最近のトラックバック

« 副作用 | トップページ | 地デジに不安あり。 »

2009年1月10日 (土)

私が選んだ2008年の映画ベスト19

当初、昨年観た映画103本のベスト10を紹介しようと思っていたのですが、良い作品が多くて10位でスパッと切ることができず、19位まで広げました。(19位と20位の差が少し開いていると感じ、ベスト20にはしませんでした。)




第1位 青い鳥

 いじめを苦にした男子中学生・野口が自殺を図る。幸い一命は取り留めたが、野口とその家族は引っ越していった。クラスの担任は病気休暇を取り、臨時教師の村内(阿部寛)が着任する。

 学校は生徒全員に反省文を書かせていた。教師全員がOKするまで何度も書き直させており、十分に反省したということで、教師も生徒も一連の事件に区切りをつけていた。しかし、村内は静かに、だがきっぱりと異議を唱える。「忘れるなんて、卑怯だな」と。



 倉庫に運び出されていた野口の机を教室に戻し、毎朝机に向かって「おはよう」と声をかける村内に対し、教頭は「学校を元の状態に戻したい」と蒸し返すような行為を止めるように言う。私はそれを聞き、元の状態っていつの状態だ?まさか自殺未遂が起きる直前じゃないだろうな、死ななきゃそれで良いというものではないぞと憤ったが、すぐに矛先は私自身に向いた。私にあの教頭を批判する資格は無かったのだ。何故ならば、私もいじめに加わったり見て見ぬ振りをしてきたから。

 関東、関西、愛知など上映が終了してしまった地域もあるが、これから公開される地域もある。現在学校に通っている子供たちにも、かつて通っていた大人たちにも、是非とも観ていただきたい一本である。


第2位 ハッピーフライト
 お時間があればクリックを。


第3位 容疑者Xの献身
 お時間があればクリックを。


第4位 トウキョウソナタ
 お時間があればクリックを。


第5位 クライマーズ・ハイ
 
お時間があればクリックを。


第6位 世界で一番美しい夜
 お時間があればクリックを。



ここまでは10点満点を付けました。



第7位 ぐるりのこと。
 キネマ旬報のベストテンは第2位。


第8位 シークレット・サンシャイン
 途中、「これは宗教宣伝映画か?」と疑った私が間違っていた。あの「オアシス」を撮ったイ・チャンドン監督がそんな単純なオチで済ませるはずがなかった。


第9位 休暇
 法務大臣だった鳩山邦夫議員を死に神呼ばわりした(その後謝罪)朝日新聞社の方々はこの映画をご覧になっただろうか?


第10位 4ヶ月、3週と2日(日本語の公式サイトは閉鎖された模様)
 お時間があればクリックを。


第11位 つぐない(日本語の公式サイトは閉鎖された模様)
 観終わって思ったこと。「女は怖い」。


第12位 譜めくりの女
 ラストが昔のコントのようだが、あんな風になってしまうのも分からなくはない。


第13位 歩いても 歩いても
 きっと誰もが共感できるのに、ありそうで無かったタイプの映画だと思う(小津安二郎の時代にはあったのかな?)。とにかく目の付け所が素晴らしい。


第14位 12人の怒れる男(ロシア版)
 大丈夫だろうか、裁判員制度は。


第15位 ブタがいた教室
 飛べない豚がただの豚だとは限らない。


第16位 コドモのコドモ
 小学生の妊娠、出産というのはいかがなものかと思うが、エンターテイメントとしては良く出来ている。


第17位 ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
 お時間があればクリックを。


第18位 まぼろしの邪馬台国
 竹中直人の好演が印象深い。


第19位 櫻の園(2008年版)
 お時間があればクリックを。





【おまけ】
キネマ旬報ベストテンの作品を私の評価順に並び替えると、こうなります。(〔 〕内はキネマ旬報が付けた順位)
1〔4〕トウキョウソナタ
2〔8〕クライマーズ・ハイ
3〔2〕ぐるりのこと。
4〔5〕歩いても 歩いても
5〔9〕接吻
6〔1〕おくりびと
7〔7〕母べえ
8〔3〕実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)
9〔10〕アフタースクール
-〔6〕闇の子供たち・・・内容があまりにヘビーで私は点数を付けられませんでした。



« 副作用 | トップページ | 地デジに不安あり。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が選んだ2008年の映画ベスト19:

« 副作用 | トップページ | 地デジに不安あり。 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ