最近のトラックバック

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

総選挙が終わって

自公政権が終わったことを歓迎する一方、民主党の308議席は取り過ぎじゃないかとも思う。でも、それだけ「自公政権はもううんざり」、「一度自公にお灸をすえてやらねば」という有権者の思いが深かったということ。


一部の自公の支持者や候補者から、マスコミが政権交代と煽ったからだと批判する声が上がっている。確かに報道に影響されて民主党に入れた有権者もいると思うが、それは少数派だろう。それに、報道の偏向ぶりは4年前の郵政選挙の時のほうがずっと激しかったように思う。


自民党VS民主党の構図に埋もれるかと思われた社民党や共産党が選挙前と同数の議席を確保したのは大健闘と言っていいだろう。今後も少数意見をすくい上げることができるよう、比例区の議員定数を堅持すべきである。


一番予想外だったのは公明党の小選挙区全敗、10議席減である。強固な支持基盤を擁する公明党は一番票読みがしやすいはずであり、先の都議選でもそれを証明してみせたのに、どうしてこうなったのか。謎だ。





さて、これから与党になる民主党の公約のうち、子ども手当支給、公立高校授業料の無償化、高速道路無料化には大反対である。


中学以下の子どもさえいれば再来年度から1人につき月2万6千円も貰えるなんて、上を向いて口を開けてりゃ空から飴玉が降ってくるみたいな甘やかし施策を本当に実行してもいいのか?橋下大阪府知事は今日の会見で所得制限をかけるべきでしょうと言った。低所得家庭に限定するのであれば、私も賛成だ。


高速道路無料化は渋滞、事故増加、二酸化炭素増加のほかに、航空、鉄道、バス、フェリー業界への影響が懸念される。いや、フェリー業界は高速道路の休日1000円で既に深刻な状態にある。どうしても無料化したいなら、フェリー業界への支援策も提示するか、「あなたたちは用無しになるよ」と早めに宣告すべきである。


自民党と公明党には早く立て直しをして、民主党の暴走を食い止める役割を果たしてほしい。次の選挙(来年は参議院の半数改選がある)に向けての運動はもう始まっている。





と、ここまで読んでくださった方は、政権交代を歓迎しておいて、民主党を批判する筆者は何を考えているのかよく分からないとお思いかもしれない。


政権交代を歓迎するからには、勿論民主党に期待していることもあるわけで、それはまた別の機会に。


2009年8月30日 (日)

何の番組だ?

日本テレビの24時間テレビを他局の番組の合間合間に見た。


募金をお願いしますとちょいちょい呼びかけているが、集まった金で何をしたいのかが説明されない。私が見ていなかった時にたっぷり説明したのかもしれないが、募金の呼びかけと使途説明は必ずセットで行うべきである。何に使うか言わないで、ただ「金を出せ」だったら、○○○○と変わらない。


各コーナーも殆どがチャリティとかけ離れていて、これだったら来年からは「日本テレビの夏祭り ~ついでに募金もやってるよ~」に改称したほうがいい。


障害者にチャレンジをさせて視聴者を感動させるよりも、障害者の普段の生活のバリア(ハード面、ソフト面、心の3つのバリア)をどうすれば、どこまで取り除けるかを考えさせる企画を出すべきである。


イモトアヤコに万一のことは起きないようなので、それは良かった。あとはラストの感動押し売りタイムに合わせてゴールするだけだ。




只今20時。私はこれからNHKとTBSの選挙速報を見る。



【8月31日追記】
イモトアヤコが放送時間内にゴールできなかったことを今朝知った。意外だった。
終盤は番組の構成にペースを合わせ、サライ合唱予定時刻の5~10分前くらいにゴールするものと思っていた。
来年は誰が200km走るんだろう?なんちゃって。

2009年8月29日 (土)

明日は衆議院選挙の投票日です。

選挙権を持つ人は必ず投票に行きましょう。そして、必ず有効票を投じましょう。他所の選挙区の候補者名を書いた票や白票は、結果的に無関心による棄権と同じです。


投票に行かない人に政治について文句を言う資格は無いという主旨の発言をしたタレントがいるそうですが、私も同意見です。


(最高裁判事の国民審査もあります。)

2009年8月28日 (金)

男?女?

ヤフーのエンターテインメントニュースで取り上げられているPefume(フューム)の映像を本家Perfume(パフューム)のPV(プロモーション・ビデオ)と並べて観た。


頭の傾け具合とか、髪が風になびいていないとか、あーちゃん(本家)が髪を触っているのにま~ちゃん(偽者)は触っていないとか、違いが多々あるが、もし練習に2倍の時間をかけて、大型扇風機でも使っていたら、完璧に仕上がったことだろう。


ところで、Pefumeの映像に寄せられたコメントが男性説と女性説に分かれているのだが、どっちが正しいんだ?男だと言われれば男に見えるし、女だと言われればそう見える。


(リンク:本家からクレームが付いて削除されたりして・・・) 

削除されました。クリックして確かめてみてください。


ちなみに、私はPerfumeなら断然のっち派である。

2009年8月27日 (木)

お馬鹿さんなの、私

・・・という歌の文句があるが、嗚呼、私は馬鹿だった。


比例区の投票先を決める前に、名簿を見なければならなかった!


さあ、考え直すぞー。

2009年8月26日 (水)

マニフェストを読む。

投票まで時間があるからと先延ばしにしてきたマニフェストのチェックを行った。たとえ太陽が西から昇ろうと支持したくない政党は端(はな)から無視して、6つの政党の公式サイトにアップされているマニフェストのダイジェスト版を読んでみた。


残念ながら文句無しのマニフェストは無かったので、止むを得ず一番良いと思ったマニフェストを掲げている政党の名を比例区投票用紙に書くことに決めた。


選挙期間中につき、あれは○、これは×、と細かく書くのは差し控えるが、一つだけ挙げさせてもらうと、各党が共通して掲げている高校の学費の無償化はいまだに納得がいかない。


前にも書いたように、経済的事情を抱えている家庭に対しては奨学金や学費の減額・免除で支援すればよい。財政難で喘いでいる時代に、余裕がある家の坊ちゃん、お嬢ちゃんの義務教育外の学費まで無償にするなんて馬鹿げている。


「高校まで義務教育にします」と明言するのなら理解できるが、そこまではどの党も踏み込まない。どうにも納得がいかない。

2009年8月25日 (火)

過眠症?

今日はやたら眠くて、食事時を除いてほとんど眠っていた。


一方、マイケル・ジャクソンさんは不眠症に悩まされ、麻酔薬への依存が強まり、それを案じた主治医が麻酔薬の量を減らす代わりに鎮静剤を同時投与したのが死につながったのではないかとの見方が出ている。


過眠は困る。不眠は辛い。うまくいかないものだ。

2009年8月24日 (月)

悩んで見送って払い込んで

台風9号の被災地でのボランティア活動は体力的不安と現地へのアクセスの問題が引っかかり、結局見送ってしまった。


その代わりと言っては何だが、今日の午後、ゆうちょ銀行で義援金を払い込んできた。少額だけど。


この頃は、兵庫県佐用町、同県宍粟市、岡山県美作市のボランティアセンターのホームページ、ブログを毎日チェックしている。宍粟市は災害ボランティアの募集を休止し、次の段階に入ったという。


【8月25日追記】
佐用町も美作市も災害ボランティア派遣依頼が減っているらしく、美作市は8月28日でボランティアの受け入れを終了することとし、佐用町は個人と少人数グループのみの受け入れに切り替えた。

イラッとするCM

最近頻繁に流れる、あるテレビCMを見ると、何故だかイラッとします。


電話会社でも、コーヒーでもありません。と書くと、何のCMか見当が付く方もいらっしゃるかもしれませんね。


出演している2人は嫌いではなかったのに、あのCMを機に嫌いになってしまいそうです。


キャラクター設定といい、筋立てといい、兎に角イラッとします。

2009年8月23日 (日)

苦い再会(ゆうべ見た夢)

私の実家で同窓会が開かれた。


私は子供部屋(私が実際に子供時代に使っていた部屋)の二段ベッドの柵によりかかっている。部屋の引き戸が開いていて、その内外に数人が集まって立ち話をしている。その中に、落ち着いた色(確か茶色系)のスーツに身を包んだ彼女がいた。当然のことながら皆39~40歳相応の顔、髪型、体型に変わっているのに、彼女の身体はひとり在学当時のままだった。


話題がそれぞれの近況に及び、私が「仕事を辞めて今は堕落しきっている」と自嘲すると、皆は声を立てて笑った。しかし、彼女だけは黙ったまま、極めてぎこちない、明らかに作り笑いと分かる笑みを浮かべていた。


彼女は本当は同窓会なんかに来たくなかったのだが、私の堕落の原因が自分にあると思っていて、彼女に会いたがっていた私を喜ばせるために、罪滅ぼしのために出席したのだ。


しかし、彼女が私の堕落の責を負う必要は何処にも無い。私は誰よりもそれを分かっていながら、彼女を自責の念から決して解放しようとはしない。そんなことをすれば、彼女は二度と私の前に現れなくなるからである。



***** ***** *****

彼女がどうして自責の念を抱くに至ったのか、この肝心な点が描かれず、物語としては出来の悪い夢だった。

2009年8月22日 (土)

最近気になる言葉

『火の鳥NIPPON』
 女子バレー日本代表チームを『火の鳥NIPPON』と呼んでいるのはフジテレビだけと思うのだが、私の知らないところで広まっているのだろうか?前は「柳本ジャパン」だったんだから、「眞鍋ジャパン」でいいんじゃないの?

【11月10日追記】
日本テレビも「火の鳥・・・」と言っていました。



『父親の再婚相手』
 一部の報道機関が、酒井法子容疑者の母親を『父親の再婚相手(の女性)』と呼んでいる。戸籍上どうなっているか知らないが、「育ての母」ではいけないのか。(「継母」でもいいけど、継母はシンデレラなどにみられる悪いイメージがつきまとうから、私はこれもどうかなと思う。)
 血のつながりの無い子供を実子のように育てている人々の中には、この言葉を見聞きするたびに悲しい、又は寂しい思いをしている人もいるのではなかろうか。

2009年8月21日 (金)

あわや熱中症?

眠れぬまま朝を迎え、朝食をとり、テレビを見ていたら、いつの間にか眠りに落ちた。


ところが、約3時間後、苦しさに目が覚めた。汗をびっしょりかいている。頭が痛い。これは熱中症の一歩手前かもしれないと思い、すぐに塩を舐め、常温の麦茶をゆっくりと飲んだ。冷水のシャワーを首にかけた。


何とか元気を取り戻した。あの時目覚めなかったら、今頃どうなっていたことか。


明日以降、気温が下がると予想される地域があるが、夏は夏である。皆さんも用心なさいますよう。

2009年8月20日 (木)

何故誰も教えないのか?

この問題に触れるのは何度目だろう。


20歳だという女性タレントがテレビで母親の話をしていたのだが、この人も「私のお母さんは・・・」と話していた。


『子供じゃないんだから、外で(自分の)親の話をする時はお父さん、お母さんではなく、父、母と言いなさい。』彼女の両親も所属事務所もそう教えていないのか。それとも、彼女はまだ子供だから教えないのか。


結婚披露宴での両親への挨拶は別として、いい歳をした人が「お父さん、お母さん」とはみっともない。

2009年8月19日 (水)

今度こそ冷静に

新型インフルエンザの本格的な流行が始まったとマスコミが大きく取り上げているが、国内初の患者や集団感染が確認された頃と違って、報道の送り手も受け手も落ち着いているように感じる。ウイルス自体の毒性がまだ強くなっていない(と思われる)ことと、感染が珍しいことではなくなり、心の中に“免疫”ができたことがその理由だろう。


当時、「冷静になろう」と度々書いていた私も、今思えば冷静ではなかったかなと反省している。今度こそ冷静に警戒したい。


しかし、腎臓、呼吸器等に持病のある方、妊娠中の方など、感染すれば重症化のおそれがあるといわれる方々は冷静になれないだろう。実際、透析を受けていた方が亡くなっており、予防接種などの対策が急がれる。

2009年8月18日 (火)

衆院選スタート

衆議院選挙が公示された今日、テレビを通して全国の注目候補の第一声を聞いたが、


「今回の選挙は負けられない」とか、


「助けてください!」とか、


日本をどうしたいか(変えたいか)、当選したら何をしたいかは二の次、三の次で、結局のところ自分が衆議院議員センセイでいられれば(なれれば)いいと思っている候補がいる。彼らは皆落選すればいい。

台風9号関連の義援金受付状況

兵庫県佐用町に義援金を送る準備をしていたが、日本赤十字社兵庫県支部も義援金の受付を開始したので、そちらに変更することにした。


他に兵庫県宍粟市、兵庫県共同募金会、日本赤十字社岡山県支部(岡山県美作市でも被害が出ている)も義援金を受け付けている。


なお、振り込め詐欺みたいに電話で寄付を依頼して金を騙し取る連中がいるので、要注意である。街頭での募金もしかり。

2009年8月17日 (月)

ニュースにならない入籍 → ニュースになりました。

アテネ五輪、北京五輪の女子背泳ぎ200m銅メダリストの中村礼子(元選手)が、昨日16日付けのオフィシャルブログで同日に入籍したことを発表した。



***** ***** *****

ところが、ヤホー、もといヤフー、ライブドア、ニフティのニュースページに記事が出ていない(本日20時現在)。オリンピックで2度もメダルを獲りしかも去年まで現役だった人の入籍なのに。


ブログで明かされていない夫の氏名、職業等が分かってから記事にするのであれば、納得がいくけど。


なお、ブログを管理しているアメーバも、有名人ブログの画面の上に出るニュース一覧にこの件をアップしていない。さすがは管理のいい加減なアメーバ様である。


【8月18日追記】
サンケイスポーツがブログの文章を引用する形で急ごしらえした感じの記事が17日22時過ぎにネット配信された。

【8月20日追記】
一部修正。

都会の子

盆前の快速列車は特急から乗り継いだ帰省客が目立ち、乗車率が100%を超えていた。私のそばに立っていた3人組も帰省客だった。70代前半と思しきおじいさんとその孫らしき姉妹で、姉は中学生、妹は小学生か。


おじいさんが「この駅は昔は無かった」と話している。おそらくおじいさんは学校を出てからずっと都会で暮らしていて、今回久し振りに実家に帰るのだろう。孫娘にとっては、きっと初めて訪ねるおじいちゃんの田舎だ。


窓外を流れる風景を見ていた年上の孫が「電線がある!」と言った。


そうか、この子が住んでいる都会では電線が地中に埋まっていて、電線が珍しいんだなあとほほえましく聞いていると、衝撃的な次の一言が飛び込んできた。


「隣の家まで何十メートルも離れてて、電線が通ってないところだと思ってた」


おいおい、ここらへんも一応西暦2009年の日本なのよ。変わり者が住んでいる家を除けば、当たり前に電気を使っているわけよ。


昨日のUターンラッシュのニュースを見て、あの子を思い出した。田舎はテレビ局が少ないし、携帯電話の電波状態が悪い所があるし、おじいさんの実家の近所にはコンビニが無いかもしれないが、豊かな自然がある。あの子は田舎の良さを感じることができただろうか。

2009年8月16日 (日)

スポーツ選手のキャッチフレーズについて

世界陸上の選手にキャッチフレーズ(キャッチコピー?)をつけるなと陸連がTBSに言ったとかで、私は中継番組を見ていないけど、告知スポットを見る限り言いつけを守っているようで、良いことだと思う。


そもそもスポーツ選手のキャッチフレーズというものは、その人のパフォーマンス、実績、活躍ぶりに感銘を受けた記者やアナウンサーらが突き動かされるようにして生み出すからこそ、国民の共感を得て浸透、定着していくのである。大会を中継するテレビ局が盛り上げるために無理矢理つけたキャッチフレーズは全然面白くないギャグのように痛々しく、時に誇大広告となって選手を潰す。


私はかつてこのブログで、レスリングの吉田沙保里選手を“レスリング怪獣”と呼んだ。これもかなり痛々しいが、私が勝手にぼそっと呼んでいるだけだから問題にならない。他のテレビ局も視聴者にキャッチフレーズを強要するようなことは慎むべきである。

2009年8月15日 (土)

悩んだ一日

大雨の次は静岡、八丈島で地震。何でこうも災害が続くのか。





今日は、兵庫県内の被災地にボランティアが集まっているというネットのニュースを見てから、私はどうしようかと悩んでいた。


行きたいと思うが、昨日から右膝に痛みがあり、ホームページにも「個人よりもグループで行くのが望ましい」と書いてあるから、行けばかえって迷惑になるかもしれない。


いや、心の底では行きたくなくて、行かないための言い訳を探しているのではないか。


などと考え込んでいた。結論はまだ出ない。


兵庫県佐用町が義援金を受け付けていると知ったので、郵便振替で送金することだけは決めている。

2009年8月10日 (月)

今月も大雨か。

台風9号の影響で発達した雲が兵庫、岡山、徳島などに大雨をもたらした。川の水が溢れて1メートルを優に超える床上浸水が起きた兵庫県佐用町を中心に13人が亡くなっている。避難するかしないか、するならどのタイミングで出発するか、判断の難しさを思う。


これから毎年、恒例行事のようにあちこちで猛烈な雨が降るのだろうか。


原因の根本はやはり地球温暖化か?

2009年8月 9日 (日)

薬物犯罪の厳罰化を

酒井法子容疑者逮捕を伝える昨夜のTBSテレビの番組内でビートたけしも発言していたが、我が国では薬物犯罪者に対する量刑は軽い。過去に麻薬、覚せい剤の取締法違反容疑で逮捕された芸能人も初犯であれば執行猶予がついた。


麻薬、覚せい剤は肉体と精神を蝕み、場合によっては命を奪いもするとさんざん言われているのに、それでも手を出す者が後を絶たない。こうなったらもう、初犯でも最低2~3年は服役させるようにしないといけないのではないかと私は考えている。

2009年8月 8日 (土)

酒井法子容疑者逮捕

今夜、タレントの酒井法子容疑者が警視庁の分庁舎に出頭し、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。容疑を大筋で認めているという。



***** ***** ***** 

彼女の失踪が明るみに出た直後から、インターネットの掲示板やブログには、彼女も覚せい剤をやっていて、身体から薬の成分が抜けた頃に姿を現すつもりだろうといった類の投稿が多数見られ、証拠が無いのに人を犯罪者だと決めつけるのはいかがなものか、そう思っても思うだけにしておかないと、潔白だったら名誉棄損で訴えられても仕方ないぞと思っていた。


ところが、昨日の昼に逮捕状が出て、その後は自宅で覚せい剤と吸引器具が見つかったと報じられ、吸引器具の付着物の鑑定結果が彼女の覚せい剤使用をほぼ裏付けたと報じられ、もう嘘を吐き通せない状況に追い込まれ、弁護士を介した警視庁の説得に応じて出頭と、まるで真実が憶測を追いかけるように展開していった。奇妙というか何というか、何とも表現しがたい展開だった。


今後は彼女と夫の覚せい剤仲間や売人がもれなく逮捕、処罰されることを強く望む。


そして、今後と言えば、長男のこれからが気にかかる。いじめられたり自棄になったりしないように、周囲の人々は温かい目で見守ってあげてほしい。

2009年8月 7日 (金)

余計に心配だ。

夫が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された後、タレント・酒井法子とその長男の行方が分からなくなっていたが、6日夜、長男が都内で保護された。酒井の知人に預けられていたとのことである。酒井の居所は依然不明である。



***** ***** *****

「長男も失踪したということは、一緒にいるということ。遅くとも、気持ちの整理がつくまでには、無事に戻ってくるだろう」と思っていたのに、その大前提が崩されてしまった。


酒井と長男はいつ別れたのだろう?


別れた後、酒井と知人との間で電話等のやり取りは無かったのか?


彼女が馬鹿なことを考えていなければいいのだが。

2009年8月 6日 (木)

顔を出してよかったのか?

初の裁判員裁判の判決後、裁判員の会見が開かれたが、裁判員の顔が隠されなかったのは意外だった。全員ではなかったから、画面や紙面(誌面)に顔が出ても構わないですよと言った人だけが出席したのだろうが、本人がいいと言っても顔を隠すべきだったと思う。


なぜなら、今回の事件にはその心配は無さそうだが、被告の親族、知人らが判決内容に激怒して裁判員に報復しないとも限らない。これに対しては、テレビや新聞、雑誌に顔が出なくても傍聴席から顔を見た者が報復するかもしれないという反論が考えられるが、法廷に入れる人数と入れない人数を比べれば、入れなかった人にまで顔を知られないほうが当然リスクが小さいに決まっている。


さらに、報復が無くても確実にありそうなのが、裁判員を知っている人が裁判員に「どうだったの?」と守秘義務が課せられている点まで質問して裁判員を困らせることである。裁判官は普段の仕事場も裁判所であり、仕事中に接触するのも大半が裁判の関係者、裁判所職員だろうから、それだけ秘密を守り通しやすい環境にいられると言えよう。しかし、裁判員は違う。


秘密と裁判員の安全を守るため、裁判員の顔出し報道を禁止するべきだと思う。また、コメントも裁判員本人の声をそのまま流さず、加工するかアナウンサーが読み上げるのが望ましい。それでは知る権利が侵害されると言う人がいるとすれば、それは屁理屈である。


【8月7日・8日追記】
会見には、
当初裁判員に任命された6人から体調不良により途中降板した1人を除いた5人
に、
当初補充裁判員に任命された3人のうち、途中降板によって裁判員になった(繰り上がった?)人を含む2人
を加えた7人が出席し、
そのうちの5人が顔出しを承諾したとのことである。

大原麗子さん死去

女優の大原麗子さんが亡くなっていたことが今日分かった。数日前から連絡を取れなくなったのを心配した弟が警察に連絡し、警察官と弟が自宅を訪ねたところ、既にこと切れていたという。


闘病や母親の看病などのためにここ数年は表舞台から遠ざかっていた大原さん。去年だったか今年だったか、インターホン越しのインタビューがテレビで放送されたが、涙声で近況を語っていて、とても辛そうだった。人生はプラスマイナスゼロというが、いくら一世を風靡したとはいえ、マイナスがあまりに大きかったのではないか。


ご冥福をお祈りします。


それにしても、このところ訃報が多い。


※8月7日、続報を受け、一部修正しました。

2009年8月 5日 (水)

夏の思い出

全国高校野球(夏の甲子園)の組み合わせが決まったが、母校の野球部が予選で敗退したので、私の中では高校野球はほとんど終わっている。


甲子園出場は選手ばかりでなく、かつての私のように応援に行った生徒にとっても良い思い出になる。


来年こそは甲子園に行ってほしい。

2009年8月 4日 (火)

占いを信じますか?

今朝のテレビ番組の星占いを2つ見たら、両方とも乙女座が1位で、両方とも将来恋人になる人との出会いがあるようなことを言っていた。


しかし、今日の外出先でそんな出会いは一切無かった。


占いは必ず当たるというものではない。だから、悪いことを言われても(書かれても)気にすることはない。

2009年8月 3日 (月)

生えたらいいね(第3回)

スカルプDを使い始めて丸4ヶ月。


前髪を上げてみると、生え際が若干下がってきている。これと同じことが他の部分にも起きればいいが。


また、数日前、洗髪方法をスカルプDの公式サイトに掲載されているとおりに変えたところ、洗髪による抜け毛が幾分減ったように思う。


次回報告の時期は未定。

2009年8月 2日 (日)

シロワッサン

極限まで白く焼いたクロワッサンにホワイトシチューをサンドした新感覚の一品。 (ローソンのホームページより)


フジテレビ「めちゃ2イケてるッ!」の企画から生まれた「シロワッサン」が、今日から全国のローソンで期間・数量限定で販売されている。






シロワッサン



この味は未体験ではない。むしろ慣れ親しんでいる。では、一体何時何処で出合ったのだろうかと記憶を辿っていくと、学校給食に行き着いた。パンとシチューという献立は給食の定番の一つだった。


奇をてらっているように見えて実はオーソドックスな「シロワッサン」は、通年販売でもコンスタントに売れそうな気がする。



2009年8月 1日 (土)

変な夏

7月の上旬は寝苦しい夜が続いたのに、後半は打って変わって過ごしやすくなった。昼間でも快適な日がある。有り難いが、何だか不気味である。


8月に入っても梅雨が明けない地域がある。各地に大雨を降らせ、深い爪跡を残してもまだ足らないというのか。


昨日、スーパーに行ったら、前回は濃い緑色をしていたきゅうりが、黄緑にたっぷりと白を混ぜたようなものに代わっていた。長雨と低温のせいに違いない。


いつになったら夏らしくなるのだろう。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ