。これは買いだと思いつつ、リンク先の購入者感想ページをついでに覘いてみたところ、


歪んでいる、キャスターが動きにくい等、殆どが品質の悪さを指摘し、でも自分が価格重視で選んだんだから仕方ないよねえと諦めているようなコメントだった。


危なかった。実家用テレビリモコンに続き、再び買い物で失敗するところだった。何処のどなたか知らないが、感想を書き込んだ方々に感謝しよう。

2009年11月 4日 (水)

音楽のネット配信の罪

ビクターが音楽部門の売却を検討しているというニュースが出たと思ったら、デジタルカメラ部門の買収も検討しているそうで、売ったり買ったり大変なことだ。


音楽部門売却(まだ決定ではないが)の理由の一つに、音楽のネット配信の定着が挙げられるだろう。ネット配信はCDよりも儲けが少ない。


音楽産業の衰退や楽曲の質の低下を招く、いや、既に招いているネット配信に直ちに規制をかけるべきである。特に新曲について、CD並みに料金を値上げするか、発表後(例えば)6ヶ月間は配信しない措置を講じるべきである。


聴く側も「安くて手軽な配信がいいでしょ」なんて言ってると、そのツケが回って、消耗品みたいな歌しか供給されなくなることを認識すべきだ。

2009年11月 3日 (火)

お寒うございます。

我慢しようかと思ったが、我慢して風邪を引いてはいけないので、こたつのスイッチを入れた。


そんな文化の日、今年のNHK紅白歌合戦の司会者が発表された。昨年と同じ2人でも、今年だったら異論は無い。


私にとってそれよりも大きなニュースは、柴咲コウのホールツアー開催である。前のライブハウスツアーは知らないうちに公演が終わっていたので、今度はチケット争奪戦に臨みたい。転売目的の奴等は手を出すなよ。

2009年11月 2日 (月)

本日の小さな奇跡

昼前、スーパーへ行く。


財布の硬貨は100円3枚、10円4枚、1円8枚。


料理に使う日本酒、特売のだしの素、見切品の牛乳等をカゴに入れ、その合計金額がなんと2,348円。


小銭ポケットが空になる奇跡に、思わず笑みが漏れた。(こぼれたのではない。漏れたのだ。)





明後日くらいまで冷え込むようです。皆様、風邪など召されませんよう。

2009年11月 1日 (日)

お悔やみが続きます。

昨夜は久々にパソコンのトランプゲームに熱中してしまい、そのまま朝を迎えてしまった。引き続き7時からのフジテレビ「ボクらの時代」を観ようと思っていたのに、小休憩のつもりで横になったら眠ってしまった。


「円楽師匠を偲ぶ楽太郎」を観たかった。


三遊亭円楽さんの訃報記事にはどれも「笑点」のことが書かれていたが、毎日香のCMのナレーションも馴染み深い。しばらくは古いバージョンを掘り起こして追悼の「傑作選」を放送し、六代目円楽が誕生したら六代目がナレーションを担当するというのはどうだろう。


五代目三遊亭円楽さん(10月29日死去)のご冥福をお祈りします。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ