最近のトラックバック

« 人は痛みによって健康であることの有難さを知る。 | トップページ | 今夜の「スケバン欧愛留」の感想 »

2008年5月18日 (日)

土壇場キャンセル

昨日書いた“音楽鑑賞”は、新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会だった。




小澤征爾の指揮、上原彩子のピアノでラフマニノフの第3番。私は正直2番のほうが好きなのだが、それでも3番を初めて生で聴けるというのは楽しみだった。




ところが、ついさっきリバティ・コンサーツから電話があり、「小澤氏の体調不良により公演中止となりました」と。




「延期ではないのですか?」と問うと、「お忙しい方ですから(開催するとしても)来年以降になると思いますので、一度白紙にして、(チケット代を)全額払い戻すことにしました」。




「小澤さんの具合はどうなんですか?」とも訊きたかったが、この人はそこまで知らないだろうから「わざわざご連絡していただき有難うございました」と言って受話器を置いた。




どうか早く元気になってください、マエストロ。そして、今後は仕事量を減らしたほうがいいと思います。何といってもマエストロは“世界の宝”なのですから。




« 人は痛みによって健康であることの有難さを知る。 | トップページ | 今夜の「スケバン欧愛留」の感想 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土壇場キャンセル:

« 人は痛みによって健康であることの有難さを知る。 | トップページ | 今夜の「スケバン欧愛留」の感想 »

ブログパーツ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ