最近のトラックバック

« 足利事件 | トップページ | 取調べの可視化について思うこと »

2009年6月 5日 (金)

フェルメールin京都

会場が東京のため諦めていた「ルーブル美術館展」が6月30日から京都市美術館でも開催されると知った。東京同様、フェルメールの「レースを編む女」も展示されるそうなので、これはもう行くしかない。


さて、自分はフェルメールの作品をいくつ鑑賞したかいなと振り返ってみると、「真珠の耳飾りの少女(別名:青いターバンの少女)」(大阪にて)と「牛乳を注ぐ女」(一昨年、東京で)は記憶の箱からスッと取り出せるのに、昨年のフェルメール展については、同時展示の他の画家の作品のうちの数点しか目に浮かばず、ホームページを見て、おおそうだ、この絵があったとようやく思い出す始末。


10点目にあたる「レースを編む女」はしっかり記憶したい。



【7月29日追記】
 7月23日に行ってきました。ちょこっと書いていますので、よかったら見てください。(ここをクリック


« 足利事件 | トップページ | 取調べの可視化について思うこと »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルメールin京都:

« 足利事件 | トップページ | 取調べの可視化について思うこと »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ