最近のトラックバック

« 静岡県知事選開票終了 | トップページ | 七夕の願いごと »

2009年7月 6日 (月)

官僚たちの夏

録画していたTBSドラマ「官僚たちの夏」初回を観た。



・オープニングの音楽が、フジテレビ「鹿男あをによし」のテーマに似ていると思ったら、案の定作曲者が同じだった。おそらく作曲家の意図ではなく、発注側が「鹿男みたいな感じでお願いします」とか何とか言ったのではないかと思うが、もう少し違うテイストでいくべきだった。



・数十年前の設定なのに現在の言い回しやアクセント、イントネーションを持ち込んでしまうドラマがある。例えば“全然”の後に肯定の言葉を付けるようになったのはつい数年前からなのに、同じ時間帯で放送された「華麗なる一族」の最初のシーンでそれが出てきて、観る気が失せた。しかし、今回は私が聞いた限り、そのようなミスは無かった。



・キャスティングは唯一、事務次官の国広富之に違和感あり。決して彼の芝居がどうこうというのではなく、ルックスが若いから次官らしく見えないのだ。まあ、私が「実際は50代後半だけど、そうは見えない人なんだ」と納得してしまえば解決する話なのだが。



・吹石一恵はNHK「風に舞いあがるビニールシート」に続き、また就職面接を受ける役だったので、ちょっと可笑しかった。



といろいろ書いたが、総合点は高い。日曜の夜、このドラマがサラリーマンのそれからの一週間の活力源になるとうれしい。


« 静岡県知事選開票終了 | トップページ | 七夕の願いごと »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/200561/45553526

この記事へのトラックバック一覧です: 官僚たちの夏:

« 静岡県知事選開票終了 | トップページ | 七夕の願いごと »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ