最近のトラックバック

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

年末の挨拶

今年、このブログにアクセスしてくださった皆様に御礼申し上げます。

よいお年をお迎えください。

次回更新は1月2日以降に予定しています。

2008年12月27日 (土)

僕はこんな映画を観てきた2008

今年もやります。自己満足企画です。




今年、映画館で観た映画は次のとおりです。




愛の予感
相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km東京ビッグシティマラソン
青い鳥
秋深き
アキレスと亀
明日(あした)への遺言
あの空をおぼえてる
アフタースクール
歩いても 歩いても
イキガミ

石内尋常高等小学校 花は散れども
ICHI
うた魂♪
うん、何?
大いなる陰謀
オーケストラの向こう側 フィラデルフィア管弦楽団の秘密
おくりびと
俺たちに明日はないッス
母べえ
帰らない日々

崖の上のポニョ
陰日向に咲く
ガチ☆ボーイ
歓喜の歌
カンナさん大成功です!
奇跡のシンフォニー
休暇
(対象外)魚影の群れ
クライマーズ・ハイ
ぐるりのこと。

(対象外)黒い十人の女
K-20 怪人二十面相・伝
ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
コドモのコドモ
小森生活向上クラブ
最強☆彼女
櫻の園(2008年版)
さくらんぼ 母ときた道
ザ・マジックアワー
シークレット・サンシャイン

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)
シネマ歌舞伎 人情噺文七元結
シネマ歌舞伎 野田版 研辰の討たれ
シネマ歌舞伎 ふるあめりかに袖はぬらさじ
12人の怒れる男(ロシア版)
受験のシンデレラ
純喫茶磯辺
(対象外)女工哀歌
スウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
スカイ・クロラ The Sky Crawlers

砂の影
すみれ人形
スルース
世界で一番美しい夜
接吻
潜水服は蝶の夢を見る
DIVE!!
たみおのしあわせ
チーム・バチスタの栄光
チェスト!

築地魚河岸三代目
つぐない
(対象外)帝国オーケストラ
デトロイト・メタル・シティ
天安門、恋人たち
天国はまだ遠く
トウキョウソナタ
同窓会
東南角部屋二階の女
TOPLESS

奈緒子
泪壺
眠れる美女
ノーカントリー
パーク アンド ラブホテル
バイオハザードⅢ
(対象外)バックドロップ クルディスタン
ハッピーフライト
(対象外)花はどこへいった
ハピネス

ハンサム★スーツ
パンダコパンダ、パンダコパンダ雨ふりサーカス
 ※厳密には2本に分けられますが、セットにして1本分の料金で上映されましたので、1本として整理しました。
人のセックスを笑うな
ヒトラーの贋札
ヒトリマケ
(対象外)復讐するは我にあり
ブタがいた教室
譜めくりの女
ブラブラバンバン
ふるさとをください

ブレス
ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
蛇にピアス
ベルリン・フィル 最高のハーモニーを求めて
ホームレス中学生
ぼくたちと駐在さんの700日戦争
僕の彼女はサイボーグ
僕のピアノコンチェルト
まぼろしの邪馬台国
マンデラの名もなき看守

memo
モンゴル
(対象外)靖国
山のあなた 徳市の恋
(対象外)闇の子供たち
容疑者Xの献身
4ヶ月、3週と2日
落語娘
ラストゲーム 最後の早慶戦
ラスト、コーション

ラフマニノフ ある愛の調べ
わが教え子、ヒトラー




この112本のうち、旧作や点数化になじまないと判断した作品9本(頭に対象外と付記したもの)を除く103本を10点満点で採点しました。上位の作品を1月上旬に紹介する予定です。



2008年12月26日 (金)

ぐったりでぐっすり

今年最後の映画鑑賞は一日に4本という強行日程を組み、21時前に終了した。




今夜はぐっすり眠れそうだ。



2008年12月25日 (木)

2008年のクリスマス

2008年のクリスマス





クリスマスらしくケーキでも食おうとコンビニで買った。




げっ!チョコレートが載っかっているじゃないか。



2008年12月24日 (水)

飯島愛さん死去

昨年春に芸能界を引退した飯島愛さんが自宅で亡くなっているのが今日の午後発見された。死因は調査中だが、引退後も続けていたブログの内容などから自殺を疑う報道が多い。




引退前に出演したTBSの金スマで、“木村の神様”の異名をとる女性が、「将来、引退を後悔する姿が見える」と思いとどまるよう助言したが、飯島さんの意思は固かった。しかし、結局後悔する羽目になってしまったのだろうか。




自殺だとしたら、死ぬ度胸を生きる方向に生かしてほしかった。力を貸してくれる人も一人や二人ではなかったはずだ。




せめて病死であってほしい。




合掌。



2008年12月23日 (火)

読んでます。

里田まいのブログ「里田まいの里田米」をお気に入りに登録し、ネットに接続できる日は必ずと言っていいほどチェックしている。




“おバカタレント”らしく間違いが散見されるが、作文のセンスはなかなかのものである。基本的に絵文字を使わないのも好感が持てる。




絵文字を多用したり、異次元の世界からやって来たような滅茶苦茶な言語で書かれたブログは、おっさんには読みにくいのよ。



再び涙

NHK総合「フルスイング」の第1回。本放送で号泣したので再放送で泣くことは無いだろうと思っていたのに、ちょっと泣いた。




2013年度から高校の英語の授業を全部英語でやるという学習指導要領改定案が発表されたばかりだが、明日の午後10時から放送される第4回はそれに関係していると言えるかもしれない。



2008年12月22日 (月)

明日は必見!!

明日(23日)から3夜連続でNHK総合でドラマ「フルスイング」全6回が再放送されます。




午後7時29分までにチャンネルをNHK総合に合わせましょう。




これは素敵なクリスマスプレゼントであるとも言えましょう。




2008年12月21日 (日)

やっぱり出すのか、給付金

初めは欲しいと願い、その後目が覚めて、私は受け取らないと決めた定額給付金。




世論調査でも「経済効果は大して期待できない」等の理由で反対派が8~9割もいるというのに、空気の読めない政府、与党は給付を断行するつもりらしい。




賛成派のある人が新聞の投書欄で主張していたのは、「市区町村にとって、給付金支払事務は地方分権に対応できる実力を示すチャンスである」。地方分権の意味を完全に履き違えており、笑うに笑えない。




一方、笑いが止まらないのは詐欺師やスリ、引ったくりの連中だろう。ビートたけしが週刊ポストの自身のコーナーで、現金支給を受けた高齢者が役所から出てきたところを襲われるのではないかと語っていたが、私も憂慮しているところである。




来年の春以降、「それ見たことか!」という声が全国各地であがるに違いない。



2008年12月20日 (土)

2008年の紅葉(その2)

2008年の紅葉(その2)



2008年12月19日 (金)

成功

手術成功す。

生命に関わるものではなかったが、予定の時間が来ても終わらず、何かあったのかと気が気じゃなかった。

今はただ、安堵。

2008年12月18日 (木)

死ななかったんですね。

テレビ朝日「相棒」の亀山薫(寺脇康文)の卒業を受け入れる。そう書いた私だが、殉職はやめてくれと願っていた。




昨日の放送を観ていないが、視聴者のブログで亀山が元気に旅立っていったと知り、喜んでいる。退職したようだが、たまにゲストで顔を見せてほしい。




亀山が去り、“後任人事”に注目が集まっている。元日(注:元旦ではない。元旦は元日の朝の意)SPで杉下右京(水谷豊)と行動を共にする女性(演じるのは田畑智子)がそのまま相棒になるという説があるが、私は「捜査一課の伊丹(川原和久)が最近暴走気味」との一部視聴者の指摘に着目している。伊丹が特命係にとばされるとにらんでいるのだが、どうなるのだろう。突然現れた人物が相棒になるよりは、亀山卒業に今なお反対している視聴者も納得しやすいはずだ。



2008年12月17日 (水)

不審なメール

アンジェラとかいう人から英文のメールが届いていた。




(訳)
ハ~イ、ご機嫌いかが?今日の午後5時30分に会えないかしら?





おいおい、アンジェラさんよ、どこで待ち合わせするんだよ。




添付ファイルは無く、ウイルス攻撃を目的としたメールではなさそうだが、かといって送信ミスとも考えにくい。いきなり今日会いたいとメールを送るくらい親しくしている相手のメールアドレスなら、PCや携帯に登録しているはずだからである。




「Aさんに送るつもりがBさんに」というケースも、私がアンジェラにとってのBでなければ起こり得ない。




念のため、今夜中にウイルス検索をかけておこうか。



2008年12月16日 (火)

真央効果「仮面舞踏会」ヒット

この見出しを見た時、初めは意味が解らなかった。




真央って井上?仮面舞踏会って、少年隊の?そうでないなら、そんな名前のゲームソフトが出たのか?







全部違っていた。フィギュアスケートの浅田真央選手が大会(グランプリファイナル)で使用したハチャトゥリアン作曲「仮面舞踏会」のCD売上げやダウンロード数が伸びているというニュースだった。




スポーツニュースでトリプルアクセルを2回決めた場面を見たけど、音楽は聞いていなかったから、見出しの意味が理解できなかったのだ。




吹奏楽ではハチャトゥリアンの曲がよく演奏されており、吹奏楽をやっている(やっていた)人たちの間では、彼はすっかりお馴染みの作曲家である。しかし、一般にはバレエ音楽「ガイーヌ」の「剣の舞」だけが知られている程度だろう。




ハチャトゥリアンの曲は派手で賑やかで楽しいものが多いので、「仮面舞踏会」をきっかけに、他の曲も聴いてもらえるとうれしい。






余談だが、昔、尾藤イサオが「剣の舞」を歌っているのを一度だけテレビで聞いたことがあるのだが、冒頭の奇妙な歌詞をいまだに忘れられないでいる。




♪好きか嫌いか 嫌いか好きか はっきり言いなよ 今すぐ目の前で




やっぱり変だ。何も「剣の舞」にこんな歌詞をつけなくても。




【12月18日追記】
2回目のトリプルアクセルは回転が足らなかったと判定されていたのを知りませんでした。失礼しました。







2008年12月15日 (月)

ヒロシマ

TBS「ヒロシマ」を観た。再放送だったが、私は初めて観た。




被爆者が原爆を開発、投下した科学者に「(原爆の犠牲者に対し)謝罪してほしい」と求めたが、科学者は拒否した。そして、元はと言えば先に真珠湾攻撃を仕掛けた日本軍が悪いのだという、これまでにもアメリカ人から何度も聞かされた理屈を口にした。




確かに日本も悪かったが、アメリカには非は無かったのか。そんなわけない!!私のはらわたは煮えくり返った。



2008年12月14日 (日)

12月14日のへぇ~。

“最後の劇場版”と銘打っているから、「特命係長 只野仁」は現在公開中の映画で終わりだと思っていた。




ところが、1月にまた連続ドラマがスタートするそうで、そうなると“最後”ってどういう意味なんだろう。




まあ、別にどういう意味でもいいんだけど。



私にとっては「痛」の年

起きたら左手首が痛い。




寝るまでは何ともなく、いつどのタイミングで痛めたのか分からないが、湿布を貼り、引っ張って伸ばしていたら、だいぶ楽になった。




とにかく、今年はあちらこちらが痛む年だ。



2008年12月13日 (土)

変ねえ。

今年の漢字は『変』でしたね。




しっくりきませんが、去年の偽のようなこれといったキーワードが見当たらないのか、逆に多過ぎて絞れないのか、正体の掴めぬ年だったということなのでしょう。







何だ。これぞまさしく『変』じゃないか。



2008年12月12日 (金)

わかってない!!全然わかってない!!

「自民党をどうやって立て直すか」なんてのたまっているセンセイよ。




違うでしょ。今はもうそんなレベルの問題じゃないでしょ。




「日本をどうやって立て直すか?」でしょ。そういう発想で政策を打って成果を出し、仮にうまくいかなくても国民が「だけど、私たちのために精一杯頑張ってくれた」と認める。それが支持率を上げる確実な方法でもある。




利口ではない私でもわかるのに、何であの人たちはわからないんだろう。




本当はわかっているけど、それは難しいから、もっと簡単に支持率が上がる方法を模索しているのだろうか。



2008年12月11日 (木)

今年の漢字は?

京都の清水寺で恒例の「今年の漢字」が発表されるのを前に、読売テレビの「ミヤネ屋」で予想をしていた。私は混迷、迷走の『迷』かなと思うが、番組内でもそう書いた人がいた。




発表は明日。果たして、どの字が選ばれるのか。




そして、首相の会見で「今年の漢字が○に決まりましたが、どう思われますか?」という質問は出るのか?いや、出ないか?漢字についてはいろいろあったから。



2008年12月10日 (水)

12月10日のいろいろ

☆昨夜のCD田中はやっぱり面白かった。いい腹筋運動にもなった。何故面白いのかと考えると、メリハリが利いているからではないかというのがひとまずの結論。




☆加勢大周は芸能界を引退するそうだが、薬物とも縁を切れるだろうか。高校生の時に覚せい剤に手を出したというから、依存かそれに類する状態にあるように思われる。実家に帰って出直すよりも、施設に入って治療を受けたほうがいいかもしれない。




☆フジテレビのドラマ「のだめカンタービレ」の映画化を喜んでいる。演奏シーンが丁寧に作られていて、役者本人が音を出しているように見えるのが素晴らしい。
 しかし、TBS「SCANDAL」のピアノ演奏シーンは誤魔化すつもりも無さそうなほど弾いていないのがあからさまで、げんなりした。「ストーリーに関係無いからそこはまあ適当に」という考えでやっていたのだとしたら、初めからトレーニングの要らない職業に設定すればよかったのに。



今夜は眠れない。

午前1時からTBSラジオで放送される「爆笑問題カーボーイ」は聞き逃せない。




「CD・田中大復活スペシャル!!」が相当面白くなるはずだからである。




西日本・南日本でTBSラジオが聞こえにくい地域にお住まいの方は、1278kHzのRKBに合わせてみてください。



2008年12月 9日 (火)

「沈まぬ太陽」映画化

頓挫したと思われた山崎豊子の小説「沈まぬ太陽」の映画化が決まったと報じられた。




実は“思われた”のではなく、本当に頓挫したのだが、別の会社(角川映画&東宝)が来月撮影を開始するところまで漕ぎ着けたとのことである。




主人公の航空会社社員を演じるのは渡辺謙。私は原作を読了できなかったが、読んだ範囲のイメージに近いキャスティングだと思う。




原作についていろいろ言われてきたようだが、あの大惨事を当事者の視点で描くことには大きな意味がある。公開されたら、よほど評判が悪くない限り拝見したいと思っている。



2008年12月 8日 (月)

「蒟蒻畑」を食べてみた。

さんざんこんにゃく入りゼリーに関する話を書いてきたので、ここらでいっぺん(久し振りに?)食べてみようと、リニューアルされた「蒟蒻畑」を買ってきた。そして、ついさっき、食べた。




意外に硬度があって、噛まずにはいられなかった。




確かに、噛む習慣が身についていない子供や、歯や喉が衰えて咀嚼する力が弱くなった高齢者は食べるべきではない。細かく切って与えれば大丈夫だろうが、そうする前に食べられてしまってはいけないので、家に持ち込むこと自体、やめたほうが無難だ。




と、危険性をアピールするようなことを書いたが、結局のところ、外袋に書いてあるとおりに食べれば問題無いことがよく分かった。




でも、ボクはこんにゃくの入っていないゼリーのほうが好きなんだな。



続・煙草の話

先日、煙草の自販機に「たばこ税増税 断固反対」と書かれたシールが貼ってあるのを見た。シールを作ったのは煙草の製造・販売業者、葉タバコ生産者の団体である。彼らにとって、増税の先にあるのは減収しかなく(今のところ、税金以外を値上げする計画は無いので)、反対するのは当然である。与党内にも「政府が見込むほど税収は伸びないのではないか」との慎重論が多いそうで、「どうやら増税されそうだ」と書いた私の予測どおりに事は進まないようだ。




ところで、私の実家も昔は葉タバコの栽培をしていて、物心つかない頃の私が葉タバコを食べてしまった時は大騒動だったらしい。私が嫌煙派に属しているのは、そいつがかなり不味かったからだったりして。(この話、前にも書いたかも。)




18歳か19歳だったある日、「煙草の臭いがする」と数人がヒソヒソと話すのが聞こえた。原因は私だと分かっていた。しかし、私は決して煙草を吸っていない。体調や食べた物が何らかの反応を引き起こし、たまたま口臭が煙草臭くなったのだ。翌日には元に戻ったが、彼らは今でも私が喫煙したと思っているかもしれない。(この話も前に書いたっけ?)




さて、私は嫌煙派といっても、吸殻を路上に捨てない、路上喫煙をしない、妊婦・子供・病人等がそばに居るときは喫煙を控えるなど、マナーを守っている愛煙家まで目の仇にするような風潮は行き過ぎだと思っている(これも書いたことがあるかもしれないが)。神奈川県が制定を進めている禁煙条例の案は、全面禁煙からパチンコ店などに分煙や猶予期間を設ける方向へと緩和(一部マスコミは“後退”と報じている)された。全面禁煙の必要は無い。しっかり分煙できて、望まない受動喫煙が無くなりさえすれば、それで十分だと思う。



2008年12月 7日 (日)

微かな、しかし確かな変化

腰を回す運動と腹筋運動の効果が出てきたのか、脇腹をつまんでみるとぜい肉が減ったように感じられる。




運動を続けるぞ。



2008年12月 6日 (土)

訃報相次ぐ。

19時のNHKニュースで遠藤実さんが亡くなったと知り、歌謡史に偉大な足跡を残した方がまた一人いなくなってしまったなあと、ちょっとしんみり。遠藤さんの書いた曲といえば、私は「北国の春」を真っ先に思い出す。




そして、さっきパソコンを開いてヤフーのニュース一覧を見たら、お笑いコンビ・FUJIWARAの原西の母・尚子さんが死去と出ていて、びっくり。




今日の新聞には知らない名前の俳優の訃報が載っていて、読み進めると、「科学忍者隊ガッチャマン」でベルクカッツェの声を担当していたとあり、あの声が記憶の底から瞬時に飛び出してきた。




ご冥福をお祈りします。



2008年12月 5日 (金)

2008年の紅葉

2008年の紅葉



もう散ったかもしれないと思いつつ行ってみたら、まだ残っていた。




今年も観られた幸せを噛み締める。



2008年12月 4日 (木)

煙草の話

先日乗った特急は、禁煙車なのに煙草の臭いが強かった。といっても、元は喫煙車だったことを知っているので、さほど驚きはしなかったが、もうちょっと脱臭できないものか。




ヘビースモーカーがあの車両に乗ったら、すぐに喫煙コーナーに行きたくなるだろうか?それとも、臭いのおかげで吸った気分を味わえて、下車まで我慢できるのだろうか?




さて、たばこ税の増額について、中川財務・金融大臣と舛添厚生労働大臣が合意したそうで、どうやら増税されそうな雰囲気である。




煙草の値上げで消費が減れば、街を歩いている時などに突如として副流煙を吸わされることも減るかもしれず、嫌煙派の私にとっては喜ばしいが、買い控えが進んで税収が落ち込むのは困りものである。




いや、税収は伸びるか。値上げを機に禁煙できたり、本数を大幅に減らせる人は少ないだろうから、プラスマイナスでゼロを上回ると考えて間違いなさそうだ。容易に煙草と絶縁できない愛煙家の弱みにつけ込む政府が一枚上手だと言えなくもない。



2008年12月 3日 (水)

櫻の園

一度は観ないと決めたものの、某サイトで絶賛されていたのがずっと引っかかっていたので、結局観に行った映画「櫻の園」。




意外に良く出来た作品だった。ただ、一人だけ、どうしようもない人がいた。あの人はどんな役をやっても同じだ。同じような衣装を着て、同じような表情を浮かべて、それで芝居をした気になっている。役柄に対する理解が浅いのだ。




「あの人」とは誰のことか知りたい人は、是非映画館へ。



2008年12月 2日 (火)

こんにゃく入りゼリーの販売を見送るべからず。

マンナンライフがこんにゃく入りゼリー「蒟蒻畑」の製造を再開したことに対し、昨日、ある団体が製造・販売見送りを求める声明を発表した。




私は、見送る必要は無いと考える。




先日のNHKニュースでリニューアルされた商品を見たが、子供や高齢者に食べさせないよう求める外袋の表示は拡大され、中の容器の1個1個にまで表示されている。さらに、外袋には高齢ではない大人が食べて喉に詰まらせた場合を想定したのか、その対処法(吐き出させ方)まで書かれている。こんにゃくの割合も少なくしたそうだし、安全対策は十分に強化されたと言えよう。




また、そもそも、こんにゃく入りゼリーは米、野菜、肉、魚等ほど不可欠な食品ではない。実際、私はこんにゃく入りゼリーを食べた記憶が無い(ひょっとしたら経験があるかもしれないが、せいぜい2~3回なのは確かである)。買わない、食べない選択の余地が広い食品なのだ。




あとはもう、消費者の判断に委ねるべき問題である。前にも書いたが、賞味期限切れ、有害物質混入(使用)のような、食べないことでしか危険を回避できないケースとは違うのだから。



« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

ブログパーツ

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ