最近のトラックバック

« 受精卵を取り違えたと思われる医療ミスが発生 | トップページ | 狙えばよかったかな? »

2009年2月20日 (金)

日本アカデミー賞

日本アカデミー賞の最優秀作品賞は「おくりびと」だった。既に他の映画賞を多数受賞しているが、それに加えて日本アカデミー賞はもともと中高年に支持された作品を高く評価する傾向にある(と私は感じている)ので、予想どおりだった。



しかし、テレビ中継へのタカアンドトシの起用は明らかに失敗だった。おそらく番組スタッフがいつもの漫才のように喋ってほしいと要求したのだろうが、あれは番組のカラーに馴染まない。双方の良さを殺しあう結果となった。


« 受精卵を取り違えたと思われる医療ミスが発生 | トップページ | 狙えばよかったかな? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本アカデミー賞:

« 受精卵を取り違えたと思われる医療ミスが発生 | トップページ | 狙えばよかったかな? »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ