最近のトラックバック

« 何じゃい、こりゃあ!? | トップページ | 汚染米の不正転売問題 »

2008年9月 6日 (土)

大相撲大麻問題

大相撲の幕内力士(若ノ鵬)だった容疑者が大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されたことを受け、日本相撲協会が十両と幕内力士を対象に尿検査を行ったところ、露鵬と白露山の尿から大麻の陽性反応が出た。そのため、専門機関による精密分析を改めて行ってみると、途中経過であるが、また陽性となった。




私は2人がロシア人の集まる店に足繁く通い、そこで大麻の副流煙を知らずに吸った可能性もあるのではないかと考えていたが、NHKニュースによると、陽性は陽性でも副流煙を吸ったからか、直接吸ったからかまで判定できるという。




2人は「大麻を見たことも無い」などと言い、親方らは「本人を信じる」と言っているが、分析結果が副流煙を否定するものであれば、彼らは潔くそれを受け入れ、罰せられるべきである。




ところが、白露山の師匠は相撲協会のトップに立つ北の湖理事長ときた。力士暴行死事件や朝青龍仮病問題への対応がひどかった理事長が、自身にそれ相応の罰を科すことが果たしてできるか。




しかし、やらないことには、今度こそ大相撲は確実に廃れるだろう。もっとも、去年も書いたように、私は廃れても構わないと思っている。ましてや、「検査結果よりも本人の言い分が正しい」と言い張り、ドーピング検査にいちゃもんをつけて、世界の笑いものになるのなら。


« 何じゃい、こりゃあ!? | トップページ | 汚染米の不正転売問題 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲大麻問題:

« 何じゃい、こりゃあ!? | トップページ | 汚染米の不正転売問題 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ