最近のトラックバック

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

その花の名を知らず。

ウォーキングをしていたら、2つの色が目に刺さるが如く飛び込んできて、半ば気圧されるように撮った。


あんたのお名前なんてーの?


しかし、この花の名前を私は知らない。



これだけではない。



藤という単語は昔から知っていたが、それがどんな菓子も及ばぬほど甘い香りを放つ青紫(他の色もあるが)の花を咲かせるあの植物に与えられた名前であると学んだのはおよそ2ヶ月前のことだった。



更に、その藤が豆のような房をつけるのを初めて見て、それ故なのか藤がマメ科に属していると知ったのは今日だった。



9月には40歳になるというのに、知らないことが多過ぎると改めて痛感した。





そうです。このブログの筆者はその程度の人間なのです。

2009年6月29日 (月)

夢に恵まれない男

無断欠勤をしている同級生の職場へ行き、彼の同僚(髪を束ねている若い女性だった)に彼が担当している業務について尋ねると、同僚は1枚の紙を私の前に突き出すようにして「この表に支出の内訳を書き込むだけなんです。これくらいのことはちゃんとやってくれないと困ります」と、まるで私が彼であるかのように苛立ちをぶつけてきた。その後、私は公衆電話ボックスに入り、彼の自宅に電話しようとした。



そこで目が覚めた。



映画監督の西川美和の前作で多数の賞をさらった「ゆれる」は彼女が見た夢がベースだった(と、NHKのトップランナーで語っていた)。私もそういう鑑賞に堪え得る物語を夢に見たいのだが、このブログで随時紹介しているとおり、くだらない夢や中途半端な夢ばかりである。



※なお、夢に出てきた同級生は実在するが、卒業してから一度も会っていないので、現在の外見も暮らしぶりも知らない。


2009年6月28日 (日)

続・21年目の故障

昨日の続き。



今朝、起きてすぐに二槽式洗濯機のカバーを外し、水流切換ボタンのキットを取り出してみれば、さすが昭和生まれの機種は素人の私にも分かる仕組みで、スイッチの接触不良を早々と発見。ちょちょいと直したが、カバーが閉まらずそっちに1時間くらい費やしてしまった。



それから、洗濯物を入れ、弱ボタンを押し、洗濯タイマーのつまみを回すと、おお、順調に動くではないか。昨日から沈んでいた気分がたちまち浮上した。



ところが、洗濯が済んで水を入れ替え、すすぎをしようとしたら動かなくなってしまった。そこで、水流を強に変えると動き始め、1分近く経ったところで弱に切り替えてみた。すると、その後は終わりまで弱ですすいだ。



昨日よりは調子が良いが、元には戻らなかった。スイッチ以外の私の手に負えない箇所もおかしくなっているのだろう。



再び弱ボタンが全然利かなくなったらと想像すると、また気分が沈下する。頼むから今日のレベルを維持しておくれ。


2009年6月27日 (土)

21年目の故障

平成元年から愛用している二槽式洗濯機にトラブル発生。



水流切換の弱ボタンが利かないのである。弱のときはモーターが動かず、動き始めたかと思うと1~2分でまた止まってしまう。



今日中に弱洗いしたい物があったので、強ボタンを押して数秒回したら弱ボタンを押して止めるのを繰り返すという“手動弱洗い”でどうにかこうにか洗濯した。



明日、ネジを外して弱ボタンの奥を見ようと思う。


2009年6月26日 (金)

節度を欠いた番組

私はマイケル・ジャクソンさんのファンでなければアンチでもないが、彼の急逝を伝えるニュースを見た時は「えっ?」と声をあげてしまった。



ところで、死因は検視結果が出るまで分からないというのに、通常の番組内でやるならともかく、わざわざ緊急特番を組んで「何故死んだか」とああだこうだ言うフジテレビは間違っていると思う。ファンの皆さんは純粋な『追悼番組』を見たかったのではなかろうか。


2009年6月25日 (木)

悪夢を共有したひととき

ある映画を見た。それはそれはひどい映画だった。陳腐で退屈だった。ここまでつまらなくできるのはある意味大したものだと感心した。



上映が終わると客が一斉に立ち上がり、誰もロビーに留まらず、速足で外に出て行った。皆の気持ちは同じだと確信した。この悪夢をさっさと断ち切りたかったのだ。



社会に悪影響を及ぼすような要素は無かったので作品名は伏せるが、「見るべきか」と直接訊かれたならば、「金をドブに捨てる覚悟があればどうぞ」と答えるだろう。


2009年6月24日 (水)

人気は案外不安定なものである。

東国原宮崎県知事は国政進出を本気で考えているようだが、任期の途中で辞職するのだけは止したほうがいい。



「国会議員になるために知事の仕事を放り投げた」との批判は免れないだろうし、人気が急落するおそれもある。


2009年6月23日 (火)

変わらないねえ。

自民党の一部が東国原宮崎県知事を衆院選に担ぎ出そうとしているとか。

また人気者頼み。変わらないねえ。まあ、他のいくつかの政党もそうなんだけど。

2009年6月22日 (月)

貰わない私 貰えない私

先週か先々週だったか忘れたが、定額給付金の申請が出ていませんよというハガキが役所から届いた。



実家に帰ったときも両親に「お前は貰わないつもりか?貰え」、「貰えるものは貰えばいい」と申請を促された。



しかし、依然として申請する考えは無い。



予想に反してどうやら意外と経済効果があったようだし、給付金目当ての犯罪もそれほど起きていないが、だからといって結果オーライ、よかったよかったで済む話ではない。バラマキはバラマキなのだ。



それに、働けない理由が無いのに働いていない私には貰う資格が無いとも思う。


2009年6月21日 (日)

キャンドルナイト

今夜はキャンドルナイトといって、20時から22時まで電気を消して省エネ、環境問題、平和などについて考えましょうという運動が展開されるそうなので、私も参加することにした。



照明とパソコンをオフにし、テレビはいつもの14型の代わりに携帯用の小型を使う予定。



只今19時27分。あと30分で調べものを片付けるぞ。


2009年6月19日 (金)

臓器移植法改正に思うこと

昨日衆議院で可決された臓器移植法の改正案について。



海外で臓器移植手術を受けるには総額で1億円を超える金が必要であり、そのために重病の子を持つ親とその支援者が街頭で頭を下げるのをテレビで見る度、実際にドナーが現れるかという問題はあるが、とにかく臓器提供の年齢制限を撤廃して国内での移植を可能にする態勢を整えるべきだと思っていたので、そこに一歩近付いたのは良かった。



一方でこの案は脳死イコール人の死と定義付けており、「脳死状態と認められたら“この患者は亡くなったから”と医療行為を打ち切られはしないか」、「脳死状態の患者の家族に“早く臓器提供しろよ”と圧力がかかりはしないか」といった反対や疑問の声があがっている。前者は運用の問題で解決できるだろう。しかし、後者のような事態は確かに起きるかもしれない。難しい話である。



参議院でもめるとも言われているが、年齢制限撤廃は堅持してほしい。


2009年6月18日 (木)

神も嫉妬する天才

アメリカで開かれたバン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した辻井伸行さんは一躍時の人になり、CDや関連書籍がヒットしている。



彼は楽譜に頼らず、曲を耳で記憶するという。それは点字の楽譜を読むのが面倒だからというだけで出来るものではあるまい。楽譜が無いと着メロの1曲も満足に作れない私は尚更驚嘆せずにはいられない。彼が生まれてくる時、嫉妬深い神が「この子は天才だから、何かハンディを背負わせたい」と視力を取り上げたのではないかとすら思ってしまう。



コンクール優勝のニュースを見て彼の存在を知り、テレビを通じて演奏を聴いた私は、是非とも一度ホールで聴いてみたくなり、早速ぴあが今日発売した公演チケットをネットで購入しようとしたが、平日にもかかわらず、販売開始から10秒と経たぬうちに予定枚数が終了していた。これではぴあの店に一番に並んでいたとしても、無駄足に終わったかもしれない。



コンサートに行けるのは、一体いつになるだろう。


2009年6月17日 (水)

反響はあちらこちらで

このブログへのアクセスが増えました。抹茶バターケーキへの反響のおこぼれを頂戴した形です。アクセスしてくださった皆様にお礼を申し上げます。



バターケーキの他に紹介された商品は出演者の意見が「旨い」と「う~ん(美味しいことは美味しいが皆に薦めたい水準に達していない)」に分かれたものの、視聴者からの注文が殺到しているそうです。



ただ、焼きリンゴだけはインターネット注文を受け付けていないため、放送後どうなったか分かりません。出演者の評価が一番厳しかったので、そのぶん気になります。


2009年6月16日 (火)

されど地上波

昨年の9月21日にも書いたことを再び書く。



地上波テレビの番組を見る人が減ったと言われるが、このような現象が起きるのだから、地上波もまだまだ捨てたものではない。



今回の“現象”とは、昨日放送の日本テレビ「人生が変わる1分間の深イイ話」の反響である。出演者全員が美味しいと認めた抹茶バターケーキの年内出荷分が売り切れてしまったのだ。メーカーである駿河園(広島市)の代表者は「嬉しさよりも大変混乱している」と戸惑いを隠さない(ホームページの「お詫びとお願い」より)。それは同名他社にも影響し、ホームページにわざわざ「テレビで紹介されたのは当社ではありません」との一文を加えなければならないほどの事態となっている。



人々の旨いものに対する執念を見る思いがしている。


2009年6月15日 (月)

着メロ奮闘記

携帯電話に自作の着信メロディを2曲入れていた。メールの着信音用にサザンオールスターズの曲を聴いて耳で音をとりながら入力し、電話の着信音としてマーラーの交響曲の楽譜を見ながら打ち込んだのだった。しかし、先日の修理に出す際、CD-Rに2曲のデータをコピーできず(法的ではなく物理的に)、そうかといって2曲を守るためだけに修理しないわけにもいかず、喪失を受け入れざるを得なかった。



修理されて返ってきた携帯電話に今度は違うアーティスト(作曲家)の曲を入れようと思い立った。着うたをダウンロードすることを好まず、そもそも機種が古くてダウンロードできないので、今回もドの音は1、半音の上げ下げは#、休符は0・・・という具合にボタンを押して入力することにした。



何十回、もしかしたら百回以上聴いた曲のメロディを小声で歌いながら打ち込んでみる。ところが細かい(短い)音符を中心に、どの音だったか自身の無い箇所が次々と出てきた。改めてCDを聴いても掴めず、かえって混乱してしまった。サザンの曲の時はイントロのみで迷う箇所も少なかったから、まあいいやで済ませたが、今回はその水準にすら到底及ばないと諦めた。



ではどうしようかと考えた末、楽譜を電子ファイルで売ってくれるインターネットのサイトにアクセスした。前回の交響曲同様、楽譜があれば間違った音を入力することはない。



まず、さっき諦めた曲の楽譜を探したが、売っていなかった。そこで、その次に好きな曲の楽譜を購入し、昼食もとらずに1番の終わりまで打ち込んだ。終わった時はすっかりへとへとで、その夜はテレビも蛍光灯もつけたまま眠ってしまった。



この力作を電話の着信音に決めた。あとはメールの着信音も作りたいが、またへとへとになるのは確実と見られる。


2009年6月14日 (日)

死は避けられたのではないか?

11日に脳出血で亡くなった21歳のモデルの女性も、昨日の試合中に頭を強打して亡くなった46歳のプロレスラーの男性も、前から体調が悪かったという。



病院に行ったのか?精密検査を受けたのか?



事情が分からないのにどうこう言うべきではないのだろうが、それでも書いてしまうのは、徹底した検査を受けていれば拒否しない限り入院治療を受け、今その若さで死なずに済んだのではないかと思えてならないからである。
(レスラーの場合も頭を打たなければ何の問題も無かったのではなく、試合開始の時点で相当悪かったのではないか。)



【6月15日追記】
レスラー(三沢さん)の死因は頸髄損傷だった。バックドロップの衝撃でそうなったということだが、しかし、やはりもう一つの死因(間接的死因)があると思う。




2009年6月13日 (土)

鳩山総務相が辞任して

鳩山総務相と日本郵政の西川社長のどちらが辞めるか(辞めさせられるか)揉めていた件は昨日、事実上の更迭とも言われる鳩山総務相の辞任により決着したが、それで良かったのか、ずっと考えていた。



総務相は失言の多い人だが、かんぽの宿売却問題や障害者団体向け郵便割引制度が悪用された事件についての発言は腑に落ちた。これに対し、西川社長を支持する議員の主張は社長を辞めさせるな、民営化推進に必要な人だ、辞めるべきは大臣のほうだというものばかりで、肝心の社長を支持する具体的理由が示されなかった感がある。今朝の読売テレビの番組で竹中平蔵が、西川社長は利益を倍にした、割引制度悪用は公社時代に始まったことで西川社長の責任ではないなどと言っていたが、だからといって一切お咎め無しでいいとは思えない。



麻生首相の決断に時間がかかった上に、こんな結末。これで良かったと思える日が来ればいいが。


2009年6月12日 (金)

年中無休?

新型インフルエンザ騒動は沈静し、結局メディアの過熱報道が最大の原因だったのかなと思う(連日ブログに書いていた私に非難する資格は無いのかもしれないが)。誰かのブログに、飲食店の店員に「何でマスクをしないんだ!お前が感染していたらどうしてくれる!」と怒鳴る客がいたというコメントが書き込まれていたが、今はそんな人はいないだろう。



落ち着きを取り戻したのはいいけれど、それに反比例するように全国各地で新たな感染の報告が上がっている。



だいたい、この時期にインフルエンザに罹る人がこんなにいただろうか。単に報道されなかっただけ?それとも新型ウイルスは従来の季節性とは違う、通年型なのか?



しかし、いずれにせよ、冬に感染のピークを迎えるのは間違いない。今まさに冬が始まった南半球で感染が拡大しているというから、その状況(特にウイルスが変異しないか)に注目しなければなるまい。


2009年6月11日 (木)

生えたらいいね(第2回)

ひとりK-BO-BO-プロジェクトの第2回。



前回(4月6日)「望む変化が起きなければこのネタは今回限り」と書いた。では、変化が起きたのかというと、さすがに髪の毛が増えた感じはまだしないが、変化しそうな気がするので書くことにした。



かつては髪に寝癖がついたのを濡らして直したことが時々あったのに、4月以降は1回しかない。しかもそれは、外泊のために他のシャンプーを使った翌朝だった。スカルプDの使用後に寝癖がついた経験は今のところ無い。これが変化を予感させる根拠である。



洗髪によって抜ける毛髪を見ては、強い毛になって生まれ変わってくれと祈る日々が続いている。


2009年6月10日 (水)

続・皆さんもお気をつけください。いや、こんなへまをする人はいないか。

あれから2年1ヶ月。(あれとは『これ』です。)



今回はアルミ製の片手鍋に水を入れて火にかけていたことを忘れ、異臭に気付いて行ってみたところ、フタ一面と側面の上3分の2が焦げ茶色に変色していた。



「二度あることは三度ある」とはよく云ったものだ。なんて、感心している場合ではない。
(一度目は大学時代)


2009年6月 9日 (火)

抗う過去

携帯電話の修理が完了したとの留守電メッセージを聞き、ドコモショップに行ってきた。



修理に出す前にCD-Rにコピーしていたデータを修理後の端末(携帯電話)に戻してもらったのだが、何度やっても写真が総枚数の2割弱しか入らない。全部戻すには、まずCD-Rからショップにある端末にコピーし、そこから私の端末に1枚ずつ赤外線送信するしかないという。そんな面倒な作業に付き合う予定はしていなかったし、CD-Rには間違いなく全ての写真がコピーされていると確認できたので、今日のところは引き上げた。



元々あった場所に戻らないのは解せないが、店員も原因不明と言うのだから、仕方が無い。もっと簡単にコピーできる方法をぼちぼち模索するとしよう。


2009年6月 8日 (月)

秋葉原通り魔事件から1年

秋葉原通り魔事件から1年が経った。



あのような事件が起こらないようにするためにはどうすればいいか、昨年このブログに書いた文章を読み返しつつ、改めて考えてみると、やはり教育改革が必要だという結論に達した。



子供たちに“君たちには無限の可能性がある”なんて嘘はつかない。苦手なことがあって当たり前なのだから、挫折を引きずったり、自分を責め続ける必要は無いと教え、得意なことを見つけて伸ばし、適度な自己肯定感を持たせる(得意なことを通して自信がつけば、前にできなかったことに再挑戦しようという意欲も湧いてくるのではないか?)。そして、想像力を養う。



自己肯定感と想像力。この2つだけでも、社会はかなり良い方向に変わっていくと思う。


2009年6月 7日 (日)

憂鬱な日曜日

長らくおとなしくしていた顎関節症が先月下旬に悪化し、マウスピースをはめたら治まったので喜んでいたところ、また悪化。



太陽は終日雲に隠れていた。外出しなくても窓に当たる光の具合で分かる。そんな天候のせいもあって、今日は憂鬱。



明日は良いことがありますように。


2009年6月 6日 (土)

マスコミのプライド

TBSテレビの「情報7days ニュースキャスター」が事実を捻じ曲げた報道をしたことにより、総務省から厳重注意を受けたのが昨日で、今夜はその後初めての放送。この件に触れるのか、触れるなら何を言うのか、注目している。



土曜22時はこの番組を見るか何も見ないかのどちらかなのだが、問題の4月11日の放送は偶々見ていた。大阪で府道の清掃を受託した業者が府道と国道との交差点は国の管轄につき清掃しないという内容だったが、実は普段は交差点も清掃しており、取材を受けた日は番組スタッフの依頼に応じて清掃ブラシを上げたのだという。



TBSに限らず、やらせ、捏造は過去に何度も行われ、その度に視聴者の怒りや不信を買ったというのに、この期に及んでまたやるなんて、報道人としての矜持というものは無いのか。



総務省はTBSに再発防止策の報告を求めているが、やらせの経緯を明らかにしない限り再発防止策は空文と化すだろうし、足利事件を担当した警察や検察を糾弾する資格が無いと責められても仕方が無い。



そういえば、やらせが発覚してそのコーナーを終了したあの局のあの番組は、ほとぼりが冷めたと判断したのか、似たようなコーナーをまたやっている。大丈夫か?



【追記】
今夜の放送で、安住アナウンサーが、この件の補足説明を4月25日に行ったと説明した。私はそれを見ていないし、番組ホームページにも掲載されていないので、問題の背景を知る機会はひょっとしたら得られないかもしれない。


取調べの可視化について思うこと

一昨日、足利事件を知らなかったと書いた後、釈放された男性は幼稚園バスの運転手をしていたと聞き、ということは、ぼんやり憶えている『幼稚園バスの運転手が殺人容疑で逮捕された事件』がそうだったのかもしれない。



では、本題へ。



足利事件が取調べの可視化(録音・録画)の議論を活発にしている。賛成派は冤罪防止のためだと言い、反対派は捜査官や容疑者が物を言いにくくなると主張しているが、私は現時点では、賛成、反対というより、そもそもあまり意味が無いと思っている。



なぜなら、警察が自分たちにとって都合の悪いところを録らなかったり、容疑者が本心から犯行を認めているように演出してしまったら、それまでではないか。



それよりも、弁護士が同席、又は(テレビの刑事ドラマのように隣室から取調室を見られるのであれば)隣室でチェックするほうが自白捏造の防止に有効と考える。(ただ、この案も、多忙な弁護士が長時間の取調べに始終張り付くのは難しいのではないかという問題点があり、例えば、弁護士に代わって同席、チェックする者を養成するなどしてこれをクリアする必要がある。)


2009年6月 5日 (金)

フェルメールin京都

会場が東京のため諦めていた「ルーブル美術館展」が6月30日から京都市美術館でも開催されると知った。東京同様、フェルメールの「レースを編む女」も展示されるそうなので、これはもう行くしかない。


さて、自分はフェルメールの作品をいくつ鑑賞したかいなと振り返ってみると、「真珠の耳飾りの少女(別名:青いターバンの少女)」(大阪にて)と「牛乳を注ぐ女」(一昨年、東京で)は記憶の箱からスッと取り出せるのに、昨年のフェルメール展については、同時展示の他の画家の作品のうちの数点しか目に浮かばず、ホームページを見て、おおそうだ、この絵があったとようやく思い出す始末。


10点目にあたる「レースを編む女」はしっかり記憶したい。



【7月29日追記】
 7月23日に行ってきました。ちょこっと書いていますので、よかったら見てください。(ここをクリック


2009年6月 4日 (木)

足利事件

1990年(平成2年)5月に栃木県足利市で女児を殺害したとして無期懲役に服していた62歳の男性が、今日釈放された。精度が低かった頃に行われ、有罪の根拠となったDNA鑑定の結果が、最新技術による再鑑定によって覆されたことを受け、再審を待たず検察が釈放したのである。



この事件と裁判について知らなかった、いや、今まで関心が無かった私は、再鑑定の話は最高裁で無期懲役が確定した後に初めて出たものと思っていた。ところが、上告審の間に弁護側が独自に再鑑定を、勿論最初の鑑定よりもはるかに精度の高い鑑定を行い、結果は“不一致”だったのに、最高裁がこれを無視したというではないか。



男性を犯人に仕立て上げた当時の警察、検察のみならず、裁判所も大いに反省し、彼に謝罪すべきである。



そして、もう一人許せないのは真犯人。もし名乗り出たとしても時効が成立していて罰せられない歯痒さ。





【6月5日追記】
 男性が裁判所にも謝罪を求めている旨の報道がありましたので、一部修正しました。


2009年6月 3日 (水)

肝心なところを間違えるのは、・・・・・

ヤフーのニュースに梅宮辰夫がブログを開設したという記事を見つけ、早速そのブログを覘いてきた。ココログというのがうれしいねえ。



でも、予想どおり、本人の入力ではないようだ。本人が書いているなら旧友の名前を間違える筈が無い。



「新吾」ではなく、「新伍」である。



本人が作った文章をスタッフの誰かが代筆ならぬ代入力しているのだろう。その場合は特にしっかりチェックしないといけない。


2009年6月 2日 (火)

「禍を転じて福となす」の巻

落としたりぶつけたり水をかけたりしていないのに携帯電話のボタンの1つが突然機能しなくなり、ドコモショップに持って行った。



メールや写真などのデータを誰かに見られやしないかと心配し、でも、それを打ち明けられずにいると、店員が「データをCDにコピーし、携帯電話本体はデータを全消去した状態で修理に出します」と言い、安心した。(まあ、そりゃそうだよな。そうでなきゃ、修理に出せない)



データのコピーと削除が済んだ後、店員が料金プランのチェックをしてくれたのだが、なんと、大幅に安くなる割引サービスがあるというではないか!すぐに申込手続をしてもらった。



メンズデーに映画を1本鑑賞した帰りに味噌汁付きの牛丼を食べてもお釣りがくる額を毎月余分に払い続けていたとは。



「この割引サービスはいつ始まったのですか?」



「だいぶ前からです。・・・・・ああ、eビリングを利用なさっているんですね」



紙の請求書を送っていれば添付するチラシによって新しい割引サービスを知らせることができたけれども、パソコンや携帯電話で請求額を確認するeビリングというサービスを利用している私(筆者)に対してはチラシを送る機会がなかった。店員の言葉の裏にそういう意味があるのだとすぐに気付いたのは、ドコモから毎月封筒が届いていた当時、請求書だけチェックしてチラシには見向きもしなかったことを思い出したからである。



私がeビリングの利用を始めた時期はそんなに昔ではない。おそらくそれより前から新割引サービスが提供されるようになったにもかかわらず、携帯電話の使用頻度の低い自分にはどうせ関係ないと決め付けてチラシを無視していたのがいけなかったのだ。



そんな私に申込手続をさせるために、何ものかが携帯電話を壊してくれたのかもしれない。





====================

店員さん(女神に見えた)に言われたのですが、半年に1回は店舗やホームページで料金をもっと安くできないか調べたほうがいいそうです。

あなたも知らない間に損しているかもしれませんよ。ソフトバンクやauのユーザーの方も点検してみましょう。



【6月10日追記】
 誤りを修正しました。

2009年6月 1日 (月)

元弁当男子

今朝、NHKの番組で弁当男子(節約等のために弁当を自作する男性)の特集をしていたのをちょっとだけ見ながら、自分も勤め人時代は弁当男子だったなあと懐かしむ。



といっても、年に数回で、しかもおかずを1~2品しか作らなかったので、テレビに出ていた弁当男子の足元にも及ばない。


« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ