最近のトラックバック

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

おかしな人

郊外のショッピングセンターの建物を出たところに並んでいる木製のベンチに座って文庫本を読んでいると、誰かが近付く気配がして、顔を上げれば40代前半とおぼしき女性2人組。



向かって左側の人に「血液型を当てる練習をしているんです。協力していただけないでしょうか」と声をかけられ、おかしな人がいるものだと訝しんだが、何だか面白そうだと興味もわいたので「いいですよ」と応じ、文庫本を腿の上に置き、眼鏡をかけて背筋を伸ばし、質問を待った。



すると、左の女性が「私はO型」、右の女性が「私はAB型」と言った。



ほほう、まずは自分の血液型を明かすわけですか。で、質問は?



ところが、沈黙が続く。



質問は?



何故質問しない・・・・・。



そうか!さっきのは自己紹介ではなく、質問無しでいきなり予想したのか。



ようやく状況を把握した私は「A型です」と答えた。



左の女性は残念そうな表情を浮かべ、「その人を見ただけで、朝食がご飯かパンかとか、そういうことが分かるようになるんです」と説明した。その間、右の女性は時折かすかに苦笑しているように見え、左の女性に少々呆れながら付き合っている感じがした。



以上、オチは無いですけど、何か?


2009年5月30日 (土)

キリンフリーを飲んでみた。

アルコール0.00%のビールテイスト飲料として大ヒット中の「キリンフリー」を飲んでみた。いわゆる「第3のビール」にはがっかりさせられたが(メーカーや商品名は憶えていない)、あれよりも格段にビールに近い味だった。にもかかわらず、顔が赤くならなければ脈拍も変わらない。



これは革命的な商品である。車の運転前のみならず、アルコールを受け付けない体質やドクターストップのために飲み会に行かなかったり、行っても引け目を感じながらお茶を飲んできた人(勿論引け目を感じることはなく、そうさせる人が悪いのだが)にとっては救世主となり得るだろうし、芝居でビールを飲むシーンに使えば、リアリティが増すに違いない。



私自身、薬を飲んでいる期間にビールが飲みたくなったことがあり、その時は当然薬を優先したが、今後は薬を飲みつつ、ビール欲を満たすこともできるというわけだ。



しかし、気になることが一つ。アルコール0.00%であるが故に子供が飲んでも法に触れないが、ビール(っぽい)味を幼くして知ってしまうのは考えものではなかろうか(ビールを飲むよりはいいけど)。キリンの見解を聞いてみたい。



と、最後に批判を書いたが、キリンフリーが私たちにもたらすものは、高速道路1000円とは逆で、メリットがデメリットを上回っていると思う。




====================

この記事が950本目です。



【9月10日追記】
(1)2度目に飲んだ時は枝豆っぽい味がした。しかし、原材料に豆類は含まれていない。私の味覚は自覚しているよりも変わっているのかもしれない。

(2)キリンフリーのターゲットについて、キリンはホームページで「(子供が飲んでも)法律上の問題はありませんが、(略)20歳以上の方に向けた商品として開発しております」と説明している。


2009年5月29日 (金)

催眠商法(SF商法)について

大型連休明けの数日間、田植えに関連する作業を手伝うため、実家に帰っていた。そのときに父がこんなことを話した。



先日、近所の家の前の広いスペースにどこかの業者の男たちがいて、その周りに近所の人々が集まっていた。業者は無料で昆布などを配っていた。そこを通りかかった父が「後で高額な布団でも売りつけるつもりか?警察に連絡しようか」と言うと、業者は「私たちは何も悪いことはしていない」と答えたものの、顔付きは一変し、動揺しているように見えた。そして業者は「皆さん帰ってください」と全員帰宅させた。父も自宅に戻り、しばらくすると、高速で走り去る車の音が聞こえた。



この業者は催眠商法(別名SF商法。ちなみにSFはサイエンス・フィクションではなく、この手口を編み出した新製品普及会の略だそうである)で一儲けしようとしたと考えられる。まずは日用品、食品等を無料又は格安で次々と提供し、客が「買わなきゃ損だ」という思い込み(いわば催眠状態)にとらわれたと見るや、例えば「通常50万円の最高級羽毛布団を今日は半額で売ります」と言って高額商品を買わせる作戦だ。



だけど、と私は考える。父が警察への通報を実行したとして、警察は業者を逮捕できただろうか?



客を脅したり(恫喝ではなく、「買わなければ不幸になる、死ぬ」と言って不安にさせる霊感商法のような脅しもある)執拗にまとわりついたりして購入の契約を結ぶまで家に帰さないとか、安物を高級商品と偽るとか、クーリングオフに応じないなどの行為があれば勿論別だが、50万円の価値があると認められる商品を25万円で希望する客に売ること自体、問題無いのではないか?それを確認するために、催眠商法への注意を呼びかけるホームページをいくつか読んだが、催眠商法の現場を目撃したら直ちに警察に知らせましょうとまではやはり書かれていなかった。



『催眠』と聞くといかがわしい印象を受けるが、ブティックで服を試着した客を「お似合いですよ」とおだてるのも、テレビショッピングでこれでもかと言わんばかりにおまけをつけるのも、一種の催眠と言えるのではないか。



乗せられて買うか慎重に検討して買わないかは消費者次第。こう考える私は間違っているだろうか?



間違っていないとすると、それでも商売を中断して逃げるように去った件(くだん)の業者は実は“悪いこと”をするつもりだったのかもしれない。


2009年5月28日 (木)

地を這う気象予報士

昨日、ホームセンターで買い物をした帰り、久し振りに蟻の行列を見た。道路の舗装面と草地の境目に沿って太い線を作っていた。10メートルくらい続いていたのではなかろうか。



『蟻の行列を踏んだら雨が降る』なんて言い伝えがあるけど、私は昔、「蟻は近く雨が降ると感知すると巣にえさなどを総出で運び込むのであって、行列を踏まなくても天気は悪くなるのだ」と聞いたことがある。



天気予報を見ると、当地は今日雨らしい。ということはあの話は間違いではなかったということでいいのかなあ。


2009年5月27日 (水)

高速1000円に異議あり。

金子国土交通大臣が、ETCを搭載している普通車の高速道路料金を1000円とする措置について現行の土曜・日曜・祝日にお盆期間中の平日を加えることを先日示唆したが、九州バス協会の竹島会長はこの拡充をしないよう国土交通省に要請したことを明らかにした。要請の背景には、料金割引の影響で大型連休中の売上げが前年同期より大幅に落ち込んだこと、大型連休中の大渋滞によるバスの遅延、環境悪化の懸念がある。



料金割引で打撃を受けたのはバス業界だけではない。呉・松山フェリーが6月末をもって運航業務を停止することが象徴するように、フェリー業界はバス業界よりも深刻な状況にある。



放送日は忘れたが、どこかのフェリー会社の社員だか労働組合の幹部だかがNHKのインタビューに対し、「国は雇用を創出するというが、我々の雇用は(高速道路料金割引によって)逆に危ぶまれている」と話していたが、政府は現状をどう認識しているのだろうか。



技術革新によってある業種が衰退するのは仕方の無いことである。しかし、この問題は事情が異なる。結局、高速道路普通車1000円はメリットよりもデメリットが大きい(多いではなく大きいと言いたい)施策だと思う。それよりも公共交通機関の運賃の一部を国が負担してその利用を促進させマイカーの走行距離を短くさせるとか、トラックの高速料金を大幅に値下げして運転手の増員(=雇用創出)や待遇改善(増員で勤務ローテーションを緩くして居眠り運転(のリスク)を減らす)につなげる方向に持っていくべきである。


2009年5月26日 (火)

どうしたいんだ、北朝鮮は。

核実験にミサイル発射とやりたい放題の北朝鮮。焦っているとも追い詰められているとも言われるが、それは日本も同じではないか。拉致問題も核問題もこれといった打開策が無い現状。



金正日がどうにかなるのを待つしかないのか。嗚呼、忌々しい。



そういえば、田原総一朗が『拉致被害者の誰々は生きていないと外務省は分かっている』旨の発言をし、家族会の抗議を受け、詫びたのだが、詫びる前にその情報源とやらを家族会に示し(勿論非公式で構わない)、一緒になって真偽を調査すべきだったと思う。







====================

昨夜デザインを変更したけど、いざアップしてみたらいまいちだったので、すぐにまた変更しました。

2009年5月25日 (月)

マスクの真実は?

先週の月曜(18日)は大阪で、翌日は京都と大阪で映画を観た。普段から手洗いとうがいを欠かさないが、新型インフルエンザ対策として一層丁寧に行い、2日目はマスクを着用した。JR京都駅で修学旅行の団体をいくつか見かけたが、引率者を含め全員がマスクを着用していて、親御さんがこの光景を見ればきっと安心するだろうと思った。



ところが、週末あたりから「一般に売られているマスクに感染防止効果はあまり期待できない」という報道が出始めた。23日放送の報道特集NEXT(TBS)では、感染者の咳やくしゃみ等によって空気中に飛び散る飛まつの量はマスク着用によって50分の1乃至100分の1に抑えられるものの、外からのウイルスの侵入率はマスクを着用していても高かったという実験結果と、「手を洗えるまで首より上に手を持ってこなければ、かなりの割合でウイルスの侵入を防げる」との大学准教授のコメントが紹介された。



しかし、今日授業を再開した兵庫、大阪の学校の中には生徒全員にマスクを着用させている所もある。



マスクの感染防止効果は本当のところどうなんだろう。インフルエンザウイルスがおとなしくしている夏の間にはっきりしてほしいものだ。



ちなみに私は関西から帰ってきてからも熱も咳も出ず、元気である。


2009年5月24日 (日)

会いたかったぜ、フェルメール。

東京・上野の国立西洋美術館で開催中(6月14日まで)のルーヴル美術館展にフェルメールの作品「レースを編む女」も展示されている。それを知ったのは今月頭の東京旅行から帰ってきた後だった。



再び上京するには先立つものが・・・。というわけで、ホームページの写真で我慢している。



どんなに良い情報でも入るタイミングが遅ければ価値が下がるとまたもや痛感する今日この頃。


2009年5月23日 (土)

遥かなる絆

NHK土曜ドラマ「遥かなる絆」が終わった。



「大地の子」ほどドラマチックではなく、どちらかというと淡々としていたが、味わいのある作品だった。



日本政府が中国残留孤児の身元捜しを始める前に、更に言えば日中国交回復よりも前に、自ら各方面に必死に働きかけて帰国を果たした人がいたことを、このドラマを通して知った。せめて城戸さんの帰国直後に政府の身元捜しが始まっていれば、もっと多くの孤児が帰国できたり、生きている実の親に再会できたろうにと思いながら観ていた。


2009年5月22日 (金)

冷静になりましょう。

新型インフルエンザの患者が在籍する学校への中傷が相変わらず続いているそうだ。



中傷する人は「明日は我が身」という言葉を知らないのか。自分が感染して中傷されたら・・・と想像する力を持っていないのか。



マスコミも、感染者の人数や地域を伝えることも大事だが、それが中心になるとどうしても視聴者、読者らの不安を煽ってしまうので、感染を防ぐための注意点や、逆に気にしなくてもいいことを丁寧に説明し、不安を解消する報道をそろそろメインにしてほしい。私も知りたいことがまだいくつかある。


コバエ捕獲作戦のその後

一昨日の記事の続き。



三角コーナーにフタをしても、コバエは側面に止まっていた。三角コーナー命で、捕獲器は眼中に無いらしい。ならば、本命を消すまでよと、僅かな生ゴミの入ったダストマンを新聞紙でくるんでビニール袋に入れて密封した。すると、仕方なく捕獲器に乗り換えたのが4匹と、食器をつけおきしていたボウルに飛び込んだのが3匹の計7匹が死んでいた。



見た感じ全部で10匹を超えるくらいいたと思うが、残りは外へ出たかどこかに隠れているのだろう。



捕獲器が期待したほど活躍していない。他のメーカーのを買ったほうがよかったかも。


2009年5月21日 (木)

「早起きは三文の徳」って本当ですね。

昨夜就寝が遅くなり、起床も遅くなってしまった。反省しつつ新聞のテレビ欄を見ると、はなまるマーケットに麻生久美子の名前が!



嗚呼、悔しい。


2009年5月20日 (水)

今年は容赦しない。

毎年、夏場はコバエに悩まされてきた。週2回の可燃ごみ収集日に毎回生ゴミを出せば発生を抑えられるだろうが、有料の指定ゴミ袋に僅かな量のゴミを入れて出すのは不経済でできない。



昨日、マスクを探していた女性に声をかけられなかった薬局で、私はコバエの捕獲器を買った。明けて今日、三角コーナーの近くに置いた。



約1時間後に覘いて見ると、早速1匹入っている。ところが、喜びは束の間、その後脱出していた。



夜。三角コーナーには5匹以上のコバエが集(たか)っているのに、容器には1匹も触れていない。私は三角コーナーにフタをし、その上に捕獲器を載せた。



手を拱いていたのは去年までのこと。今年は容赦しない。


2009年5月19日 (火)

今日の後悔

薬局のレジで私の前に並んでいた人が店員に「○○はありませんか?」と尋ねた。店員は「売り切れたんですよ」と答え、詫びた。彼女は残念そうに出て行った。



聞き取れなかったが、マスクの在庫を尋ねたに違いないのだ。あの時呼び止めて、「マスクですか?2~3枚でよければ差し上げましょうか?」と勧められなかったことを10時間以上経っても悔やんでいる。



あ、別にマスクを譲って恩着せて連絡先を聞き出そうって思ったわけじゃないですよ。


2009年5月18日 (月)

そこまで広がっていたとは。

知らない間に感染が広がっていた新型インフルエンザ。



たかだか数時間一緒にバレーボールをしているうちに感染する(断定されていないが、おそらくそうだ)のだから、NHKニュースで言っていたとおり、感染力はかなり強いようである。



ところで、感染者が通う学校の名前を全国ニュースで報じる必要があるのだろうか。インターネットが普及しているからどっちみち分かってしまうと言われればそれまでだが、ここ数日の場合は学校名なんて関西地区に住む人だけが知っていればいいのではないか。


2009年5月17日 (日)

松本人志結婚

ライブドアニュースにその記事を見つけた時は、まあ驚いた。結婚願望が殆どか全く無い人だろうと勝手に思っていたので。



相手については芸能界に無関係で、妊娠していること以外は公表されていないが、マスコミは取材合戦を繰り広げそうだなあ。交際のきっかけとか期間とか。



どうかお幸せに。(って、周りが言わなくてもとっくに十分幸せか。)



【5月18日追記】
昨夜の発表に「一般の方」と書かれていたので、私は「芸能界に無関係」と解釈したのですが、元タレントのようです。


2009年5月16日 (土)

民主党の新代表は鳩山由紀夫幹事長

マスコミの予想どおり、民主党代表選は鳩山由紀夫幹事長が岡田克也副代表を破った。



これは明らかに判断を誤ったと思う。自民党・公明党の議員はこれで衆院選が戦いやすくなったと喜んでいるに違いない。


受診しやすい雰囲気をつくろう。

海外渡航歴のない神戸市在住の高校生の新型インフルエンザ感染が確認され、「水際対策でウイルスを完全にシャットアウトするのは困難だ」という専門家の見解が裏付けられる形となった。その生徒と同じ高校に通う他の生徒も感染の疑いが濃厚とのことで、感染拡大が懸念される。



カナダからの帰国時の検査で感染が確認されたケースでは、患者が在籍する高校を「ウイルスを国内に持ち込んだ」、「何故カナダで十分な予防対策を講じなかった」などと叩いた人々がいるそうだ。おそらく自分を含めた国民をウイルスから守りたいという正義感に燃えていらっしゃるのだろうが、そんなことをやっていると、今後体調を崩した誰かが「新型インフルと診断されたらどんな酷い目に遭うかわからない」と受診を躊躇するかもしれず、かえって自分たちの首を絞めてしまうことに早く気付くべきだ。



感染者を一人でも少なくするためには、受診しやすい雰囲気づくりも重要である。


2009年5月15日 (金)

福岡3児死亡事故2審判決

2006年に福岡市内で起きた飲酒運転による3児死亡事故の高裁判決は、業務上過失致死傷罪を適用した懲役7年半の地裁判決を破棄し、危険運転致死罪を適用し懲役20年に処するというものだった。今日の判決には納得がいく。



この事件を契機として、全国各地の官公庁や企業で職員・社員が飲酒運転・酒気帯び運転をした場合の処分を厳罰化する動きが広がった。これによって、今までに多くの命が危険にさらされずに済んだはずである。にもかかわらず、読売新聞のネット配信記事によると、3児の両親は「何様のつもりだ」、「金をもらっているんだろう」といわれなき中傷・非難を受け続けたという。



私はかつて、このブログで、母親が公式の場である会見の席で子をくん付け、ちゃん付けしたことを批判したが、おかしいと思ったのはその一点のみである。カメラやマイクの前に出て飲酒運転の根絶を訴えるのはいけないことなのか。



件(くだん)の記事には、一家が事故の影響によるパニック障害療養のため海外で生活しているとも書かれている。パニック障害の克服は容易ではないが、彼らが再び日本で暮らしたいと考えているのであれば、その日が一日も早く訪れることを祈る。


2009年5月14日 (木)

出来レースに持ち込むつもりか?

自民党総裁選の候補者が連日メディアに登場した時には「我々の存在が埋没してしまう」と危惧していたはずの民主党が、いざ自党の代表選となったら超短期決戦の日程を組むという矛盾。



これは党幹部が贔屓にしている候補者を確実に勝たせたい、運動期間を長くすればするほど他の候補者が逆転する可能性が高まってしまうと考えてのことと推測するが、真相はいかに。


短い自粛

草なぎ剛が今月28日に芸能活動を再開すると所属事務所が発表した。



自粛期間が短か過ぎる。事件についての所属事務所の認識が問われかねないし、前にも書いたように事件の記憶が生々しく残っている時期の復帰は本人にとっても前途をより険しくする方向に働くだけだと考える。しかし、28日に復帰すると決まった以上、いかなる批判も甘んじて受けるくらいの覚悟で臨んでくださいと言うほか無い。



復帰後初のテレビ放送は29日の笑っていいともになると報じられているが、そこでどうするかがポイントとなろう。


2009年5月13日 (水)

ちと物足りぬ。

三木たかしさん追悼番組が今夜TBSで放送されたが、1時間は短くないか?来週、再来週になってもいいから、90分か2時間枠でやったほうがもっと良かったと思う。


2009年5月12日 (火)

分かりやすい辞任

民主党・小沢代表の辞任について、「何故辞めるのか分からない」、「何故今なのか」とコメントする議員がいたが、私にはどうして分からないのかが分からない。



マスコミ各社の世論調査の結果が民主党や小沢代表にとって厳しいものばかりで、このまま居座れば衆院選で勝てそうにないと判断したからに決まっているではないか。


2009年5月11日 (月)

大ニュースの多い今日だけど、

作曲家・三木たかしさんの訃報も大きく取り上げられるべきではないのか。



オリコンのホームページに掲載されている三木さんが手がけたシングル曲の売上げベスト10を見ると、推定累計売上枚数が100万枚を突破した曲は無い。それゆえ扱いが小さくなってしまったのかもしれないが、「津軽海峡・冬景色」、「思秋期」、「アンパンマンのマーチ」、「つぐない」、「北の蛍」、「夜桜お七」、「あなたにあげる」、「ブーメランストリート」、「ふり向くな君は美しい」など、挙げきれないほど多くの曲が今なお愛されている。



明日のワイドショーでは時間を割いて功績を伝えてほしいし、阿久悠さんが亡くなった直後同様、民放にもゴールデンタイムで特集を放送してほしい。



三木たかしさんのご冥福をお祈りします。


2009年5月 9日 (土)

皆さんもパニックに陥ってはいないですよね?

カナダから帰国した日本人3人が新型インフルエンザに感染していることが確認された。



ついにこの日が来たかと思うが、3人とも然るべき治療を受けていて容体が安定しており、またウイルスが弱毒性ということもあって、私は冷静に受け止めている。しかし、これが国内で季節性インフルエンザ並みに流行するようになったり、ウイルスが強毒性に変化したら動揺するかもしれない。それまでに治療態勢が万全になればいいのだが。


2009年5月 8日 (金)

2009年春のテレビドラマ

※一部誤解を招く表現がありました。その他を含め、5月9日に修正しました。




4月スタートのテレビドラマはシリアスな作品や、作り手の主張がストレートに伝わってくる作品が増えたように思う。



現時点で特に注目している作品は次のとおり。



(日)ぼくの妹
 兄妹愛をコメディタッチで、またはハートフルに描くドラマを予想していたので、初回で人が転落死する展開に少々戸惑った。しかし、面白さという点では今のところ裏切られていない。
 脚本は緒形拳の最後の主演作「帽子」も書いた池端俊策。

(火)白い春
 気合が入っているなあというのが最初の感想。このまま直球勝負で突き進んでほしい。

(水)アイシテル
 現時点でのベスト。子供が子供を殺めた事件に端を発する出来事をセンセーショナルではなく、加害者、被害者双方の家族に寄り添うように愛情を込めて描いている。佐野史郎が良い。

(金)スマイル
 2015年に拘置されているビトは晴れて自由の身となるのか?ひょっとして花は2015年には亡くなっているのか?

(土)遥かなる絆
 いつだったか雑誌か何かの対談で先輩の俳優に「テレビドラマは軽いのばかりだから、このまま舞台一本でやりなさい」みたいなことを言われていた加藤健一がテレビドラマに帰ってきた!彼が出ているだけで観る価値があるというものだ。



テレビ朝日のドラマを観られるなら、臨場も挙げたかもしれない。





書き忘れていたが、冬ドラマ(今年1月~3月)のベストは最終的にも「銭ゲバ」だった。


もう5月だというのに、

コタツの電源を入れている。私が冷え性になったのではなく、気温が低いのだと思う。



今年は冷夏か?


2009年5月 7日 (木)

♪ウチのダンナはグアテマラ生まれ・・・

というCMソングが今日の笑っていいともで話題に上っていた。私もあの歌詞の意味不明なところに惹かれている一人である。



商品名はかねがね知っていたが、メーカーは何処だったっけと検索すれば、おお、これも金鳥だったか。



網戸の虫除けといい、ゴキブリ除けスプレーといい、ここへ来て金鳥のCMのコミカル度が再上昇している感がある。



しかし、山瀬まみのカッパはやっぱり着ぐるみの実写で見たい。



【5月28日追記】
“網戸の虫除け”なんてアホなことを書いていた。言い訳を書かせてもらえば、♪見えない網戸 という歌詞に影響されていたのだ。


2009年5月 6日 (水)

渋滞に思うこと

この連休に夜行バスで上京し、2日間でライブ1公演、舞台2公演、映画3本を鑑賞してきた。



連日の報道等で皆様ご存知だと思うが、例のETC割引というやつのために高速道路は大渋滞。しかし、経験豊富な運転手は一般道に出るなどして、行きも帰りも遅延を1時間以内に収めた。お見事であった。



盆休みはどうなるだろうとカレンダーに目をやれば、15日・16日が土・日である。GWはあれでも分散していた渋滞が盆休みにはこの2日間に集中するのか?



さて、私は窓外の車列を見ながら、例外もあるにはあるが、エコと経済とは両立しないなあと改めて考えていた。昨年のGWよりもサービスエリアや国内の観光地で多くの金が動いた半面、昨年よりも多くのCO2(←小さい2を入力できない)が排出されたに違いない。「儲かって良かったですね」と単純に喜べない話である。


2009年5月 5日 (火)

現段階でそんな有様でどうする。

新型インフルエンザを恐れるあまり、発熱した人の診察を拒否する医療機関があるという。



日本国内で感染が広がらないうちからそんな弱腰では心許無い。


2009年5月 4日 (月)

嗚呼100円

先日、金が返ってくるコインロッカーを使いました。荷物を入れる時、使用後に金を取り忘れないようにしなければとしつこく己に言い聞かせたのに、荷物を取り出す時にはすっかり忘れてしまいました。しまったと思った時はもう引き返せない状況でした。



とても悲しいです。



あの100円はどうなるのでしょう。せめて募金や寄付にまわしてくれるのなら救われます。


2009年5月 3日 (日)

矛盾

前の記事を読み返して気が付いた。


結局腹に据えかねているじゃないか。言われたことを受け流していないのだから。

2009年5月 2日 (土)

腹に据えかねるけど、何とか据えます。

昨日、何でそこまで言われなきゃいけないのだとムッとさせられることが起こった。私が不得手としていて絶対に出来ないことを「やっていない」と咎められたのだ。



思い出すたび腹が立つ。だが、いつまでも腹を立てるのも馬鹿らしい。精神エネルギーの無駄遣いだ。



目的地は決まっている。Aというルートを進むことは私には出来ないが、Bルートなら行ける。今度会う時までには目的地に到着し、必ずギャフンと言わせてやる。


2009年5月 1日 (金)

彼は起訴猶予

草なぎ剛について、東京区検は起訴猶予処分とした。



罪を犯したと認められない嫌疑無し、或いは裁判に持ち込めるほどの材料が無い場合の嫌疑不十分ではなく、起訴は可能だけどやめておくという起訴猶予。妥当な判断である。というより、他に考えられなかった。



早期の復帰を望む声が多いようだが、会見で好印象を与えたとはいえ、一方で事件によってイメージがかなり損なわれたのも事実である。事件が人々の記憶から消え去ることは無くても、なるべく小さくなるまで休むほうが当人にとってもベターだと私は思う。


※2010年2月3日、一部修正しました。

彼も陰性

【17時43分記す】
カナダからの帰国後発熱し、新型インフルエンザへの感染が疑われていた神奈川県在住の男子高校生が罹っているのは、精密な検査の結果、従来のAソ連型インフルエンザであることが分かった。




よかったよかった。家族も高校も政府関係者もほっとしていることだろう。引き続き、冷静に警戒しよう。うがいと手洗いを怠りなく。


« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ