最近のトラックバック

« 大阪・難波の個室ビデオ店で25人死傷 | トップページ | 最近ショックだったことの一つ »

2008年10月 2日 (木)

昨日の国会

民主党の小沢代表は麻生首相の問いに対し、一部しか答えなかった。マスコミは「挑発に乗らなかった」と評したが、くだらない、どうでもよい質問ではなかったのだから、全て答えるべきだった。




民主党の公約についても、疑問が多い。高速道路無料化は聞こえはいいが、無料化すれば交通量が増え、事故増加や環境悪化に至ると懸念されている。その対策を考えているのか?公立高校の授業料無料化も、あくまで義務教育ではないのに、支払う資力がある家庭にも負担を求めないのか?子供手当て26000円という額は“バラマキ”の域ではないか?




一方、地方へのひも付き補助金の原則廃止には賛成する。自治体が補助金をもらうための手続きも簡素化されるはずなので、特に、職員を減らさねばならず、しかし仕事量は減らない自治体にとっては大助かりである。




このように一長一短がある。自民党も同様。だからこそ、真正面からぶつかり合って論戦を展開してほしい。



« 大阪・難波の個室ビデオ店で25人死傷 | トップページ | 最近ショックだったことの一つ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の国会:

» どっちが総理?小沢党首代表質問で所信表明演説 [ハズレ社会人]
オツカレです。 異例の所信表明演説に続き異例の代表質問。 どっちが総理でどっちが野党党首なのか。非常におもしろい。 [東京 1日 ロイター]麻生・小沢両党首が全面対決、代表質問は所信表明合戦に 国会は1日午後の衆院本会議で、麻生太郎首相の所信表明演説に対... [続きを読む]

« 大阪・難波の個室ビデオ店で25人死傷 | トップページ | 最近ショックだったことの一つ »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ