最近のトラックバック

« 反響はあちらこちらで | トップページ | 臓器移植法改正に思うこと »

2009年6月18日 (木)

神も嫉妬する天才

アメリカで開かれたバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さんは一躍時の人になり、CDや関連書籍がヒットしている。



彼は楽譜に頼らず、曲を耳で記憶するという。それは点字の楽譜を読むのが面倒だからというだけで出来るものではあるまい。楽譜が無いと着メロの1曲も満足に作れない私は尚更驚嘆せずにはいられない。彼が生まれてくる時、嫉妬深い神が「この子は天才だから、何かハンディを背負わせたい」と視力を取り上げたのではないかとすら思ってしまう。



コンクール優勝のニュースを見て彼の存在を知り、テレビを通じて演奏を聴いた私は、是非とも一度ホールで聴いてみたくなり、早速ぴあが今日発売した公演チケットをネットで購入しようとしたが、平日にもかかわらず、販売開始から10秒と経たぬうちに予定枚数が終了していた。これではぴあの店に一番に並んでいたとしても、無駄足に終わったかもしれない。



コンサートに行けるのは、一体いつになるだろう。


« 反響はあちらこちらで | トップページ | 臓器移植法改正に思うこと »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神も嫉妬する天才:

« 反響はあちらこちらで | トップページ | 臓器移植法改正に思うこと »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ