最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

願い

アメリカから帰国した女性がインフルエンザの簡易検査で陽性だったのこと。それが例の新型インフルエンザか否かを検査しているそうだが、どうか否でありますように。




【5月1日追記】
この女性は新型インフルエンザではなかった。
そして、新たに男子高校生に感染の疑いがかけられている。




2009年4月29日 (水)

うやむや

昨日の北野誠(所属事務所・松竹芸能の社長が同席)の会見は一体何だったのだろう?



「事実に基づかない不適切な発言」が誰に対するどういう発言だったのかを「相手に迷惑がかかる」としてとうとう明かさなかった。「すみませんでした」を連発するだけで、釈然としない。奇妙だ。不気味だ。



せめて、相手の反応を説明してほしかった。相手は不適切発言をいつどうやって知り、どういう感想を持ったのか。謝罪した時、相手は何と言ったのか。



まさか相手に一切接触せず、相手が怒っているのか、そもそも発言があったことを知っているのか確認もせずに、無期限謹慎を決めたわけじゃあるまいな。


2009年4月28日 (火)

それはないでしょ、NHKさん。

何の話かって?そりゃあ、今夜の総合テレビのトップランナーの再放送ですよ。



GLAYのTAKUROをやって、続いてチュートリアル。それはそれでいいですよ。でも、そこまでやって、どうしてこの2組の間(TAKUROの次の週、チュートリアルの前の週)の綾瀬はるかの回をわざわざ外すんですか。



本放送を見逃し(彼女の出演を知らず、たまたまチャンネルを変えて気付いた時は終了数分前だった)、再放送を待ち望んでいたら、こんな酷い仕打ち!



綾瀬サイドからの要請で再放送できないのなら仕方ないけど、そうじゃないならやってくださいよ。もちろん地上波で。


2009年4月27日 (月)

批判と中傷

「草なぎ剛の行動を過激に批判したブログが炎上」とココログニュースに出ているが、そのブログの文章を読んでみると(現在は削除されている)、その一部は批判というより中傷である。



一方、彼を「最低の人間」(後に、最低の行為と改めた)と痛烈に批判した鳩山総務大臣の事務所等への電話、メール等のうち、大臣の容姿について触れたものがあったと報じられているが、これも中傷であり、批判や抗議の域を超えている。



元々その人を好きか嫌いかとか、容姿がどうかは抜きにして、言動そのものを見つめる。そうすれば、草なぎを逮捕した警察を責めることが筋違いであることも自ずと分かるだろう。



(一部語句を修正しました。)


2009年4月26日 (日)

続・豚インフルエンザ

今日の新聞に豚インフルエンザが1976年にもアメリカで集団感染したと書かれている。鳥インフル同様、豚インフルにも歴史があったとは知らなかった。



ネットを見ると当分豚肉は食べたくないと思っている消費者がいるようだが、仮に感染した豚の肉だとしてもしっかり過熱すれば菌は死滅するので、私は心配していない。むしろ、豚肉のパックが店舗に並ぶ前の段階で十分に注意を払ってほしい(輸入に伴う人の出入りなど)。



空港にサーモグラフィーを設置して客の体温を調べているが、ウイルスが体内にあって発症していない場合は見抜けないだろう。感染が拡大している地域から最近帰国・入国した人には体調が良くても念のため検査を受けてもらいたいというのが私の本音である。(そういう人は周りから「君は大丈夫か?」と聞かれるだろうし。)


豚インフルエンザ

豚インフルエンザという言葉を昨日初めて聞いた。鳥インフルエンザにさえ警戒していればいいと思っていた。



鳥インフルエンザはワクチンや予防グッズの開発が進んでいるが、豚インフルはどうなんだろう?



非常に心配だ。


2009年4月25日 (土)

酒量はちょっとテンションが上がる程度がベストでしょ。そうでしょ。

昨日午後9時から行われた草なぎ剛の会見のニュースをネットとテレビでチェックした。



当夜飲酒していなければ起きなかった事件だったので禁酒宣言もあり得るかと思ったが、「今は飲む気は無いが、本当に大人として飲めるようになったら・・・」と述べた彼は、とても正直な人だ。世論が圧倒的と言っていいほど彼に対して同情的、寛容なのは、他者に直接危害を加えていないことが大きいと思うが、それだけでなく、彼の日頃の正直さ、誠実さ、飾り気の無さが広く知られ、評価されているためであろう。



しかし、少数ながら厳しい意見もあるし、テレビ各局やCM契約を交わしていた企業・団体は対応に追われている。短期間で復帰となれば一気に風向きが変わり、同情派からも「さすがに甘くないか?」という意見が出てくるかもしれない。かつて他のメンバーが5ヶ月近く謹慎したことや、今回の事件の内容を踏まえると、年内いっぱい、短くても9月頃まで活動を自粛すべきだと私は思う。主演映画もその後に公開すればいい。


2009年4月24日 (金)

まさかまたこのパターンだったとは。

大阪の女児が母親に叱られたショックで家を出て行方不明になったと聞いた時は、繊細な子なんだなあ、悪いおっさんに捕まっていなければいいがと心配したが、母親が逮捕される展開は想像していなかった。



女児の死因はまだ解明されていないが、内縁の夫らによる虐待が影響していると見てまず間違いないだろう。



両親が離婚して母親に引き取られ、母親に男ができて、その男に虐待されるという事例が後を断たない。何故だ。


2009年4月23日 (木)

行為と結果の不均衡(映画「ドロップ」について)

映画にしてもテレビドラマにしても不良が喧嘩に明け暮れる話は特に好まない。見る気がしない。しかし、映画「ドロップ」は品川ヒロシの初監督作品であり、メインキャストに嫌いな人もいなかったので、例外的に見に行った。



面白いか否かとか完成度はさておき、絶対に看過できない点がある。暴力シーンが生々しく、どぎついのに、誰一人死んだり病院に担ぎ込まれたりしないのである。あれでは、低年齢の観客など「金属バットで頭を殴っても相手は気絶する程度で済むんだ」と勘違いしてしまう可能性が無いとは言えない。



人の生き死にに関わる場面に、中途半端で無責任なリアリズムを持ち込んではならない。


2009年4月22日 (水)

逆向きの不等号

与党の考え方は衆議院<東京都議会らしいが、非都民としては「いい加減にしたまえ」と言わずにはいられない。




2009年4月21日 (火)

清水由貴子さん自殺

タレント(元タレントという報道もあるが、どっちが正しい?)の清水由貴子さんが、父親が眠る墓の前で亡くなっているのが発見された。硫化水素を発生させて自殺したものとみられている。近くには車椅子に座った母親と見られる女性がいたが、この女性は命に別条は無いという。







あの「お元気ですか」を歌っていた彼女がこんなかたちで世を去るとは、誰が想像できただろうか。



遺書らしきものがあったというから、死を選んだ理由が公表されるかもしれない。それが私の推測、というより憶測と一致するのであれば、ひとつ書きたいことがある。憶測だけで滅多なことは書けないので、続報を待つ。


12本→?本

ゴールデンウィークまでに公開される映画のうち、興味のある映画をリストアップしたら12本になってしまった。



2本は今週中に必ず観るつもりだが、残る10本を全部観るか絞り込むか悩んでいる最中である。



しかし、今夜は風が強い。まるで台風が接近しているようだ。


2009年4月20日 (月)

トラックバックについて

今日もいくつかのトラックバックを公開しましたが、犯罪が絡んでいたり公序良俗に反しているサイトでは無さそうだと思ったので(無いとは断言できません)公開したのであって、紹介されている商品、施設等についてまで保証するものではありませんのでご承知ください。



2009年4月19日 (日)

暴走する女(昨日見た夢の話)

或るタレント(誰だったかは目覚めと共に忘れた)が運転する自動車が横転、炎上し、タレントは亡くなった。



その衝撃が覚めやらぬ或る日、テレビの画面が突然空撮の中継映像に切り替わった。画面右上に『A暴走』のテロップが出ている。夢の内容が内容なので名前を伏せているが、実在する元アイドルの主婦タレントである。



広い直線の道路を猛スピードで走る白い自動車。Aが運転しているらしい。それが急に左に曲がり横転し、2秒後に炎に包まれた。野次馬の何割かが「燃ーえーろっ!!燃ーえーろっ!!」と繰り返す中、消火器を手にした数人の男が車の周囲に集まり、消火活動を始めた。そして、1分と経たぬうちに鎮火した。



悲劇が連鎖した、Aも死んでしまったかと諦めかけていたその時、車のドアが開き、AとAの子供が出てきた。子供は3人いて、一番幼い子はAに抱かれている。奇跡的に4人とも無傷である。



白いワンピースのような服を着たAはひどく興奮していて、もっとも運転する前から興奮していたらしいのだが、かつてテレビで一度も見せたことの無い形相で、さっきの野次馬の一群に向かって「馬鹿野郎!!うるせえ!!」と叫んだ。



(完)


2009年4月18日 (土)

人気衰えず。

ユニコーンの追加公演のチケットを狙ってぴあに電話攻撃。受付開始から約10分でつながった時にはもう予定枚数終了。



それからネットに接続してイープラスの公演詳細画面を開こうとするが、やっと開いたのが10時30分過ぎ。はっきり言ってイープラスのサイバーは弱い!いい加減、強化してもらいたい。



しかしまあ、ユニコーンの人気は衰えないなあ。


2009年4月17日 (金)

眼科へ行く。

充血している右眼を鏡に映してよく見たところ、水ぶくれのようなものができている。いつもの充血と違うのでちょっと不安になり、眼科に行ってきた。



何とかいう種類の結膜炎(伝染しないタイプ)で「目薬で治ると思います」と言われたが、問診票に何気なく書いた大学時代の診断のほうが医師の関心を引いたらしく、検査を受ける羽目になった。



その結果も「問題ないでしょう」とのことでめでたしめでたしだったのだが、請求金額が予想外だった。診療報酬が安いせいで医師不足などの課題を抱えている科がある一方で、眼科は好調のようだ。


2009年4月16日 (木)

区別のススメ

TBSのイロモネアをちらっと見たけど、相変わらず一発ギャグとショートコントがごっちゃになっている。



一発ギャグというものはかつての吉本新喜劇の出演者の持ちギャグのようにタイトルを言わずに始めるものである。間寛平が「かい~の(をやります)」と言ってからかい~のをやったことが無ければ、チャーリー浜が「今からごめんくさいと言いますよ」と予告してごめんくさいと言ったことも無い。(リクエストがあった場合を除く。)



100万円を懸けてやる以上、各種目をしっかり区別すべきだと思う。







※これが900本目の記事となりました。


2009年4月15日 (水)

不透明な処分

タレントの北野誠がラジオ番組やイベントで不適切発言をしたため無期限謹慎というけれど、肝心の発言内容が明らかにされないので、実にすっきりしない。



刑事裁判同様、処分に当たっては、その理由を具体的に説明すべきである。


2009年4月14日 (火)

先週の後半から、

右の眼球が硬くなっているように感じる。充血もしている。



腰が痛い。



喉も痛い。



皆さん、お身体大切に。


2009年4月13日 (月)

そのままを観たかったのに。

前の記事の続き。



「駅路」が始まって間もなく、「昭和六十三年・・・」という説明のテロップが出た時、おやっと思ったのは私だけではあるまい。何故なら、向田邦子は昭和56年に亡くなっているからである。案の定、向田脚本に加筆されていたことが、その後のスタッフ紹介で明らかにされた。



私のテンションは一気に下降し、録画していることもあって、チャンネルをかえてしまった。



誤解を招きたくないので念のため書いておくが、加筆したのが誰なら良くて誰なら悪いというのではない。向田脚本をそのまま映像化した作品を私は観たかった。



改変するくらいなら、最初から向田版を無視して脚本化すべきではなかったか?


2009年4月11日 (土)

カレーを作る男

昨日から帰省中。その理由は気が向いたら書くとして。



今日は母に言いつけられ、米をといで炊飯器をセットし、カレーを作った。カレーを作るなんて、確か今年初めてだ。一人暮らしは大抵レトルトで済ませているからである。



豚肉と玉ねぎを15分炒め、じゃがいもとにんじんを加え更に10分炒める。その間立っていただけでどっと疲れたのは、昨夜寝付けなくて結局3時間も眠れなかったせいに相違ない。今夜は早々に睡魔が訪れそうだ。



しかし、フジテレビのドラマ「駅路」を見逃すわけにはいかない。向田邦子脚本というだけでそそられるではないか。録画予約しておこう。ところで、何故今、向田邦子の脚本なのだ?リメイクなのか、それとも折角執筆したのに撮影に入れなかったのか。気になる。



さっきから炊飯器が低いうなり声を上げている。もうすぐ炊き上がりだ。


2009年4月10日 (金)

同級生が夢に出てきた。

彼も私も最後に会った時 -10年か、もっと前- の年恰好だった。



彼が「(私と)メール交換をしたい」と言うので、私がメールアドレスを尋ねると、急に言葉がぼそぼそとなり、返事とも独り言とも附かぬ調子で、やっと聞き取れたのは「・・・調べてみないと分からない」。



私は「メール交換したいと言ったのはそっちで、それなのにアドレスを言わないとはどういうことだ!100万円積まれても、僕は君にアドレスを教えないぞ!」と怒鳴りつけた。



相変わらず変な夢をよく見る。


2009年4月 9日 (木)

獲るべくして獲った人

古沢良太が「ゴンゾウ」で向田邦子賞を受賞した。



彼は数年以内に必ず受賞する、さもなければ審査員の目は節穴だとさえ思っていたので、私にとってもうれしいニュースである。



「ゴンゾウ」早く観なきゃな。(録画してそれきりになっている。)


2009年4月 8日 (水)

不貞寝する前に

昨日の記事を24時前に書いたのだが、ADSLの接続の中断によりアップできず、文章も消えてしまった。今夜は不貞寝しよう。



でも、ラジオ深夜便の研ナオコ&内藤やす子集に興味があるから、できれば4時まで起きていたい。




【追記】
2時前に眠ってしまい、聞き逃した。




2009年4月 6日 (月)

生えたらいいね

去る4月2日、「K-BO-BO-プロジェクト 芸人育毛計画」でお馴染みのスカルプDシャンプーの使用を開始しました。





私の場合、一部が脱毛しているのではなく、全体的に均一に毛が少ないタイプです。






20090402

(右下にぼんやりと写っているのが左眉)



写真というものは普通少しでも良く写るようにするものですが、その逆に向かって何度も撮り直し、自分で自分を笑ってしまいました。



ひょっとすると先天的に毛穴の数が少ないのかもしれないし、スカルプDが私に効かない可能性もあります。その他の事情で中断することも無いとは言えません。望む変化が起きなければこのネタは今回限りとなります。



さあ、これからどうなりますことやら。


2009年4月 5日 (日)

飛翔体が発射された日

「笑っていいとも増刊号」を見ていた11時33分か34分、テレビ画面上部にニュース速報が表示されたのと同時に、外では防災無線のアナウンスが大音量で鳴り響いた。



飛翔体発射から約4分で国民に周知できたというのは、現在の技術、態勢の下では最短の対応だったのだろうと思う。



被害は無かったようだし、大きな混乱も無かった。予想どおりではあったが、ひとまずホッとしている。



今後は強く抗議しながらも、冷静さを失わないことが大切だ。頭に血を上らせたりオロオロすれば、北朝鮮を更に増長させるだけである。


今回はさんざんでした。

オールスター感謝祭の私の成績
 50問中20問正解
 201人中126位



今回はどういうわけか集中力を欠き、さんざんだった。集中していれば、25問以上正解し、前回の80位を上回ったと思う。



次回こそ三度目の正直で50位以内に入りたい。


2009年4月 4日 (土)

サービス

昨日の記事によって、人気俳優の名前を入力して検索する人が多いことを改めて実感したので、ちょっとしたサービスを。



明日朝7時からのフジテレビ系「ボクらの時代」で市川海老蔵、藤原竜也、小栗旬の鼎談が放送される予定なので、ファンの皆さん、興味のある方はお見逃し無く。





【4月5日追記】
5日の前編に続き、12日には後編が放送される予定。


OH MY GOD!!

オールスター感謝祭。



喉がおかしくなったのでCM中にうがいをしに行き、戻ってきたら次のピリオドの1問目が終わっていて参加できず。その次はケアレスミスで途中敗退。



今日は絶不調。目標の50位以内は厳しそうだ。100位にも入れなかったりして・・・。


オールスター感謝祭に挑戦中

前回に続き、地上デジタルデータ放送を使ってオールスター感謝祭に挑戦している。



苦手なジャンルの問題が多く、今のところ、201人中187位。(電話回線に接続していないため、他の視聴者を含めた順位は出ない。)



ディズニーランドなんて昔々に1回行ったきりだから、分かんねえよ。


飛翔体もうすぐ発射か?

ミサイルなのか衛星なのかいまだによく分からないが、北朝鮮が間もなく飛翔体を発射するものと見られている。



フジテレビは音楽といいキャスターの口調といい不安を煽るような演出をし、NHKは冷静な対応をしつこいほど呼びかけている。パニックを抑えるためには後者の報道姿勢が望ましいことは論を俟たない。



私は航行・操業中の船への被害を心配しているが、その可能性も低いと考えている。とにかく落ち着くことだ。


2009年4月 3日 (金)

「はあっ?」

と私が言ったのは、昼前にネットに接続して『水嶋ヒロと絢香が結婚へ』という見出しを見つけた瞬間である。



劇団ひとりと大沢あかね、庄司智春と藤本美貴の時は「やっぱりね」という感想を持ったが、今回は2人がかつて写真誌に撮られていたことを知らなかったので、正直ガセネタじゃないかと思った。



おめでたいことなのに、何故所属事務所への報告が入籍の約40日後だったのか、疑問が残るが、とにかくおめでたい。



ところで、絢香がバセドウ病を患っていて、来年から休業することも発表されたが、それならば、もっと早く休業したほうがいいのではなかろうか。もっとも、私は今日までセドウ病と錯誤していたくらい、この病気についての知識を得ていないのだが。


2009年4月 2日 (木)

これもエイプリルフールなら・・・

昨日届いた年金保険料納付書の入った封筒を見た時、そう思った。しかし、去年も書いたが、現在受給している人たちのために払わねばならぬ。だから、今日、一年分を前納した。



保険料を納めている人のうち、将来必ず年金をもらえると信じている人はおそらく半数にも満たないだろう。きっと、私と同じ気持ちで納付していることだろう。


2009年4月 1日 (水)

最近の困りごとの一つ

嫌いな芸能人が出てくるCMが2本ある。そのCMが流れる度にチャンネルを変えたり、ヘッドホンを外して(※)目を閉じたりするのだが、2本ともやたら放送されるので迷惑している。早く放送終了してほしい。



※近隣への配慮、節電(音量を抑えると電気代が安くなるらしい)等のために、テレビに常時ヘッドホンを接続している。


方針転換

いろいろ考えた結果、やっぱり定額給付金を貰うことに決め、今日申請書を発送した。



さんざん給付金を批判してきたが、追い込まれて、信条を曲げたのだ。







































なんちゃって。


申請してないよ~ん。


エイプリルフールなので、嘘をついてみました。


(ここからは本当の話)
両親は既に現金で受け取った。私が稼いでいれば4万円をポンと渡して「給付金なんて申請するな」と言うのだが。


« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ