最近のトラックバック

« 野口みずき 五輪欠場 | トップページ | 解説者、キャスター、レポーターあれこれ »

2008年8月13日 (水)

日朝実務者協議で合意

日朝実務者協議の結果、北朝鮮は拉致被害者の再調査を行い、日本は再調査開始に合わせて制裁を一部解除することで合意した。




再調査は秋までに終えるというが、その結果を見てからではなく、開始をもって制裁を解除するのは納得がいかない。またしても北朝鮮のいいようにあしらわれた感が強い。




しかし、その半面、そうせざるを得ないかという思いもある。結果を見てと言っても、どこまで調査されていれば制裁を解除するのか、線引きが難しいからである。




何しろ、日本側は被害者の数を正確に掴めていない。親族らが「拉致された疑いがある」と訴えている失踪者の中に、拉致とは無関係の事件に巻き込まれた人や、自らの意思で姿を消した人が含まれている可能性はゼロではない。逆に、身寄りがない故に誰にも捜索してもらえなかったが、実は拉致されているという人がいないとも限らない。




たとえ北朝鮮が「拉致した全員を帰します」と言って帰国させたとしても、本当に全員なのかを確認することは極めて困難なのである。




結局、北朝鮮政府が正直にならなければ、拉致問題の全面解決には至らない。もどかしいし、溜息が出るが、それでも一人でも多くの被害者が帰国できるよう、諦めずに進んでいかなければならない。




« 野口みずき 五輪欠場 | トップページ | 解説者、キャスター、レポーターあれこれ »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日朝実務者協議で合意:

« 野口みずき 五輪欠場 | トップページ | 解説者、キャスター、レポーターあれこれ »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ