最近のトラックバック

« 判断を誤らないために | トップページ | 昨日の国会 »

2008年10月 1日 (水)

大阪・難波の個室ビデオ店で25人死傷

本日未明、大阪市浪速区の個室ビデオ店「キャッツ難波店」内で火災が発生。15人が死亡し、10人が負傷した。午後、大阪府警浪速署は客の一人だったO容疑者を殺人、殺人未遂、放火の疑いで逮捕した。容疑者は「生きていくのが嫌になった」と供述しているという。






「出火元の部屋に居た男性から事情を聞いている」と聞いた時点では、火元に居た客が助かったのに何故15人も亡くなったのか、店側は何をしていたんだと、腑に落ちなかったのだが、その後いくつか明らかになったことがある。




死ぬつもりでバッグに火をつけた容疑者は煙が充満すると怖くなって逃げ出した。起きていた客も臭いや煙で気が付いて殆どが一命を取り留めたが、火災報知機が鳴るのが遅く(避難した客の証言)、店員も消火活動や避難誘導を行えずに店外に出たため、眠っていた客の多く(全員?)が逃げ遅れ(気付かぬまま?)、一酸化炭素中毒で亡くなった。




この大惨事を受け、早速大阪や京都の消防が「キャッツ」の系列店の緊急点検を実施。他の一部の県でも個室ビデオ店、ネットカフェ等の点検が行われた。消防庁及び国土交通省が全国的調査を指示したので、明日は大規模に実施されると思うが、過去にも防火設備が不十分で通路が狭く避難しにくい店での火災が何件も発生していることを考えると、今後は全国一斉点検月間のようなものを設け、年に一度、客も一緒になって防火、安全に対する意識を新たにするべきではなかろうか。




最後に、いまだ身元不明の死亡者が家族、親戚のもとに帰られ、負傷された方々が一日も早く回復されることをお祈り申し上げる。

« 判断を誤らないために | トップページ | 昨日の国会 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪・難波の個室ビデオ店で25人死傷:

« 判断を誤らないために | トップページ | 昨日の国会 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ