最近のトラックバック

« 5月7日の独り言 | トップページ | ホカベン »

2008年5月 7日 (水)

どっちにしてもまずい。

船場吉兆の社長(ささやき女将)が今日の営業前に、食べ残し使い回し問題について謝罪した。




社長は使い回しを知らなかったと言うが、そういう重大な事実を女将が知らなかったなんて全然説得力が無いし、本当に知らなかったのであれば、企業組織が随分前から崩壊していたこと(幹部であるはずの女将が現場を知らない)を裏付けるに他ならず、いずれにせよ、あの社長の下での船場吉兆の再生は極めて困難と言えよう。




この際、他の吉兆に迷惑をかけないためにも、店を畳んだほうがいいのではなかろうか。




それが嫌なら、社長は潔く退き、営業方針を大胆に変更し、収入が多くない人でも気軽に立ち寄ることのできる店にしないと、どうにもならないだろう。例えば「価格を抑えるため高級食材は使用していませんが、料理人の腕でこんなに美味しくなります」という風に売っていけば、流れは変わると思うのだが。




« 5月7日の独り言 | トップページ | ホカベン »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちにしてもまずい。:

« 5月7日の独り言 | トップページ | ホカベン »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ