最近のトラックバック

« 眠れた夜 | トップページ | 日本アカデミー賞 »

2009年2月19日 (木)

受精卵を取り違えたと思われる医療ミスが発生

香川県立中央病院で、不妊治療のため体外受精をした女性に別の患者(夫婦)の受精卵を移植した可能性があるとして、人工妊娠中絶をしていたことが公表された。女性とその夫は県に対し約2000万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。



妊娠を喜んだのは束の間、他人の受精卵だったかもしれないと告げられ中絶した夫婦の悲しさ、辛さは計り知れないが、受精卵の提供者になってしまった夫婦は何を思っているのだろう。私に移植してくれていたらと悔しがっているだろうか、それとも“自分たちの子”が命を失ったことを嘆いているだろうか。いや、それ以前に病院から聞かされていないかもしれない。



NHKの報道によると、今や新生児の約2%が人工授精によって生まれているという。精子が弱くなっているそうだから、自然妊娠が難しいケースは増加し続けると思われる。



このようなミスは二度とあってはならない。


« 眠れた夜 | トップページ | 日本アカデミー賞 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受精卵を取り違えたと思われる医療ミスが発生:

« 眠れた夜 | トップページ | 日本アカデミー賞 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ