最近のトラックバック

« 住民税と私 | トップページ | 平成20年岩手・宮城内陸地震 »

2008年6月14日 (土)

また騙されるのか?それとも進展するのか?

北朝鮮が拉致被害者の再調査を行うと約束したことを受け、政府は経済制裁の一部を解除すると発表した。




再調査の結果を聞かぬうちに解除するなんて、向こうの連中を増長させるだけである。




せめて、解除が人道支援物資の輸送だけなら納得できないこともないが、人的往来、航空チャーター便乗り入れまで認めるとは狂気の沙汰だ。




拉致被害者家族会が猛反発するのも当然である。






いや、待てよ、ひょっとして・・・と考えてみる。




再調査が前と変わらぬ嘘のオンパレードに終われば、政府が「だから言ったじゃないか。なめられているじゃないか」とさらに非難されるのは目に見えている。にもかかわらず、現時点で制裁を(一部)解除するというのは、被害者が数名でも帰国できる確証を得たからかもしれない。




この推測(空想と言うべきか)が現実になることを願う。




« 住民税と私 | トップページ | 平成20年岩手・宮城内陸地震 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また騙されるのか?それとも進展するのか?:

« 住民税と私 | トップページ | 平成20年岩手・宮城内陸地震 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ