最近のトラックバック

« ほとんど衝動買い、その結果 | トップページ | 快適すぎるぜ。 »

2008年9月 1日 (月)

責任の取り方(福田首相辞意表明)

福田首相が今夜緊急会見を開き、辞意を表明した。




会見の中で、任期途中で辞めるのは無責任と言われると思うが、ではすべて私がやらなくてはならないのかという主旨の発言があった。同感である。片意地張ってやり通そうとしても、国会運営に支障を来たすと予想され、支持率の劇的上昇も望めないのであれば、辞任はベターな選択だ。




早速、野党のある議員は「政権放棄だ」とおかんむりのようだが、だったら居座ってほしいのかと強く問いたい。どっちに転んでも文句をつけることこそ、政府・与党に何でも反対するだけの無責任な態度ではないのか。




すると筆者は福田支持派かと誤解されそうだが、そうではない。年金問題をはじめ、課題山積の状況の下、まさに貧乏くじを引く形で就任したので気の毒に思わなくもないが、拉致問題や中国製ギョーザ問題など他人事(ひとごと)風で、国民よりも官僚の機嫌をうかがい(渡辺善美行革担当相を降板させたのが象徴的だった)、一部では調整型リーダーと期待されていたのにうまく調整できず、調整すれば何だかよく分からない方向で、いいところが殆ど無かった。




« ほとんど衝動買い、その結果 | トップページ | 快適すぎるぜ。 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任の取り方(福田首相辞意表明):

« ほとんど衝動買い、その結果 | トップページ | 快適すぎるぜ。 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ